公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

【初診外来受付時間】8:45~11:30(※来院前に必ず診療科別受付状況をご確認ください)
【休診日】第2・第4土曜、日曜、祝日、年末年始 【面会時間】13:00~20:00

皮膚皮下腫瘍全般

皮膚皮下腫瘍全般

良性腫瘍

主な疾患は、色素性母斑、脂腺母斑、リンパ管腫、脂肪腫、粉瘤(アテローム)、石灰化上皮腫、汗管腫、稗粒腫(ひりゅうしゅ)、軟線維腫、尋常性疣贅(いぼ)、太田母斑(青いあざ)、血管腫(赤いあざ)など多数あります。

治療

疾患の種類、性質、大きさに応じて様々な治療法のなかから選択して治療します。小さなものは、炭酸ガスレーザーや電気メスで焼く方法、くり抜く方法、切除後縫合する方法などを用いてできるだけ目立たないような傷になるようにします。広範囲の場合は皮膚の移植(植皮)、局所皮弁による再建やティッシューエキスパンダー(組織拡張器)を用いた治療があり、整容面を重視した治療をおこなっています。また切除した腫瘍を病理検査に提出し、顕微鏡下で組織学的診断を行います。

悪性腫瘍

一見イボやホクロ、傷あとに見えるものが悪性の皮膚腫瘍(皮膚がん)であることがあります。特に「最近イボが大きくなってきた」「黒くにじんだホクロができている」「ジクジクして時々汁や血が出る」「爪に黒いスジができた」「傷のようなものができたがなかなか治らない」などは要注意です。
皮膚悪性腫瘍の代表的な疾患には基底細胞癌、扁平上皮癌、悪性黒色腫、乳房外ページェット病、ボーエン氏病、日光角化症などがあり、皮膚悪性腫瘍ガイドラインに沿って切除範囲を決めております。
また皮膚の下にできるしこり(皮下腫瘍、軟部腫瘍)にも悪性のものがあります。特に急速に大きくなるものは悪性の可能性があります。たとえ悪性であっても痛み、かゆみなどの自覚症状を伴うことはほとんどありませんので、症状が無いからといって放置するのは危険です。皮膚のがんは完全に切除すれば完治することが多く、腫瘍が小さい時ほどよい結果を生みます。できものに気付いたら小さいものであっても早めに受診されることをお勧めします。

検査

まず外来で拡大鏡(ダーモスコープ)を用いて詳細に細部の観察を行ないます。がんの可能性があれば一部を切り取り細胞検査に提出するか、全部切り取る手術を予定します。

治療

皮膚がんは特に顔面に多く、顔に傷がつくことをためらう方が多いと思われますが、特殊な縫合方法により傷は非常に目立たなくなります。小さい腫瘍であれば局部麻酔下に数分で切除可能です。麻酔は非常に細い注射針を用いてゆっくり麻酔薬を注入するので痛みはわずかです。最終的な診断は切除した腫瘍を細胞レベルで検査(病理検査)することで得られます。この結果がでるまでには数日から1週間ほどかかります。
腫瘍切除により組織欠損部が広範囲となった場合には植皮や皮弁による再建術を行ないます。皮膚のみの欠損には植皮術を行います。移植した皮膚には深部から新生血管が伸びて生着します。この生着の成功率には自信を持っております。皮膚だけでなく皮下脂肪や筋膜、筋肉、骨、腱などの深部組織を含めて移植する方法を皮弁術と呼びます。植皮術では覆えない欠損部や、機能再建を目的とする場合に行ないます。皮弁術は形成外科の看板とも言える技術です。
リンパ節転移が疑われる場合にはリンパ節センチネルリンパ節検査を適宜行いながら整容に配慮した手術術式を選択します。