公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

【初診外来受付時間】8:45~11:30(※詳しくは外来受診のご案内
【休診日】第2・第4土曜、日曜、祝日、年末年始 【面会時間】13:00~20:00

眼瞼下垂症

眼瞼下垂症

まぶたがたれてきて前が見にくいことはありませんか?

眼瞼下垂(がんけんかすい)

まぶた(上眼瞼)には眼球を支え、守る役割をする瞼板(けんばん)という軟骨でできた組織があります。そこに眼瞼挙筋(がんけんきょきん)というまぶたを引き上げる筋肉がついています。これがゆるんだり、瞼板からはずれたりしてまぶたをうまく上げることができなくなるのが、眼瞼下垂です。

症状

眼瞼下垂になるとまぶたをうまく上げることができなくなり、瞳孔(ひとみ)が隠れて見にくくなります。そうすると無意識に額の筋肉に力が入り、眉毛(まゆ)を上げて、まぶたをつり上げるようにして見る癖がつきます。頭痛や肩こりの原因になることもあります。
眉毛を上げると額にしわがより、まぶた・眉間・目尻の皮膚も伸ばされますので、まぶたがたるみます。また、上眼瞼の脂肪が後方に引き込まれることになるので、まぶたがくぼむ原因になります。

治療法
眼瞼下垂の原因は・・・
眼瞼下垂の自覚症状は


  ・正常        ・眼瞼下垂

生まれながらの眼瞼下垂は先天性眼瞼下垂症として区別されています。特別な治療が必要ですので直接医師の説明を受けてください。

→ 疾患一覧へ戻る