文字の大きさ
標準
拡大


“形成外科で主に取り扱う疾患”

眼瞼下垂症

まぶたがたれてきて前が見にくいことはありませんか?

眼瞼下垂(がんけんかすい)

まぶた(上眼瞼)には眼球を支え、守る役割をする瞼板(けんばん)という軟骨でできた組織があります。そこに眼瞼挙筋(がんけんきょきん)というまぶたを引き上げる筋肉がついています。これがゆるんだり、瞼板からはずれたりしてまぶたをうまく上げることができなくなるのが、眼瞼下垂です。

症状

眼瞼下垂になるとまぶたをうまく上げることができなくなり、瞳孔(ひとみ)が隠れて見にくくなります。そうすると無意識に額の筋肉に力が入り、眉毛(まゆ)を上げて、まぶたをつり上げるようにして見る癖がつきます。頭痛や肩こりの原因になることもあります。
眉毛を上げると額にしわがより、まぶた・眉間・目尻の皮膚も伸ばされますので、まぶたがたるみます。また、上眼瞼の脂肪が後方に引き込まれることになるので、まぶたがくぼむ原因になります。

治療法
  • 局所麻酔をします。
  • 二重瞼のラインに沿ってまぶたを切開します。
  • 伸びた眼瞼挙筋をひっぱり瞼板に縫合します。
  • 皮膚を縫合します。
眼瞼下垂の原因は・・・
  • 加齢に伴う眼瞼挙筋のゆるみ
  • コンタクトレンズの長期装着
  • まぶたをこする習慣がある(アレルギー性結膜炎などによるかゆみなど)
  • 先天性のもの、病気が原因のもの など
眼瞼下垂の自覚症状は
  • 二重まぶたのラインが乱れる(広くなる、狭くなる。一重や三重になる)
  • 目を開けにくくなり、視界が狭くなる
  • 眉毛が上がる(額にしわがよる)
  • あごを上げて前を見る
  • 上まぶたがくぼむ


  ・正常        ・眼瞼下垂

生まれながらの眼瞼下垂は先天性眼瞼下垂症として区別されています。特別な治療が必要ですので直接医師の説明を受けてください。

→ 疾患一覧へ戻る

ページの先頭へ