文字の大きさ
標準
拡大


“形成外科で主に取り扱う疾患”

下肢静脈瘤

ふくらはぎに青いこぶがあったり、あしがだるく感じたりしたことはありませんか?

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)

人間の血管には心臓から末梢に向かう動脈と末梢から心臓に帰る静脈があります。下肢の静脈では血液が重力に逆らって心臓に戻りますが、これはふくらはぎの筋ポンプ作用と静脈の中の弁のおかげで成り立っています。この弁が破壊され静脈血が逆流するようになり静脈が異常に拡張し蛇行するようになったものが静脈瘤です。

下肢静脈瘤の自然経過

左:一般的な下肢静脈瘤
中:色素沈着
右:難治性皮膚潰瘍

症状

長時間立ち仕事を続けている方や高血圧、心不全などの病気をもつ方に多く認められます。妊娠中に発症しその後も徐々に悪化する女性の方もおられます。主にふくらはぎの内側に青ずんだやわらかい瘤(こぶ)ができます。長時間の下げ足や歩行によって下肢にだるさを感じて休みたくなることがあります(間欠性跛行、かんけつせいはこう)。また悪化すると茶色くくすんだ色素沈着が出現し、さらに経過すると皮膚のただれやキズ(皮膚の潰瘍)ができることがあります。この皮膚の潰瘍は非常に強い痛みを伴い、軟膏治療を施してもなかなか改善しないことから、難治性皮膚潰瘍と呼ばれています。色素沈着や皮膚潰瘍のある方は手術を強くお勧めしております。

検査

血液の逆流を防ぐ静脈弁が機能しているかを超音波検査(エコー)にてお調べします。この検査はゼリーを塗ってプローベと呼ばれる探子を当てるだけですので痛みはありません。また静脈の直径や逆流時間を調べて治療方法の選択の指標にしております。また過去または現在に深部静脈血栓症になっていないかを調べることも可能です。全体的に血管の病態を把握するために断層撮影を用いた血管撮影を行なうこともあります。これは造影剤を点滴しながらMRIを撮影します。


エコー検査の実際(赤色が血液の逆流)


MRIによる血管撮影の実際(矢印が静脈瘤)

治療法
  • 静脈瘤は細かいものから、太く大きなものまであります。また逆流の強い方やそうでない方もおられます。それぞれにあった治療法を選択します。小さいものは薬品で瘤を閉鎖する硬化療法を行ないます。これは日帰りで治療可能です。 静脈に大きな逆流をおこしているものは静脈結紮(けっさつ)、大きく太い静脈瘤は部分的に静脈抜去(ばっきょ)を行ないます。当科では常に切開をできる限り小さくする努力をしており、一箇所あたりの切開は数mmと小さく、傷あとは目立ちません。主に入院で治療を行ないますが、治療内容によっては外来治療も可能です。


静脈部分抜去手術

    • 内視鏡を用いて異常血管を処理する治療も行なっております。特に色素沈着や皮膚潰瘍を起こした皮膚は非常にデリケートであり、そこに切開を入れるとなかなか治らないことがあります。そのような場合は正常と考えられる皮膚の切開から筋膜下に内視鏡を挿入し、逆流異常のある交通枝と呼ばれる静脈を処理します。
    • 従来は足から大腿の付け根までの静脈を抜くストリッピングと呼ばれる治療が主流でありましたが、術後の痛みがあることや皮膚のシビレをおこすことがあり、現在は最小限の結紮と抜去、さらに硬化療法を組み合わせて痛みの少ない治療を追求しております。
    • 平成26年7月より保険治療として認められた新しい方法に血管内焼灼用高周波治療機器を用いる方法があります。皮膚に小さな穴を開け、カテーテルを挿入し、血管内を焼灼します。術後の疼痛・皮下出血は軽度で早期に日常生活への復帰ができます。


血管内焼灼用高周波治療機器

  • 新しい静脈瘤を作らないためにもストッキングをお勧めしています。ストッキングは静脈瘤専用のものがあり、個人のあしの太さや必要な圧によって医師により選択されます。

→ 疾患一覧へ戻る

ページの先頭へ