公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

【初診外来受付時間】8:45~11:30(※紹介状や予約が必要な診療科をご確認ください)
【休診日】第2・第4土曜、日曜、祝日、年末年始 【面会時間】感染対策のため原則面会禁止

機能的疾患

機能的疾患 (片側顔面けいれん、三叉神経痛などの難治性疼痛、パーキンソン病、振戦、ジストニアなどの不随意運動)

片側顔面けいれんについてのQ&A

片側顔面けいれん(顔面けいれん)について一般的なご質問にお答えします。

1)顔面けいれん とはどんな病気ですか?
片方の顔の筋肉が自分の意志とは無関係にピクピクと引きつる病気で、緊張やストレスでひどくなります。目のまわり引きつりで始まり、次第に頬や口のまわりも引きつるようになります。ひどいと常にウインクしたような状態になり、けいれんが起きている間は目が開けられなくなったりします。脳の血管が顔面神経を強く圧迫することが原因と考えられています。

2)どのように診断するのですか?
特徴的な症状とMRI検査で診断します。症状に関しては、顔の両側に起きるチックや眼瞼痙攣と紛らわしいことがあり、正確に鑑別する必要があります。MRI検査では、脳幹という部分から顔面神経が分かれるところを細かく検査して、脳の血管が神経の根本を圧迫しているかどうかを確認します。

3)どのような治療法がありますか?
顔面けいれんの治療法には、①薬物治療、②ボツリヌス注入療法、③手術(微小血管減圧術) があります。薬物治療では抗てんかん薬や抗不安薬などを用います。またボトックス注入療法では痙攣の起きている部分にボトックスという薬を注射します。効果は3〜4ヶ月程度持続します。当科では、ボトックス注入療法(毎週火曜日のボトックス外来)と微小血管減圧術の両方を行なっています。微小血管減圧術手術は全身麻酔で行い入院期間は2週間程度で、90%以上の治癒率が得られています(下記参照)。

4)顔面けいれんで手術を受けた場合、症状はすぐになくなりますか?
手術後けいれんがなおるまでには三つのパターンがあります。
 ・手術直後からけいれんが消失する
 ・術後に一旦けいれんが消えるが数日後よりけいれんが再燃し、しばらくして消失する
 ・手術直後もけいれんが続き、数ヶ月~1年程度で徐々にけいれんが軽くなっていき最終的に消失する
手術後どのような経過でけいれんが治るのかは予測できませんので、最低手術後1年間程は経過観察が必要です。

5)手術の合併症や後遺症はありますか
手術に伴う合併症や後遺症のリスクは極めて低率です。

手術は全身麻酔で行いますので、心臓や肺、そのほか内科の病気がある方は事前に専門医の診察を要します。特に注意が必要な合併症は聴力障害ですが、手術中に聴力を確認するモニターを使用して予防に努めています。また手術後一過性に顔面麻痺を起こすことがありますが、ほとんどの場合は数週間程で改善し後遺症として残ることは稀です。その他危険性は低いながら、髄液漏、髄膜炎、創部感染などがあります。

6)手術を受けたあとに再発することはありますか?
長期間の経過観察では5%程度の再発があります。再発例では同じ血管あるいは他の血管が顔面神経を圧迫したり、顔面神経の周りに生じた癒着が原因となっていることがあります。これらの場合は再手術で症状の改善が得られますが、程度によってはボツリヌス療法や薬物療法を併用します。

三叉神経痛の治療のQ&A

1)三叉神経痛とはどんな病気ですか?
三叉神経痛は、食事、洗顔、歯磨き、会話などで顔の片側に電撃痛が走る病気です。最も多い原因は血管による三叉神経の圧迫です。脳の動脈あるいは静脈が三叉神経の軸をゆがめるほど圧迫していると神経痛がおこります。また三叉神経痛をきっかけに脳腫瘍や脳の血管の病気が見つかることもあります。

2)三叉神経痛はどのように診断しますか?
食事や洗顔などの刺激で電気が走るような痛みが顔の同じ場所に起きて、その痛みがテグレトールという薬で改善するようであれば、三叉神経痛の可能性があります。またMRI検査で、脳幹という部分から三叉神経が分かれるところを細かく検査して、脳の血管が神経を圧迫しているかどうかを確認します。

3)三叉神経痛にはどのような治療法がありますか?
治療は、1)薬物療法(製品名 テグレトール、ガバペン、リリカなど)、2)神経ブロック、3)ガンマナイフ、4)手術(微小血管減圧術手術)があります。

テグレトールはもっとも有効な薬ですが、ふらつきや眠気が強くなって日常生活に支障が出たり、血小板減少・肝機能障害などの副作用で継続できないことがあります。またひどい場合には皮膚に水ぶくれをともなう湿疹(薬疹)で入院治療が必要になることもあります。

神経ブロックは麻酔科やペインクリニックで行われ、痛みを抑えることが出来ますが効果が一時的でしびれが残ることがあります。

ガンマナイフ治療も保険適用になりました。高線量の放射線を三叉神経に照射して痛みを取る治療法ですが、外科手術とは異なり根治治療ではなくしびれが残ることもあります。

手術は薬やブロックが効かなくなった時に行われ、神経を圧迫している血管を動かして神経の圧迫を解除することで痛みの軽快が得られます。全身麻酔で行い入院期間は2週間程度で、80%以上の治癒率が得られています(下記参照)。

4)三叉神経痛で手術を受けた場合、痛みはすぐになくなりますか?
多くの場合手術の後から痛みが軽減します。痛みが残存したり、あるいは軽快と増悪を繰り返し不安定な場合もありますが、次第に痛みが弱くなっていくことが多いので数ヶ月から1年程度は経過をみる必要があります。

5)手術の合併症や後遺症にはどんなものがありますか?
手術に伴う合併症や後遺症のリスクは極めて低率です。

手術は全身麻酔で行いますので、心臓や肺、そのほか内科の病気がある方は事前に専門医の診察を要します。特に注意が必要な合併症は聴力障害ですが、手術中に聴力を確認するモニターを使用して予防に努めています。その他危険性は低いながら、顔面のしびれ、髄液漏、髄膜炎、創部感染などがあります。

6)再発はありますか?
長期間の経過観察では5 – 10%程度に症状の再発がみられます。再発例では同じ血管あるいは他の血管が顔面神経を圧迫したり、神経の周りに生じた癒着が原因となっていることがあります。これらの場合は再手術で症状の改善が得られるので、薬物療法や再手術など症状の改善が期待できる方法を取っています。

三叉神経痛と片側顔面けいれんに対する微小血管減圧術 : 北野病院での工夫

三叉神経痛、片側顔面けいれん共に、当該神経が脳の血管で圧迫されることが直接の原因です。従って、完治の為には圧迫している血管を神経から離し圧迫を解除することが必要になりますが、この手術が微小血管減圧術(microvasucular decompression: MVD)とよばれています。

北野病院・脳神経外科はこの手術のメッカで年間70-100人の患者さんにこの治療法を行っています(過去10年間で約800例)。多くの患者さんを治療した経験から、執刀医だけでなく麻酔医、手術看護師など全てのスタッフがこの手術に熟達しているので極めて安全で確実な手術が受けられます。

手術の方法は、耳介後方の頭蓋骨に直径が百円玉ほどの穴を開けて手術用顕微鏡を用いて行います。繊細な技術を要しますが、熟練した外科医ならば90%以上の根治率が期待できます。傷口はその部分を覆う髪の量があれば隠せるので美容的な問題はほとんどありません。

 
手術の傷口の様子:髪の毛をアップにしても凹みも無く殆ど目立たない(矢印)

具体的な手術の方法に関しましては、神経と血管の間にスポンジのような人工物の詰め物を入れる挿入法(interposition)と、移動した血管を周囲の組織に医療用接着剤などを用いて固定する転移法(transposition)がありますが、我々は主に転移法を用いています。その理由は詰め物など異物を使用する挿入法では、術後しばらく経過してから生体内での異物反応により神経と血管の間に癒着が生じて症状の再発の原因になることがあるからです。

更に手術器具としては、脳の深部で医療用接着剤を安全確実に使用するための “微量滴下ノズル・アタッチメント”などを独自に考案し使用しています。
また、この手術で発生しうる後遺症である聴覚障害を回避するために、聴性脳幹反応や異常筋反応などの術中モニタリングや、必要に応じて神経内視鏡も積極的に使用しています。

パーキンソン病、振戦、ジストニアなどの不随意運動

パーキンソン病に対する脳深部刺激療法(DBS)

近年のパーキンソン病を含めた不随意運動疾患に対する治療薬の進歩にはめざましいものがあります。しかし、疾患の進行に伴い、色々な薬を組み合わせても日常生活が著しく不自由になる時期がやってきます。このような場合に薬物療法との併用で脳深部刺激療法を行うことで、自立した生活期間を延長する事が可能です。当院では、神経内科・精神神経科との綿密な適応検討に基づいて、脳深部刺激療法を提供しております。当院は日本定位・機能神経外科学会の治療認定施設です。