公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

【初診外来受付時間】8:45~11:30(※来院前に必ず診療科別受付状況をご確認ください)
【休診日】第2・第4土曜、日曜、祝日、年末年始 【面会時間】13:00~20:00

外傷

外傷

  1. 慢性硬膜下血腫
  2. 急性硬膜外血腫
  3. 急性硬膜下血腫
  4. 外傷性くも膜下出血
  5. 脳挫傷
  6. 脊椎・脊髄外傷

慢性硬膜下血腫治療のQ&A

1)慢性硬膜下血腫とはどんな病気ですか?
頭蓋骨と脳との間には、硬膜、くも膜、軟膜という三つの膜があり、硬膜よりも脳側(下)に血がたまる状態を硬膜下血腫といいます。重症の頭部外傷で意識障害がみられる急性硬膜下血腫とは違って、慢性硬膜下血腫は軽微な頭部外傷(例えば、転んで後頭部を打ったがすぐに起きあがった)の後、数ヶ月(多くは3ヶ月程度)以内に硬膜下に血腫を認めるものです。年齢的には若い人よりも中高齢者に多くみられ、血腫といっても、血の塊というよりも血液と水の混じった性状のことが多く、血球成分がみられず、黄色い水が主成分の場合は水腫と言います。片側にみられることも両側にみられることもあります。

2)どんな症状がありますか?
頭痛、吐き気などに続いて、手足の麻痺や呆け症状が出たりします。比較的ゆっくりと症状が出てくることが多いのですが、時には突然に症状が出てくることもあります。高齢者の場合には、物忘れの増強やぼーとして自発性が減少するといった呆け症状として出てくることもあります。

3)診断はどのようにして行いますか?
まず、大切なのは数ヶ月前に頭をうったことがあるかどうかです。先にも述べたように、高齢者の方であればあまり覚えていないような軽い頭部外傷のこともあります。
診断は頭部CTまたはMRIで可能です。脳が血腫に圧迫されているのがよくわかります。
CTでは血腫は多くの場合、脳よりも白く描出されますが、脳よりもやや黒い場合や混在していることもあります。CTでは水が黒く描出されるので、水腫は黒くみえます。

4)どのような場合に治療が必要ですか?
血腫が大きくなって脳の圧迫症状として、頭痛や吐き気、手や足の脱力によってお箸が使いにくいとかつまずきやすくなったりする場合には手術が必要です。また、手足の症状は出なくても、物忘れが強くなったり、ぼーとして自発性がなくなるといった症状や尿失禁などの症状を出すこともあります。ただし、これらの症状は他の病気が原因でも起こりますので、CTなどの画像検査で慢性硬膜下血腫と診断することが必要となります。

5)どのような治療法がありますか?
治療には薬物療法と手術療法があります。薬物療法としてステロイドやマンニトール、グリセロールの投与を行うことがあります。ただ、血腫がすぐに縮小する訳ではありませんので、治療に時間がかかってしまうことがありますし、結局は手術をせざるを得ないこともあります。また、症状のない場合には1ヶ月毎程度で頭部CT検査を行い、経過をみることもあります。

6)手術はどのようにするのですか?
脳の圧迫症状を早期に改善させる目的では手術療法の方が優れています。慢性硬膜下血腫の手術は脳神経外科手術の中で、もっとも多く行われる手術の一つです。
手術は多くの場合、局所麻酔下に行います。剃毛の後、頭皮に数cmの切開をいれます。
皮膚の下には骨がありますので、これに専用のドリルで小さな孔をあけ、その下にある硬膜に小切開をいれると、血腫内容が出てきます。これを吸引管で吸いだし、さらに奥に貯まった血腫を洗浄水で洗い流します。必要に応じて、血腫腔にドレーンを留置します。血腫の広がり具合によって2ヶ所に孔を開けることもあります。この後に創部を縫合閉鎖して手術を終わります。所要時間は血腫の広がりや片側か両側かといったことに関連しますが、1~2時間程度です。

7)手術後はいつ頃退院できますか?
手術翌日もしくは2日目にCTを行い、血腫の消失あるいは縮小を確認し、ドレーンが入っている場合は除去を行います。抗生剤の予防投与は術翌日までを基準としています。抜糸は6~7日目、退院は8日目頃が目安です。多くの場合、頭痛の消失、歩行困難や呆け症状などの改善が得られます。

8)手術合併症はどれくらいありますか? 再発はしますか?
術後合併症は稀ですが、重篤なものとしては、脳内出血、急性硬膜下、硬膜外血腫、気脳症(tension pneumocephalus)、感染症などがあります。とくに、高齢者や他の合併症で全身衰弱が強い場合に、合併症が多い傾向があります。
再発率は8%程度あります。再発を起こしやすい因子として、著明な脳萎縮を認める例、低髄液圧(シャント留置例)、血液疾患の合併例、肝障害の合併例。頻回の頭部打撲例、両側例、高齢者、過去に再発がある例、などで再発しやすいとされています。また、大変稀ですが、血液疾患の合併例では重症の凝固障害(DIC)を、脳梗塞の既往のあるものでは脳梗塞の再発により死亡する例も報告されています。