文字の大きさ
標準
拡大

呼吸器外科
治療について

当科で診療治療を行っている疾患は以下の通りです。
肺癌、縦隔腫瘍、膿胸、気胸、胸壁腫瘍、転移性肺腫瘍、手掌多汗症

肺癌

肺癌の診療については、呼吸器内科と放射線科、腫瘍内科との連携のもと、一人一人の患者さんに対する治療方針の多角的検討を定期的に行っています。手術が可能な患者さんには、積極的に外科的治療を進めております。その中で、当科は胸腔鏡手術と開胸手術での基本術式(平行剥離など)の標準化を確立しており、安全な外科的治療の提供を心がけています。更に術前の画像検査として、3次元画像解析システムであるSYNAPS VINCENTと呼吸2相CTを導入し、手術における手順を綿密に検討しています。また、小さな肺病変に対しては気管支鏡下肺マーキング(VAL-MAP)を行い、手術時での病変の同定に役立てています。
早期の肺癌に対しては、低侵襲である胸腔鏡手術を標準術式としています。一方、進行期肺癌に対しては、縦隔鏡などで縦隔リンパ節転移の証明も行い、拡大手術も含めた外科的切除と化学療法(抗癌剤)、放射線治療をそれぞれの患者さんに合わせて行う集学的治療を行っています。その中で、化学療法については、抗癌剤の有効性に関係するバイオマーカーを評価し、それぞれの患者さんに有効と思われる化学療法を選んでいます(バイオマーカーによる肺がん個別化化学療法)。また、脳転移に対してはハイパーナイフにより短期入院で治療を行っています。
このような肺がんの積極的な治療とともに欠かせないのが、症状の緩和や心のケアです。緩和ケアチームや神経精神科のサイコオンコロジー外来と連携して積極的なケアも行っております。

縦隔腫瘍

縦隔には胸腺腫を含めた胸腺関連腫瘍や、神経性腫瘍、先天性嚢胞などがあります。手術は病巣の性状と部位を考慮し、胸腔鏡手術または開胸手術を行っています。特に当科では、胸腺関連腫瘍に対して胸壁つりあげ併用による胸腔鏡下胸腺腫瘍摘出術を行い、よい治療成績がえられています。また、重症筋無力症に対しても、神経内科との緻密な連携のもと、拡大胸腺摘除術を行っています。

膿胸

膿胸は呼吸器系感染症ですが、呼吸器内科との連携のもと、外科的治療が必要な病気です。急性膿胸に対しては、胸腔鏡手術による膿胸郭清を行い、早期治療を目指します。慢性膿胸に対しては、患者さんの病状に応じて、肺剥皮術や筋肉充填術、胸郭成形術、大網充填術、開窓術などの多様な手術を適切に行います。

気胸

胸腔ドレナージなどを救急診療で対応しています。再発を繰り返すなど手術が必要な患者さんに対しては、胸腔鏡手術でブラ(風船状になったところ)の切除を行い、人口の被覆材を広く貼り付け再発防止に努めています。

胸壁腫瘍

肋骨など胸壁に腫瘍がある患者さんには、良性の腫瘍では胸腔鏡手術を、悪性の腫瘍では胸壁合併切除などを行っています。

転移性肺腫瘍

消化器癌や婦人科癌、乳癌など多くの癌が肺に転移をします。それぞれの専門診療科の治療の一環として、肺への転移に対する外科的切除を行っています。

手掌多汗症

この疾患による患者さんの悩みは長年続いているものです。十分な術前説明のもと、ご希望のある患者さんに対して、胸腔鏡下胸部交感神経切除術を行っています。手術直後より、手掌の発汗は止まります。

その他

肺や縦隔における腫瘍性病変や炎症性病変に対する検査として、縦隔鏡検査や胸腔鏡検査を行っています。縦隔鏡検査では、縦隔リンパ節などにおける病変を採取し検査を行っています。また、当科ではフレキシブル胸腔鏡を導入しており、局所麻酔下で胸腔鏡検査が可能で、原因不明の胸水や胸膜病変の診断精度を高めることができます。

医療機器

  • 胸腔鏡下手術装置
  • 縦隔鏡
  • フレキシブル胸腔鏡
  • ハイパーナイフ

トピック

バイオマーカーによる肺がん個別化化学療法

ページの先頭へ