文字の大きさ
標準
拡大

循環器内科

休診情報

  • 休診に関するお知らせはありません。
教育はこちら

薬物療法からカテーテルを使った高度な治療まで行っています。日本循環器学会認定、日本心血管インターベンション治療学会認定の研修施設で、専門医、認定医が心臓カテーテル検査室をフル活用し、緊急も含めた24時間体制で診療しています。
「真摯に考える」をモットーに、今、本当に必要な治療は何か、どのような治療が適切なのか、を常に考えて治療にあたっています。
適切な治療方針を決定するために毎日、不整脈科、心臓血管外科とともに心臓センターカンファレンスを行っています。

特色

  • 1.  狭心症、心筋梗塞に対する冠動脈形成術

    冠動脈CT、心筋シンチで狭心症を速やかに診断し、カテーテル検査で診断を行います。冠動脈狭窄病変が治療すべきか否かを正確に判断する必要があるときには、冠動脈内に圧測定ガイドワイヤを挿入しFFR(冠血流予備量比)を計測しています。冠動脈形成術を行う際には血管内超音波などを行って病変を詳細に分析した上で治療を実施しています。急性心筋梗塞や不安定狭心症などの緊急検査、治療にも24時間対応しています。

  • 2.  心臓リハビリテーション

    心臓についての医学知識がある医師、理学療法士が関わって、手術後、あるいは心筋梗塞、心不全などで体が動きにくい状態から心臓を積極的に動かすサポートを行います。運動療法だけでなく、病気についてや日常生活の注意、薬の重要性、食事療法など総合的に多職種がサポートすることで社会復帰や再発予防を目指しています。

    →  心不全

  • 3.  閉塞性動脈硬化の治療

    足の動脈が狭くなったり、詰まったりすると、はじめは間欠性跛行が生じ、やがてふくらはぎ等にしびれや痛みがでて、重症化すれば足が壊死して切断にいたることもあります。この狭くなったり、詰まった足の動脈にカテーテルによる血管内治療を行っております。

    →  閉塞性動脈硬化治療

  • 4.  大動脈ステントグラフト

    大動脈瘤や大動脈解離に対してカテーテルによる人工血管で動脈をカバーする治療です。胸や腹部を開く手術と比べて負担が少ない治療法です。循環器内科と心臓血管外科が協力して行っています。

    →  大動脈ステントグラフト治療

業務実績(治療実績・学会/著作/研究活動 等)

ページの先頭へ