文字の大きさ
標準
拡大

循環器内科
治療について

治療法

  • 1.  心不全

    心不全に対するチーム医療について紹介します。
    最近心不全患者が増加しておりますが、その中心となっているのは高齢心不全患者です。
    高齢心不全患者の問題点としましては、長い在院日数と高い再入院率があげられますので、これらの問題点に対して院内、地域のさまざまな職種と連携して、在院日数短縮の試みと再入院防止の試みを行っています。

    • ①  在院日数短縮の試み

      心不全で入院しますとまず酸素投与や点滴治療を行いますので、どうしてもベット上での長期安静を余儀なくされます。長期安静による嚥下、認知、下肢筋力機能低下により、心不全が改善してもリハビリが進まず入院が長期化します。
      そこで当院では、酸素投与や点滴治療中からベットサイドでリハビリを開始して、各機能低下が速やかに改善するように行っています。また、退院後の介護支援の準備(介護認定の申請や区分変更)は時間がかかりますので、毎週1回の多職種でカンファレンスを行い、退院支援が必要な患者をピックアップして、入院早期から心不全の治療と並行して退院支援を行っています。
      これらの試みにより平均在院日数が37.2日から2014年の時点で19.2日まで短縮出来ております。

    • ②  再入院防止の試み

      心機能は入院を契機に悪化しますので、予後や生活の質を維持する為には、再入院を防ぐことが必要です。
      再入院を防ぐ為には、まず自己管理(水分、塩分制限や内服遵守)の遵守が必要です。
      また、心不全が悪化した場合、出来るだけ早期に外来受診して内服調整を行えば再入院を防ぐ事ができます。
      ただ心不全悪化早期の外来受診のタイミングの見極めは、患者や家族はもちろん訪問看護師でも困難でありますので、当院では独自に開発した点数化した自己管理用紙を使用して、心不全悪化早期の外来受診が出来るだけ容易に出来るようにしております。
      このような再入院を防ぐ為の自己管理の遵守や心不全悪化早期の外来受診が出来るように、入院中に患者、家族に対して心不全教室を行い、週3回多職種で教育を行っています。
      しかし、患者の高齢化や高齢世帯の増加(高齢独居や高齢配偶者との同居)により、自己管理遵守や自己管理用紙の記載が困難となっています。
      そこで当院では、多職種のカンファレンスで自己管理が困難な患者を同定して、訪問看護師やヘルパーに介入を依頼して自己管理遵守や心不全悪化早期に外来受診行動がとれる環境整備を行っています。

      心不全に対するチーム医療01
      心不全に対するチーム医療02
  • 2.  閉塞性動脈硬化の血管内科治療

    下肢動脈の狭窄・閉塞部にガイドワイヤーを通過させて、それをバックアップにバルーンによる拡張や金属のつっかえ棒のようなステントというものを留置し動脈内腔の開存を保つように治療します。閉塞部には動脈内腔を機械的にひろくするという目的でクロッサーという機器をしようすることもあります。

  • 3.  大動脈ステントグラフトによる大動脈瘤や大動脈解離の治療

    大動脈瘤の治療は長い間、外科的な人工血管置換術が唯一の根治的治療でした。しかし、高齢の患者様が増加し、外科的治療の適応になりにくい方やまた個々人のニーズとして「もっと低侵襲な治療を」という要望が高まり、ステントグラフト内挿術が生まれました。これは、金属ステントに人工血管素材で被覆した血管内挿型人工血管を用いた経カテーテル的血管内手術です。
    原理としては、カテーテルシースによって ステントグラフトを動脈内に誘導し拡張固定させ瘤内血流を遮断して血栓閉塞を誘発し、瘤内の減圧と血行再建を同時に成し遂げようとするものです。この方法は、従来の手術に比べて出血量の減少、開腹に伴う合併症を予防できる点から低侵襲な治療法であり、リスクの高い患者様やご高齢の患者様にとって特に有益です。当院では2010年より治療開始し、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、さらには急性および慢性B型大動脈解離(基本は薬物使用による内科的治療ですが、ごく一部の患者様でステントグラフトによる治療が必要になる場合があります)についても治療を行っております。また、腹部大動脈瘤破裂で救急受診される患者様の89.1%は腹部大動脈瘤と診断すらされておらず、本疾患に対する専門外の医師や一般の方の関心の低さも大変気になるところであり、周辺地域の開業医の先生や当院患者様の会などでの疾患啓蒙も行っております。

    大動脈ステントグラフト01
    大動脈ステントグラフト02

ページの先頭へ