公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院

公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院

【初診外来受付時間】8:45~11:30(※紹介状や予約が必要な診療科をご確認ください)
【休診日】土曜・日曜・祝日・年末年始 【面会時間】14:00〜17:00(面会条件あり)

ヘパリン運動ベッド療法は第29回心筋梗塞研究会特別セッション で最優秀賞を受賞しました

ヘパリン加速ベッド療法

狭心症は、冠動脈硬化に伴い冠動脈内腔が狭くなって、十分な血液を心臓の筋肉に供給できないことにより、加速、労作時に胸痛を生じる病態です。狭心症の現在の治療法としては、心臓の働きを抑える薬物療法、狭くなった冠動脈を拡張させる風船療法、大動脈と冠動脈をつなぐバイパス術の3つの方法があります。しかしながら、これらの治療にはそれぞれ限界があり、狭心症に今なお苦しめられている患者さんを対象にしたのが「ヘパリン加速ベッド療法」です。この療法は、血液の供給が足りない心筋へ別の冠動脈から自然のバイパス“側副血行路”を発達させて狭心症を軽減・治癒させるもので、具体的には、ヘパリンを静脈注射して可動ベッドに横になるだけの、患者さんに負担のかからない治療法です。当北野病院では、倫理委員会の承認のもと、平成19年1月より患者さんに行なっていて有効性も既に示されております。

(Miyamoto S, et al : Effect on treadmill exercise capacity, myocardial ischemia, and left ventricular function as a result of repeated whole-body periodic acceleration with heparin pretreatment in patients with angina pectoris and mild left ventricular dysfunction. Am J Cardiol 107:168-74, 2011. )
狭心症での有効性も示されたことから、患者さんの対象を重症心不全やさらには閉塞性動脈硬化症、肺高血圧症にも広げ治療を行っております。ご興味のある方の御来院をお待ち申し上げております。

詳しくはこちらまでお問い合わせ下さい。

推薦のことば

北野病院がその臨床開発に大きな役割を果たした血管内皮の一酸化窒素増加をその主な機序とした加速ベッドは、血管内皮機能改善、動脈硬化進展予防、冠動脈血流予備能改善等をもたらすことが数多くの研究で実証されている。今回、北野病院で実施される“心不全に対する加速ベッド療法”は、世界的に注目されている画期的な治療法であり、心不全で苦しむ多くの患者さんの福音となると思われる。

平成24年5月

京都大学 名誉教授
宇治病院 名誉院長
藤 田 正 俊

関連記事

後期臨床研修医募集のお知らせ

92歳の心臓弁膜症の患者さんが心臓手術を受けられ、お元気に退院されました

 北野病院で最高齢となる92歳の男性患者さんが重症の心臓弁膜症に対して、2013年3月27日に弁の取換手術(弁置換術)をお受けになりました。手術後の合併症もなく、リハビリにも積極的に取り組んで頂き、4月20日に無事、元気 […]

心臓リハビリルーム開設

心臓リハビリルームが出来上がりました。 4Fにあります。心臓病患者の運動療法が主体です。エルゴメータ、トレッドミル、手足兼用のものもおいています。 また筋肉運動のためのバーベル、ストレッチのための空間も十分にとってあり安 […]

心臓血管外科 植山医師が大阪マラソンに出場! 「第一回 大阪マラソンを終えて」

第一回大阪マラソン、無事完走しました!! スカッとした秋晴れではありませんでしたが走るには好都合な曇り空のもと、100万人を超える途切れることのない沿道の応援をいただきながら、気持ちよく走ることが出来ました。 35kmの […]

大動脈ステントグラフトによる腹部大動脈瘤の治療について

動脈硬化による変化というと、狭窄性変化ばかりがクローズアップされますが、動脈壁が脆弱になり瘤化する変化もあります。動脈硬化性大動脈疾患の多くを占める大動脈瘤の治療は長い間、外科的な人工血管置換術が唯一の根治的治療でした。 […]

心臓センター不整脈科新設のご案内

北野病院 心臓センターに不整脈科が新設されました。不整脈科といっても、まだ、聞きなれない方が多いと思います。 実際、不整脈とお聞きになり、何をイメージされるでしょうか? 「動悸」、「心電図異常」、「突然死」といった印象を […]