公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

【初診外来受付時間】8:45~11:30(※紹介状や予約が必要な診療科をご確認ください)
【休診日】第2・第4土曜、日曜、祝日、年末年始 【面会時間】感染対策のため原則面会禁止

血液疾患

血液疾患

当院は日本小児血液・がん学会の小児血液・がん専門医研修施設に認定されております。 全ての病める子供達に、必要かつ最適な治療を行うよう心がけております。 特発性血小板減少性紫斑病や遺伝性球状赤血球症などの良性疾患から、白血病・悪性リンパ腫・脳腫瘍・神経芽腫といった悪性疾患まで幅広い疾患に対して、他診療科との連携のもと迅速な診断と治療を行う事を心がけております。
また全国的な診断・治療水準を保つために、日本小児がん研究グループ(Japan Children’s Cancer Group:JCCG)に所属し、正確な診断と適切な治療を行っております。 小児期に罹患する血液腫瘍性疾患には、大きく分けて血液疾患と固形腫瘍があり、それぞれに分けて特化した専門的な診断と治療が必要です。当科は各々必要な団体に所属し、各施設と綿密な連携をとりながら診断と治療にあたっております。
特に小児がんと言われる悪性腫瘍には迅速な対応が必要で、日本の主な小児がんである白血病、脳腫瘍、神経芽腫、リンパ腫、腎腫瘍に対して以下の様に対応しております。

当院の治療方針

血液疾患

白血病・悪性リンパ腫・ランゲルハンス細胞組織球症・ダウン症児の一過性骨髄異常増殖症(TAM)などの小児血液腫瘍疾患に対しては、日本小児白血病リンパ腫研究グループ(Japanese Pediatric Leukemkia/Lymphoma Study Group:JPLSG)および日本小児白血病研究会(Japanese Association of Childhood Leukemia Study Group:JACLS)の方針を継続しながら、各疾患に対する全国的なプロトコールのもと治療を行っております。非血縁者間の骨髄移植や臍帯血移植が必要な症例は京都大学小児科などに依頼して行っております。 上記以外にも、血友病、フォンビルブランド病、先天性血小板減少症、遺伝性球状赤血球症、先天性ヘモグロビン異常症、Evans症候群、抗リン脂質抗体症候群、自己免疫性好中球減少症などの診断・治療を行っております。

固形腫瘍

神経芽腫に対して日本神経芽腫研究グループ(Japan Neuroblastoma Study Group:JNBSG)に所属し、各リスク分類に合わせて治療を行っております。進行例に対しては、末梢血幹細胞採取から自家末梢血幹細胞移植(PBSCT)まで行っております。 脳腫瘍に対しては脳神経外科と協力し、日本小児脳腫瘍コンソーシアム(Japanese Pediatric Brain Tumor Consortium:JPBTC)や京都大学と協議し、PBSCTを併用しながら積極的な化学療法と放射線治療を行っております。 Wilms腫瘍を代表とする腎腫瘍に対しては日本ウィルムス腫瘍スタディグループ(Japan Wilms Tumor Study Group:JWiTS-2)に所属し、同様に全国的なプロトコールに参加し治療にあたっています。 その他肝芽腫、横紋筋肉腫など様々な固形腫瘍にも対応させていただいております。 もし気になる症状の方がおられましたら、いつでもご連絡いただけますと幸いです。 血液外来は月曜午後ですが、相談は一般外来でも可能ですので、お気軽にご相談下さい。