公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院

広報/プレスリリース

[研究報告]脳神経外科による首の手術後に腰痛が改善するケースについて確認

医学研究所北野病院 脳神経外科では、首の手術後に腰の痛みが低減する場合と低減しない場合の違いを確認し、論文として報告しました。

これまで当院での診療において、首の手術後に患者さんから「腰の痛みがなくなった」と言われることがよくありました。真実を明らかにするため、頚部脊柱管狭窄症に対して頚椎椎弓形成術を受けられる患者さんにアンケートを記入していただき、手術前後の腰痛について調査しました。ビジュアルアナログスケール(VAS)という痛みの評価に使用される指標(0点は痛みなし、100点は最大の痛み)で、首の手術前に腰痛のVAS 30点以上の患者さんが全体の29%確認できました。

そこからさらに「腰の病気がない」30名と「腰の病気がある」26名の2群に分けて検討を行ったところ、腰の病気がある群では術前VAS 59.8が術後1年でVAS 54.5と大きな改善は認められませんでしたが、腰の病気がない群では術前VAS 50.7が術後1年でVAS 27.7まで低下し腰痛の改善が認められました。

腰の病気がある群では、9名が頚椎椎弓形成術を受けてから平均12.8カ月後に腰の手術を受け、術前VAS 56.0が術後VAS 38.3まで改善しました。

これまで腰の痛みが頚椎術後に改善する報告はいくつかありましたが、この論文では「腰椎に病気があるかないかで大きな違いがあること」を初めて示しました。腰椎に問題のある患者さんでも頚椎の術後に一時的に腰痛が改善することがありますが、腰痛の解決にはやはり腰椎の治療が必要であることも明らかになりました。

腰の痛みで悩んでいらっしゃる場合は、首に原因がある可能性もありますので、脳神経外科にご相談ください。

報道に関するお問い合わせ

本件に関する報道関係者からのお問い合わせはこちらのメールフォームよりお願いいたします。一般の方からのご質問等にはお答えしておりませんのでご了承ください。

関連記事

「慢性腎臓病」に関する医療セミナー(講義)を無料開催

先天性無歯症に対する歯の再生治療薬(通称名「歯生え薬」)の医師主導治験を開始

公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院(大阪市北区、病院長 秦 大資:以下、北野病院)および関連グループが進めている先天性無歯症に対する歯の再生治療薬(通称名「歯生え薬」)の研究計画について、2024年3月25日付で […]

[研究報告]正常圧水頭症などに繋がる可能性がある脳のリンパ系(グリンパティックシステム)と関連する物質(L-PGDS)を特定

当院脳神経外科では、「脳の老廃物の排出に関わるリンパ系(グリンパティックシステム)の機能低下は、アルツハイマー病や正常圧水頭症などに関与する」という仮説について検証すべく、正常圧水頭症患者さんの脳加齢性変化をMRIで評価 […]

「お薬」に関する医療セミナー(講義)を無料開催

当研究所の客員研究員が「日本学術振興会 育志賞」を受賞

当研究所の客員研究員である吉治(よしじ)智志(さとし) 医師(内分泌・代謝・腎臓研究部)が、2024年1月18日、独立行政法人日本学術振興会の「第14回(令和5(2023)年度)日本学術振興会 育志賞」を受賞しました。 […]

「ユニクロOSAKA店」と「北野病院」が がん患者向けの特製パンフレットを共同制作

医学研究所北野病院(大阪市北区、理事長:稲垣暢也、以下、北野病院)は、ユニクロOSAKA店の協力のもと、がん患者さんが着脱しやすく着心地の良いユニクロ商品を共同で選定した特製パンフレットを制作し、2024年4月より、がん […]