公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院

公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院

【初診外来受付時間】8:45~11:30(※紹介状や予約が必要な診療科をご確認ください)
【休診日】土曜・日曜・祝日・年末年始 【面会時間】14:00〜17:00(面会条件あり)

広報/プレスリリース

[研究報告]脳神経外科による首の手術後に腰痛が改善するケースについて確認

医学研究所北野病院 脳神経外科では、首の手術後に腰の痛みが低減する場合と低減しない場合の違いを確認し、論文として報告しました。

これまで当院での診療において、首の手術後に患者さんから「腰の痛みがなくなった」と言われることがよくありました。真実を明らかにするため、頚部脊柱管狭窄症に対して頚椎椎弓形成術を受けられる患者さんにアンケートを記入していただき、手術前後の腰痛について調査しました。ビジュアルアナログスケール(VAS)という痛みの評価に使用される指標(0点は痛みなし、100点は最大の痛み)で、首の手術前に腰痛のVAS 30点以上の患者さんが全体の29%確認できました。

そこからさらに「腰の病気がない」30名と「腰の病気がある」26名の2群に分けて検討を行ったところ、腰の病気がある群では術前VAS 59.8が術後1年でVAS 54.5と大きな改善は認められませんでしたが、腰の病気がない群では術前VAS 50.7が術後1年でVAS 27.7まで低下し腰痛の改善が認められました。

腰の病気がある群では、9名が頚椎椎弓形成術を受けてから平均12.8カ月後に腰の手術を受け、術前VAS 56.0が術後VAS 38.3まで改善しました。

これまで腰の痛みが頚椎術後に改善する報告はいくつかありましたが、この論文では「腰椎に病気があるかないかで大きな違いがあること」を初めて示しました。腰椎に問題のある患者さんでも頚椎の術後に一時的に腰痛が改善することがありますが、腰痛の解決にはやはり腰椎の治療が必要であることも明らかになりました。

腰の痛みで悩んでいらっしゃる場合は、首に原因がある可能性もありますので、脳神経外科にご相談ください。

報道に関するお問い合わせ

本件に関する報道関係者からのお問い合わせはこちらのメールフォームよりお願いいたします。一般の方からのご質問等にはお答えしておりませんのでご了承ください。

関連記事

「大腸がん」に関する医療セミナー(講義)を無料開催

「息切れ」に関する医療セミナー(講義)を無料開催

脳神経外科における外視鏡の優位性を確認した論文が北米で最も伝統ある米国脳神経外科学会の機関誌で紹介

医学研究所北野病院 脳神経外科では手術で用いている外視鏡の有用性を2023年10月にWorld Neurosurgery誌で発表しました。またこの度は、外視鏡による片側顔面けいれんや三叉神経痛に対する当院の手術の様子が、 […]

令和6年能登半島地震への「AMAT(全日本病院医療支援班)」派遣および食料支援を実施

2024年1月1日に発生した令和6年能登半島地震について、当院でも災害対策本部を設置し、1月9日、公益社団法人全日本病院協会からの支援要請に基づき、医師や看護師など4名で構成する「AMAT(全日本病院医療支援班)」を派遣 […]

きたの広報 vol.10「見逃さないで!腎のサイン」(特集:腎臓病)を発行

2024年1月1日に、患者さん向け広報誌「きたの広報vol.10」を発行しました。 今回は「腎臓病」について特集しています。 特集「見逃さないで!腎のサイン」  ・腎のサイン  ・正しく知って腎臓を守る  ・腎臓病患者さ […]

「医師の働きたい病院ランキング2023」で当院が全国6位(近畿1位)に選出

医療情報専門サイトm3.comが行った「医師の働きたい病院ランキング2023」にて、当院が全国6位(近畿1位)に選ばれました。 このランキングは、m3.com会員が「自分が住んでいるエリアの中から働きたい病院」を投票した […]