公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院

公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院

【初診外来受付時間】8:45~11:30(※紹介状や予約が必要な診療科をご確認ください)
【休診日】土曜・日曜・祝日・年末年始 【面会時間】14:00〜17:00(面会条件あり)

広報/プレスリリース

[研究報告]脳神経外科手術における頭蓋骨への正しい止血剤の使用法を確認

医学研究所北野病院 脳神経外科は、2023年11月、頭蓋骨への正しい止血剤の使用法について論文として報告し、全世界の脳神経外科医に注意喚起を行いました。

手術では出血を止めるために様々な方法があります。特に骨からの出血に関しては50年以上前より、蜜蝋みつろうによく似た(骨蝋こつろう)を出血した部位に塗り込むことにより、止血を行うことが世界的に確立されています。脳神経外科の領域でも、頭蓋骨からの出血に対して骨蝋を使用しています。

頭蓋骨に骨蝋を使用した際に、頭蓋骨を貫通している静脈を介して、骨の裏側の静脈に骨蝋が紛れ込んでしまうこと(迷入)がまれにあります。頭蓋骨の場合、骨の裏側の静脈は、脳の静脈と関連があることがあり注意が必要ですが、骨蝋の迷入に関してこれまでは詳しく調べられていませんでした。

骨蝋の迷入を調べるために、241例の同じ部位の開頭を行った症例のCTおよびMRI画像を後ろ向きに確認(過去の診療情報などを確認)し、54例で迷入を確認しました。これらの症例のほとんどは、数ミリメートル単位のごくわずかなもので、臨床上問題になることはありませんでした。

迷入の原因を調べると、頭蓋骨を貫通している静脈のうち、「元々の直径が大きいもの」「開頭する際に頭蓋骨を貫通している静脈が短くなったもの」が有意に骨蝋の迷入に関連していることがわかりました。

私たちはその結果に基づき、術前より、頭蓋骨を貫通している静脈の径や長さを確認し、骨蝋の迷入が起こりうる可能性が示唆される症例では、骨蝋を使用しない止血方法を検討し現在臨床に応用しています。

今回、これらの報告をまとめ、骨蝋が迷入するリスクのある頭蓋骨を貫通している静脈に関して、骨蝋を使用しない止血方法を論文として報告し、全世界の脳神経外科医に注意喚起を行いました。

脳神経外科では今後も引き続き手術安全性を高めるための研究および方策を検討していきます。

お問い合わせ

本件に関する報道関係者からのお問い合わせはこちらのメールフォームよりお願いいたします。一般の方からのご質問等にはお答えしておりませんのでご了承ください。

関連記事

「大腸がん」に関する医療セミナー(講義)を無料開催

「息切れ」に関する医療セミナー(講義)を無料開催

脳神経外科における外視鏡の優位性を確認した論文が北米で最も伝統ある米国脳神経外科学会の機関誌で紹介

医学研究所北野病院 脳神経外科では手術で用いている外視鏡の有用性を2023年10月にWorld Neurosurgery誌で発表しました。またこの度は、外視鏡による片側顔面けいれんや三叉神経痛に対する当院の手術の様子が、 […]

令和6年能登半島地震への「AMAT(全日本病院医療支援班)」派遣および食料支援を実施

2024年1月1日に発生した令和6年能登半島地震について、当院でも災害対策本部を設置し、1月9日、公益社団法人全日本病院協会からの支援要請に基づき、医師や看護師など4名で構成する「AMAT(全日本病院医療支援班)」を派遣 […]

きたの広報 vol.10「見逃さないで!腎のサイン」(特集:腎臓病)を発行

2024年1月1日に、患者さん向け広報誌「きたの広報vol.10」を発行しました。 今回は「腎臓病」について特集しています。 特集「見逃さないで!腎のサイン」  ・腎のサイン  ・正しく知って腎臓を守る  ・腎臓病患者さ […]

「医師の働きたい病院ランキング2023」で当院が全国6位(近畿1位)に選出

医療情報専門サイトm3.comが行った「医師の働きたい病院ランキング2023」にて、当院が全国6位(近畿1位)に選ばれました。 このランキングは、m3.com会員が「自分が住んでいるエリアの中から働きたい病院」を投票した […]