公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院

お知らせ

寄附金で新しい手術用機器を複数導入

昨年度中に皆さまからいただいた貴重な寄附金を活用し、新たに手術用機器を導入しました。皆さまのご厚意に心より感謝いたします。

 

手術顕微鏡システム

脳神経や脊椎などの手術においては、微細な組織を観察するために光学式の手術用顕微鏡が使用してきました。今回、医療映像用に開発された高解像度カメラと55インチの大型4K3Dモニターを組み合わせた3D外視鏡今回購入したことで、接眼レンズを覗き込む必要が無くなり、従来の手術用顕微鏡では得ることができなかった良好な視野を得ることができました。
また、手術室内のスタッフが映像を供覧できることで安全性や教育効果の向上も期待できます。

 

無影灯

手術室などで用いられる照明器具の一種で、手術作業への影響を減らすために影を生じない仕組みになっています。光源となる電球は、かつてはハロゲン電球を使用していましたが、より自然光に近く熱の放射の少ない医療用LEDに変更しました。これにより、視認性、識別性、安全性の向上が期待できます。

術野カメラ

術野(手術を行っている目で見える部分)を高画質で映すことができ、細かい血管や神経を扱う手術の撮影では、組織の細部や縫合糸を鮮明に再現できます。カメラアームや雲台の操作によってどのような位置でも術野の映像を得ることができます。

記録装置

手術中に得られた映像を保存することで、医療安全の向上や医師の技術研鑽などに役立っています。

モニタールーム

全ての手術室の手術の様子を別室で確認、記録することができるようになりました。

 

 

寄附金によって新たな機器が増えることで、私たちはより高度で精密な手術を行い、患者さんにより良い医療を提供することができるようになります。今後とも皆さまからのご支援を心よりお待ちしております。支援方法については、下記「医学研究募金」のページをご覧ください。

医学研究募金について

 

お問い合わせ

公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院
経営企画課 財務係 医学研究募金事務局(新館3階)
住所:〒530-8480 大阪市北区扇町2-4-20
TEL:06-6131-2912(直通)

関連記事

立体駐車場における入庫装置不具合のお知らせ

現在、当院地下立体駐車場の入庫装置2台のうち1台に不具合が生じており、車の入庫に時間がかかる状況となっています。 復旧まで数日かかる見通しのため、ご来院の際は、なるべく公共交通機関か周辺の民間駐車場をご利用ください。なお […]

患者さん向け情報誌「kitanoto:」vol.01を発行 ~従来の広報誌を大きくリニューアル~

今春、従来の患者さん向け広報誌「きたの広報」をリニューアルし、きたのと(北野病院と)つながる情報誌「kitanoto:」(きたのと)を新たに発行しました。 初号となるvol.01では「がん」について特集しています。各外来 […]

令和6年能登半島地震の災害派遣チームメンバーによる報告会を実施

当院では、令和6年能登半島地震の発生後、今年1月9日~1月12日に「AMAT(全日本病院医療支援班)」、2月28日~3月1日に「JMAT(日本医師会災害医療チーム)」を派遣しました。 現地で医療支援活動を行ったメンバーの […]

マイナンバーカードが健康保険証として利用可能に

2024年12月2日に健康保険証の新規発行が停止され、マイナンバーカードに一本化されることに伴って、当院でもマイナンバーカードの健康保険証利用(マイナ保険証)をお勧めしています。来院時にはぜひマイナンバーカードをご持参く […]

働き方改革の推進に向け「医師のフレックスタイム勤務制度」をスタート

2024年4月より、医師の時間外労働の上限規制が始まり、全国の医療現場において働き方改革を推進する取り組みが進められています。 それに合わせ、当院でも2024年4月1日から「医師のフレックスタイム勤務制度」を導入しました […]

会計窓口で使用できるコード決済サービスを追加