公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

【初診外来受付時間】8:45~11:30(※紹介状や予約が必要な診療科をご確認ください)
【休診日】第2・第4土曜、日曜、祝日、年末年始 【面会時間】13:00~16:30(面会制限中)

お知らせ

【産婦人科】切迫早産 治療・管理方針変更のお知らせ

切迫早産とは?

「妊娠22週〜36週に規則的な子宮収縮が認められ、かつ子宮頸管の開大度・展退度に進行を認める場合、あるいは初診時の診察で子宮頸管開大が2cm以上」となっており、早産の危険性が高いと考えられる状態。

お知らせ

早産の妊娠週数が新生児死亡や脳性まひなどの周産期予後と最も密接に関連することが知られており、早産を防ぐことは周産期医療にとって最も重要な課題一つであり、その早産を防ぐ目的で、切迫早産に対する子宮収縮抑制薬を用いた薬物療法が広く行われています。しかし欧米と日本では切迫早産の管理、子宮収縮薬の使用方法が大きく異なっています。切迫早産治療における子宮収縮薬抑制薬の効果は48時間に限定されるというエビデンス(証拠)から、欧米では児の成熟を促す48時間に限定して子宮収縮抑制薬を点滴投与する、いわゆるshort-term tocolysisが行われています。一方我が国では、子宮収縮が抑えられた後も、再発を予防する目的で予防的に投与を行う、long-term tocolysisが行われ、結果的に長期間の入院管理が行われてきました。しかし、long-term tocolysisが早産を防ぐことおよび新生児の予後の改善に有効であるとする明確なエビデンスはなく、長期間の治療に伴う弊害も少なくありません。近年、我が国でもshort-term tocolysisへと管理方法を変更する施設が増加しており、long-term tocolysisと比較して平均分娩週数,早産率,NICU入院数に有意な変化がなく、有害事象が減少した、と報告されています。

そこで、当院でも2019年11月1日以降に「切迫早産と診断された、妊娠26週以上」の患者様につきましては、short-term tocolysis(子宮収縮抑制薬使用は48時間〜7日間まで)を行うことを基本的方針と致します。

治療・管理方法変更により戸惑われる方がおられるかもしれませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。

北野病院 産婦人科

関連記事

2020年7月分の外来担当表を更新しました

院内売店でのレジ袋有料化について

いつも北野病院をご利用いただきありがとうございます。 7月1日より全国でレジ袋が有料化されるに伴って、当院でも地下1階のファミリーマートと5階のお弁当販売においても下記の通り有料化致します。 料金は税込 ファミリーマート […]

心療内科外来終了のお知らせ

いつも北野病院をご利用いただきありがとうございます。 当院では毎週木曜日に心療内科外来を開設しておりましたが、令和2年6月30日をもって外来診療を終了させていただくこととなりました。 患者様にはご迷惑をおかけ致しますが、 […]

「パーキンソン病・振戦・ふるえ外来」開設のお知らせ

2020年6月分の外来担当表を更新しました

形成外科の一部外来停止のお知らせ