公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

【初診外来受付時間】8:45~11:30(※紹介状や予約が必要な診療科をご確認ください)
【休診日】第2・第4土曜、日曜、祝日、年末年始 【面会時間】感染対策のため原則面会禁止

新人教育 – リハビリテーションセンター

リハビリテーション部の新人教育の2本の柱

プリセプター制度

身近な先輩による指導により、より安心して報告連絡相談ができる環境へ

理学療法士の新人教育5ヶ年計画 Generalist から Specialist へ

1年目は、内部・中枢・整形チームを3ヶ月毎にローテーションを行い全般的な知識や経験を積んでいただきます。

calendar1

4月は主に、職場への適応または単位外業務(書類業務等)を学びます。
  • 単位外業務の指導
  • 実技練習
  • 治療見学
  • カンファレンスへの参加

※新人教育マニュアルを使用し一年間を通じて各部門で繰り返し学びます。

circle

5月から3ヶ月毎にローテーションを行い各理学療法の特徴を学びます。
  • 各チームでの机上での新人教育
  • 各チームでの週1回の勉強会またはケーススタディ
  • 各部門でのスーパーバイザーによる臨床教育
3月は次年度に向けた以降準備期間です。
  • 1年間の振り返り
  • プリセプターとしての準備

naibu

内部の新人教育

リスク管理、フィジカルアセスメント、血液データの診かた、栄養、酸素療法、がんリハについて、ドレーン・人工呼吸器管理、心機能について、ADLチームの業務

chusu

中枢の新人教育

病態把握(CVA・パーキンソン・脳腫瘍)、リスク管理、中枢疾患の評価、急性期リハの考え方、脳画像と機能の診かた、ポジショニング

seikei

整形の新人教育

炎症や疼痛について、姿勢制御、大腿骨頸部骨折、膝・股 OAとTKA・THAについて、頚髄症、禁忌肢位とADL指導

2~4年目は、3年間で半年毎に4部門をローテーション(内部チームには二度配属)し、基礎をかため Generalist を目指します。またADL維持体性向上加算病棟や訪問などの業務や疾患として癌や小児等の様々な疾患に関わることになります。

calendar2

  • 内部・中枢・整形・訪問で半年毎にローテーション
  • 内部障害には2回所属
  • プリセプターとして新人の教育に従事
  • ADL維持体性向上加算業務
  • 希望やレベルに応じて、各チームに所属し他の疾患や業務も担当

5年目からは、本人の希望も考慮し各病棟へ配属されます。訪問やADL維持体性向上加算病棟、小児や癌など興味のある分野の専門性を深め Specialist を目指します。

calendar3

作業療法士・言語聴覚士の新人教育

calendar4

■4月は主に、職場への適応または単位外業務(書類業務等)を学びます。
  • 単位外業務の指導
  • 実技練習
  • 治療見学
  • PTやNsとの連携

※新人教育マニュアルを使用し一年間を通じて各部門で繰り返し学びます。

■5月より、中枢、整形、呼吸疾患等の患者様を幅広く担当します。
  • 机上での新人教育
  • 週1回の勉強会またはケーススタディ
  • スーパーバイザーによる臨床教育
  • 3ヶ月毎に全体での症例発表
■OTでは、整形疾患に対するスプリント、食具やソックスエイド等のADLに関する自助具作成が必要な患者についても、作成見学やスタッフ間での作成練習の後に担当します。
■STでは、嚥下内視鏡検査、嚥下造影検査などもあり、より客観的な評価を学びます。また嚥下面を得意とするDrも在籍しており、嚥下評価に同席いただきより多角的な視点での評価を学びます。

※担当は、個人のペースに合わせて病態や人数を調整します。少しずつSCUやICU、CCUなどの重症患者も担当していきます。

作業療法士

中枢の新人教育

脳血管(運動麻痺に対するアプローチ、高次脳機能の理解)、パーキンソン病、神経難病、末梢神経障害

整形の新人教育

頚椎症、上肢骨折、腱板損傷、腱断裂、リウマチ

内部の新人教育

呼吸器(入浴評価)、呼吸(入浴評価)

言語聴覚士

失語症、高次脳機能スクリーニング、失行・失認、注意機能、知能、記憶障害、パーキンソン病の治療DBS、パーキンソン病治療DBSについて

※はじめは業務に慣れていただき、業務としては訪問やADL維持体性向上加算病棟や、多岐にわたる小児や癌といった疾患のリハビリテーションなどの関わりも状況や希望により経験を積むことも可能です。