公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

【初診外来受付時間】8:45~11:30(※紹介状や予約が必要な診療科をご確認ください)
【休診日】第2・第4土曜、日曜、祝日、年末年始 【面会時間】感染対策のため原則面会禁止

リハビリテーション科

title1

title2

title3

リハビリテーション科の理念

  • 我々、北野病院リハビリテーション科スタッフは、誇りと責任感を持った組織の一員として行動します。
  • 我々、北野病院リハビリテーション科スタッフは、患者様とご家族の達成感と充実感を高めるために、最良のリハビリテーションを提供します。
  • 我々、北野病院リハビリテーション科スタッフは、リハビリテーションの知識と技術を通じて地域社会に貢献します。

ご挨拶

部長代行挨拶

大洞医師

北野病院リハビリテーション科では、あらゆる分野の患者さんに対し、過度な臥床による廃用症候群を防ぎ、生活機能の改善のため入院早期からリハビリテーションをさせて頂いております。多職種連携を重要視しており、入院センターでの活動評価、病棟スタッフや地域の方とのカンファレンス、各チームへの参加なども積極的に行っております。退院後の生活に関しても継続したリハビリテーションを行うため、当院からの訪問リハビリテーションを行わせて頂くこともあります。生活期の患者さんに対しても、神経難病患者さんの起立動作・歩行障害の改善を目指し外来にてロボットスーツHALを用いた歩行訓練も行っております。患者さんにとって安全で安心なリハビリテーションを目指し、より地域に根付いたリハビリテーション科を目指し日々努力してまいります。

リハビリテーション科 部長代行 大洞 佳代子

技師長挨拶

honda_gishicho

北野病院リハビリテーシ科は、大きなガラス窓あり、とても明るい空間です。怪我や病気が原因で、日常生活に支障がある、もしくは、その可能性がある方々を対象としています。

2020年4月からは、リハビリテーション専門医2名、療法士40名(理学療法士:26名、作業療法士:8名、言語聴覚士:6名)マッサージ師:1名、受付事務:2名でリハビリテーションを実施しています。

2018年11月から開始した訪問リハビリテーションは、当院へご入院しその後もリハビリテーションが必要な患者様に限って、地域や疾患を限定し訪問でリハビリテーションを継続させて頂いています。地域の訪問看護ステーションやケアマネージャーさんと連携し、病院から在宅へ切れ目のないリハビリテーションの提供を目指します。また、神経筋難病疾患患者様を対象に、外来でロボットスーツ(HAL®)を用いたリハビリテーションを行っています。

新しい知見を取り入れながら、地域の皆様に有意義なリハビリテーションを提供していきたいと考えております。 今後とも宜しくお願い申し上げます。

リハビリテーション科 技師長 本田 憲胤

係長挨拶

kamisaka_kakaricho

急性期病院としての役割を果たすべく、集中治療領域を含めたできるだけ早期から積極的にリハビリテーションを展開し、患者さまにはより良い状態で地域に戻っていただけるよう努力しております。

リハビリテーション科は若いスタッフが多いため、現場は活気があり、職種間の垣根も低いことから、コミュニケーションも活発に取られています。また、定期的な研究勉強会で研究背景から検討することで、学会発表や論文作成など学術面でサポートできるような取り組みも行っています。

今後も、患者さまからの様々な期待に応えられるよう、スタッフ教育の充実化を図り、リハビリテーションを通して地域や社会へ貢献できるような取り組みを進めて参りたいと思います。

リハビリテーション科 係長 上坂 建太

1年目のインタビュー

理学療法士

Q: 病院全体の雰囲気はどうですか?

A: 患者様1人1人に合わせた接し方で最適な医療を提供するために、様々な職種の方々が1つになっている印象を受けました。感染症対策も徹底的に取り組んでいます。
一方で、休憩時間は職種を問わず和気あいあいとしており、オンとオフのメリハリがはっきりしていると感じました。

Q: 困ったときはどうしていますか?

A: プリセプター・サブプリセプターの先生やチームの先生方、同期など多くの人に相談しています。
些細なことから病態・治療のことまで、どの先生に聞いてもわかりやすく教えていただけるので、毎日勉強になり感謝しています。

Q: 今後の目標などあれば教えてください。

A: 患者様と一緒に、常に全力で病気や怪我と闘えるPTになりたいです。
そのためにも色々なことに興味を持って知識を増やし、先輩方のように何でも答えられ、実践できるようになりたいと思います。

理学療法士

Q: 病院全体の雰囲気はどうですか?

A: 先生方同士のコミュニケーションが活発で明るい雰囲気です!
セラピスト同士の患者さんの情報共有や治療で困ったときにどの先生方も親身にご指導してくださります。自分自身の知識、技術共に成長できる場所です。

Q: 困ったときはどうしていますか?

A: まずはプリセプターの先生に相談させて頂いています。親身になって相談に乗ってくださり、また週に1度面談する機会も設けてくださり日頃からサポートをして頂いています。

Q: 今後の目標などあれば教えてください。

A: この1年で急性期病院に必要不可欠なリスク管理や、どの分野の患者さんでも柔軟に対応する知識と技術を学び、日々成長していきたいです。

作業療法士

Q: リハビリテーション科の仕事環境はどうですか?

A: コミュニケーションが活発にとられており、とても明るい職場です。入職したての頃は慣れないことが多く、緊張してばかりでしたが先輩方から声をかけてくださる事も多く、和気あいあいとした雰囲気です。
疾患の病態理解や介入方法など丁寧に指導して下さり、臨床で生かせる知識や技術などが身に付きます。

Q: 困ったときはどうしていますか?

A: プリセプターの先生をはじめ、OTの先生方、他職種の先生方に相談しています。
また、週に1度のOTカンファレンスで患者様への介入方法や関わり方などについてチーム全体でアドバイスして頂ける機会があります。
小さな疑問点や困っていることなども相談しやすい環境だと思います。

Q: 今後の目標などあれば教えてください。

A: それぞれの患者様に合わせたアプローチを行い、思いやりを大切にして信頼される作業療法士になることが目標です。そのために、日々の学びを大切にして、知識や技術などを深めていけるように頑張りたいです。

人員構成

  • 医師:2名
  • 理学療法士:27名
  • 作業療法士:8名
  • 言語聴覚士:6名
  • マッサージ師:1名
  • 受付事務:1名

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ
  • 運動器リハビリテーション料Ⅰ・Ⅲ
  • 呼吸器リハビリテーション料Ⅰ
  • 心大血管疾患リハビリテーション料Ⅰ
  • 廃用症候群リハビリテーション料Ⅰ
  • がんのリハビリテーション料

診療実績