公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院

公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院

【初診外来受付時間】8:45~11:30(※紹介状や予約が必要な診療科をご確認ください)
【休診日】土曜・日曜・祝日・年末年始 【面会時間】14:00〜17:00(面会条件あり)

広報/プレスリリース

集束超音波治療(FUS)による「ふるえ治療」を開始しました

この度北野病院では、かねてより準備を進めて参りました薬が効きにくい本態性振戦やパーキンソン病の「ふるえ」に対する外科的治療である集束超音波治療(FUS)を、2021年3月2日(火)に開始致しました。

同日治療した患者様については、治療終了時点において効果が認められる結果となっており、引き続き当院では患者様をフォローさせていただくとともに、今後さらに多くの患者様に同治療を提供できる体制を整えてまいりたいと考えております。

同治療に関してはふるえ・パーキンソン病外来のページをご確認ください。

今後とも北野病院は患者様により良い医療を提供できるよう、職員教育や診療機器の充実を図って参る所存でございます。

集束超音波治療(FUS)による治療の様子

*患者さんの同意を得て撮影しています。


頭髪の剃毛


フレーム装着


治療前のふるえ確認


MRI室で準備


位置設定と超音波照射


治療中のふるえ確認


治療後のふるえ確認

治療前後のふるえの状況

治療前
治療前のふるえの状況

治療後
治療後のふるえの状況

本治療は、治療前に当院で適応かどうかスクリーニングした上で、医師が適切と判断した患者さんに実施するものです。また、全ての患者さんに同様の効果を保証するものではありません。
本治療には一過性の手足のしびれ、喋りにくさ、歩きにくさ、頭痛などの副作用が発生することがあります。

関連記事

「大腸がん」に関する医療セミナー(講義)を無料開催

「息切れ」に関する医療セミナー(講義)を無料開催

脳神経外科における外視鏡の優位性を確認した論文が北米で最も伝統ある米国脳神経外科学会の機関誌で紹介

医学研究所北野病院 脳神経外科では手術で用いている外視鏡の有用性を2023年10月にWorld Neurosurgery誌で発表しました。またこの度は、外視鏡による片側顔面けいれんや三叉神経痛に対する当院の手術の様子が、 […]

令和6年能登半島地震への「AMAT(全日本病院医療支援班)」派遣および食料支援を実施

2024年1月1日に発生した令和6年能登半島地震について、当院でも災害対策本部を設置し、1月9日、公益社団法人全日本病院協会からの支援要請に基づき、医師や看護師など4名で構成する「AMAT(全日本病院医療支援班)」を派遣 […]

きたの広報 vol.10「見逃さないで!腎のサイン」(特集:腎臓病)を発行

2024年1月1日に、患者さん向け広報誌「きたの広報vol.10」を発行しました。 今回は「腎臓病」について特集しています。 特集「見逃さないで!腎のサイン」  ・腎のサイン  ・正しく知って腎臓を守る  ・腎臓病患者さ […]

「医師の働きたい病院ランキング2023」で当院が全国6位(近畿1位)に選出

医療情報専門サイトm3.comが行った「医師の働きたい病院ランキング2023」にて、当院が全国6位(近畿1位)に選ばれました。 このランキングは、m3.com会員が「自分が住んでいるエリアの中から働きたい病院」を投票した […]