公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

【初診外来受付時間】8:45~11:30(※詳しくは外来受診のご案内
【休診日】第2・第4土曜、日曜、祝日、年末年始 【面会時間】13:00~20:00

血液浄化センター

血液浄化センターについて

当センターは、血液浄化が必要な急性あるいは慢性の患者さんに対して血液透析、腹膜透析あるいは血漿交換などのアフェレシス治療などあらゆる治療法を提供しています。新たに血液透析導入となった慢性腎不全の患者さんに対しては、地域医療サービスセンターを介して患者さんの意向にあった、透析施設を紹介させていただきます。併存症などで当院での治療が必要となった場合には、該当診療科と併診して治療を行います。

血液透析

透析ベッド数:31床
透析患者数:外来患者約55名・入院患者約40名

午前 外来 9:00~
入院 10:00~
午後 15:30~

腹膜透析

専用診察室2床:月・火・金曜日診療(11:00、13:00、14:00)
カテーテル留置術や抜去術は泌尿器科と連携して行います。
※他で腹膜透析を受けられている患者さんは、地域医療サービスセンターを介して腎臓内科外来(月~金曜日)を受診していただきます。

日曜・休日・夜間の救急対応

1階救急外来にて対応(腎臓内科緊急待機医常設)
救急受診ご希望の方は、救急受付(06-6312-1221)まで事前にお問い合わせください。
緊急入院は救急外来を窓口として、疾患当該科あるいは腎臓内科へ入院。

出張透析

血液浄化センターでの治療が困難な入院患者さんには、集中治療室(ICU・CCU・SCU)、小児科病棟、クリーンルーム等への出張透析を実施します。循環動態が不安定な患者さんには、持続的血液透析も行います。

バスキュラーアクセス管理

腎臓内科にて自己血管内シャント等のバスキュラーアクセスを作成しますが、手術困難例では心臓血管外科と連携して作成します。バスキュラーアクセスの閉塞や狭窄などが生じた場合には、経皮的血管拡張術(シャントPTA)にて治療します。

アフェレシスにおける当院で可能なアフェレシス治療

  • 単純血漿交換(PE)
  • 二重濾過血漿交換療法(DFPP)
  • 免疫吸着療法(LAPP)
  • 直接血液吸着療法(DHP)-エンドトキシン吸着療法、活性炭吸着療法
  • 血漿吸着療法(LDL吸着)
  • 顆粒球除去療法(GCAP)
  • 白血球除去療法(LCAP)
  • 末梢血幹細胞採取(PBSCH)
  • 腹水濃縮再静注法(CART)

治療実績

2017年度 アフェレシス治療実績

単純血漿交換(PE) 62件
血漿吸着療法(LDL吸着) 10件
二重濾過血漿交換療法(DFPP) 2件
顆粒球除去療法(GCAP)
白血球除去療法(LCAP)
145件
腹水濃縮再静注法(CART) 44件
末梢血幹細胞採取(PBSCH) 16件

業務実績(治療実績・学会/著作/研究活動 等)