公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院

広報/プレスリリース

[研究報告]正常圧水頭症などに繋がる可能性がある脳のリンパ系(グリンパティックシステム)と関連する物質(L-PGDS)を特定

当院脳神経外科では、「脳の老廃物の排出に関わるリンパ系(グリンパティックシステム)の機能低下は、アルツハイマー病や正常圧水頭症などに関与する」という仮説について検証すべく、正常圧水頭症患者さんの脳加齢性変化をMRIで評価し、関連の深い物質(L-PGDS)を同定しました図1


図1

また、共同研究者と共に、L-PGDSは脳の老廃物であるアミロイドβを吸着するだけでなく、認知症の原因の1つとされるタウ蛋白とも相互作用があることを確認し、2024年4月4日、国際誌「Frontiers in Aging Neuroscience」に報告しました*

医学研究所北野病院では25年以上にわたり正常圧水頭症に対する研究と最先端の治療を行っております。また、本年、名古屋で開催される国際水頭症学会においては、本研究の責任著者である西田南海子医師も、組織委員会委員として務めています。(Hydrocephalus 2024 Meeting)。今後も当院では研究を続け、水頭症の患者さんに還元できる研究をめざしていきます。

関連記事

「慢性腎臓病」に関する医療セミナー(講義)を無料開催

先天性無歯症に対する歯の再生治療薬(通称名「歯生え薬」)の医師主導治験を開始

公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院(大阪市北区、病院長 秦 大資:以下、北野病院)および関連グループが進めている先天性無歯症に対する歯の再生治療薬(通称名「歯生え薬」)の研究計画について、2024年3月25日付で […]

「お薬」に関する医療セミナー(講義)を無料開催

当研究所の客員研究員が「日本学術振興会 育志賞」を受賞

当研究所の客員研究員である吉治(よしじ)智志(さとし) 医師(内分泌・代謝・腎臓研究部)が、2024年1月18日、独立行政法人日本学術振興会の「第14回(令和5(2023)年度)日本学術振興会 育志賞」を受賞しました。 […]

「ユニクロOSAKA店」と「北野病院」が がん患者向けの特製パンフレットを共同制作

医学研究所北野病院(大阪市北区、理事長:稲垣暢也、以下、北野病院)は、ユニクロOSAKA店の協力のもと、がん患者さんが着脱しやすく着心地の良いユニクロ商品を共同で選定した特製パンフレットを制作し、2024年4月より、がん […]

世界のベスト病院ランキングに5年連続でランクイン

米国Newsweek誌が毎年発表している世界の良い病院ランキング「World’s Best Hospitals 2024」に、当院が5年連続で選出されました。日本から選ばれた約200の病院の中では、大阪府内の […]