文字の大きさ
標準
拡大

緩和ケア外来

休診情報

  • 休診に関するお知らせはありません。
教育はこちら

緩和ケア外来について

北野病院では、がん患者様やご家族様の身体的・精神的な苦痛を緩和し、できる限り良好なQOL(Quality of Life、生活の質)を実現することを目標として、緩和ケア外来を開設しています。

がんの治療中や治療後では、病気のことやこれからの生活について様々な不安が生じることがあります。緩和ケア外来では、そうした方に定期的に受診していただくことで、様々な不安をやわらげることができます。

また、緩和ケア外来の他にも、当院ではがん相談支援センターにて緩和ケア認定看護師も随時ご相談を承っています。その他、入院中の患者様には緩和ケアチームが適宜サポートしています。

外来担当表

 
午前
午後 片山

※今後、随時診療枠は拡大していく予定です。

受診方法

対象者

  1. がん患者様
    身体的な症状、精神的な症状、その他つらい症状
  2. がん患者のご家族様
    ご相談、及び精神的な支援

診療内容

  1. 痛み、その他の身体的な症状の緩和やご相談
  2. 精神面でのケア

受診方法

緩和ケア外来での診療をご希望される場合は、まずは主治医へご相談下さい。

緩和ケアチーム

当院の緩和ケアチームには、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士・作業療法士・臨床心理士など、様々な医療専門職が集結しています。週1回緩和ケアチームカンファレンスを行い、入院患者様の苦痛症状の緩和及び、より良い生活を送ることができるよう、主治医・病棟スタッフと連携しながら調整を行っています。

がん患者様の様々な苦痛を軽減するために症状の緩和を担当する内科医師、心のつらさを和らげる精神科医師、緩和ケア看護を担当する看護師や、ご相談内容によっては麻酔科医師、ソーシャルワーカーなどもチームに参加しています。

今後は当院の急性期病院という特徴を踏まえ、患者様の治療期を心身ともに安定して過ごして頂けるための「早期からの緩和ケア」の実施に向け、さらに活動を広げていく予定です。

緩和ケアチームへの相談方法

入院中の患者様とそのご家族が対象となります。病期の時期に関係なく、病棟の主治医あるいは看護師にご相談下さい。

主治医から依頼を受けて、できるだけ早い時期から援助を開始致します。

主治医、看護師との関係は、今までどおり変わりはありません。緩和ケアチームと主治医、病棟看護師が連携し、援助方法を考え実施致します。

費用負担について

緩和ケアチームによる診療、援助は保険が適用されます。緩和ケアチームによる診療が開始された時点から中止または退院まで適用となります。

実際の支払い金額は3割負担の場合、1日につき1,170円。1割負担の場合は390円です(15歳未満では3割負担の場合、1日につき1,470円、2割負担の場合980円です。※平成30年度現在)。しかし、高額医療対象の方は、申請を行って頂ければ自己負担は軽減されます。

※薬剤などは別途、保険適用

kanwa1 kanwa2

業務実績(治療実績・学会/著作/研究活動 等)

ページの先頭へ