文字の大きさ
標準
拡大

リハビリテーションセンター

お知らせ

バックナンバー

  • 現在、最新のお知らせはございません。
    これまでのお知らせはバックナンバーをご覧ください。
教育はこちら

北野病院リハビリテーションセンターは、疾病や外傷によって生じるあらゆる障害(運動機能障害・高次脳機能障害・呼吸機能障害・摂食機能障害など)に対して、患者様の能力を最大限に引き出し、QOL(生活の質)を改善し、社会復帰することを目標に診療を行っています。

リハビリテーションの対象診療科は、院内ほぼすべての診療科です。脳神経外科や神経内科、循環器内科や心臓外科などを中心に、乳腺外科や婦人科など、どんなリハをするの??と思われるような診療科からもリハ依頼があり、20を越える診療科の患者様へリハビリテーションを提供しています。

人員構成

医師5名(他科兼務含む)、理学療法士22名、作業療法士6名、言語聴覚士4名、マッサージ師1名、受付サポート1名で、入院患者様を中心に診療にあたっています。

施設基準

脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ、運動器リハビリテーション料Ⅰ・Ⅲ、呼吸器リハビリテーション料Ⅰ、心大血管疾患リハビリテーション料Ⅰ、廃用症候群リハビリテーション料Ⅰ、がんのリハビリテーション料

診療実績

当センターでは、積極的に学会発表や講習会・研修会の講師などを引き受けています。日常診療での疑問を、明らかにし、多くの人に知って頂くことで最終的に患者様に還元することを目標としています。また、実際の臨床場面を少しでも知ってもらうため、大学や養成校で講義や実技指導を実施しています。

診療実績

平成29年度は、理学療法、作業療法、言語療法と3つの療法で、毎月7000-8000件の疾患別リハを実施しています。また、平成27年4月からは、がんのリハビリテーションにも取り組んでいます。

診療実績

活動実績

当センターでは、積極的に学会発表や講習会・研修会の講師などを引き受けています。日常診療での疑問を、明らかにし、多くの人に知って頂くことで最終的に患者様に還元することを目標としています。また、実際の臨床場面を少しでも知ってもらうため、大学や養成校で講義や実技指導を実施しています。

学会報告(平成28年)

チーム医療

医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、臨床心理士、ソ-シャルワーカー、管理栄養士、薬剤師、臨床工学技士、検査技師など、多くの専門職が連携をとり、チーム医療を展開しています。そのほとんどのチームで、リハビリテーションスタッフが積極的に参加・活動しています。

参加チーム

栄養サポートチーム、感染制御チーム、緩和ケアチーム、褥瘡対策チーム、呼吸ケアチーム、口腔ケア・嚥下リハビリチーム、がんリハビリテーションチーム、認知症ケアチーム

公開講座

平成28年度から、地域の方々に対して、「運動と健康のお話し」・「腰痛について」などの公開講座を年3回程度開催しています。

日時 テーマ
2016/9/19 腰痛予防について
2016/11/5 認知症予防について
2017/9/19 認知症予防の体操について

また、高齢者の多くが関係する腎臓病や糖尿病、慢性心不全などに対して、リハビリテーションの立場から、疾病の予防や改善を目標に、説明会を開催しています。

資格習得者

  • 専門理学療法士:2名(呼吸・代謝)
  • 認定理学療法士:1名(脳卒中)
  • 心臓リハビリテーション指導士:4名
  • 3学会合同呼吸療法認定士:6名
  • がんのリハビリテーション研修修了:20名
  • 日本糖尿病療養指導士:2名
  • ケアマネージャー:1名

ページの先頭へ