文字の大きさ
標準
拡大

入院生活のご案内

癒しの環境づくり

ナイチンゲールは病院覚書の中で、「新鮮な空気」「自然の光」「十分な空間」を治癒環境において最も重要なものと述べています。医療の高度化や個室指向から当時と同じ計画は困難としても、患者様の空間に、より多くの自然を取り入れることや機動性に富む看護が重要なことは、今も変わりません。
当院では、4床室は円形に配置することで看護導線を短縮し、すべてのベッドサイドに窓を設けています。建物の中央部分を吹き抜けとし、最上部から降り注ぐ自然光によって、病棟の廊下を明るく開放感あるものにしました。また、東西両翼には個室を集約して高い個室率を確保し、目が離せない重症患者様の個室などはナースステーションに近接した北側に配置しています。明るく清潔なデイルームでは、入院患者様が面会者とご歓談されたり、他の入院患者様と和気藹々とお食事をとっていただいたりしています。

一般病棟(4床室)

一般病棟(4床室)

病棟の廊下

病棟の廊下

一般病棟(1床室)

一般病棟(1床室)

重症個室

重症個室

一般病棟 デイルーム

一般病棟 デイルーム

特別病棟 ラウンジ

特別病棟 ラウンジ

特別病棟(特別室A)ベッド周り

特別病棟(特別室A)ベッド周り

特別病棟(特別室A)応接セット

特別病棟(特別室A)応接セット

特別病棟(特別室A)浴室

特別病棟(特別室A)浴室

エレベーターホール

エレベーターホール

プラナホール 5階にある憩いの空間

プラナホール 5階にある憩いの空間

入院生活の一日

入院生活上のお願い

  1. 治療、療養に専念していただき、より良い入院生活をお過ごしいただきますようお願いいたします。
  2. 個室もしくは特別室にお入りいただかざるを得ない患者様(感染症の患者様、手術直後の患者様、緊急入院の重症患者様など)がいらっしゃった場合、ご入院中の患者様に転室をお願いすることがございます。
  3. 患者様ご自身が治療に専念されない場合、他の患者様や職員、それに準ずる者(委託業者)に対して迷惑行為等が認められた場合、入院の継続が難しくなることがございます。
  4. 医師が治療継続の必要ありと診断していても、患者様の都合で退院となる場合、「自己都合退院誓約書」にご署名いただきます。
  5. 病院からの貸与品などを破損、または紛失された場合、弁償していただくことがございます。
  6. 火災や地震などの災害が発生した場合、職員の指示に従って落ち着いて行動してください。
  7. 喫煙および飲酒は厳禁です。
  8. 携帯電話は、当院が定めるルールに従ってご使用ください。

    携帯電話に関するルールの詳細はこちらから

  9. ゴミの分別収集にご協力ください。
    各病棟に、「瓶」「缶」「プラスチックボトル」「可燃ごみ」の4種類のゴミ箱を設置しております。
  10. 電気製品(音響機器など)の持ち込みはご遠慮ください。
    やむを得ない事情がある場合は、ナースステーションもしくは医事課にご相談ください。
  11. 生花と鉢植えの持込みはご遠慮ください。
  12. 電話での患者様に関するお問い合わせは、お受け致しかねます。
  13. ご面会の際には、周りの患者様のご迷惑とならないよう、特に病室では静かにお話しください。
    各病棟のデイルーム以外に、5階にプラナホールという憩いの空間もご用意しております。
    院内ギャラリーに関する詳細はこちらから
  14. 職員への金品贈与は固くお断りいたします。

ご質問やお困りの場合には

  1. 診療や看護に関するご心配事やご相談事がございましたら、主治医、看護師にお尋ねください。
  2. 治療、処置、検査などの予定は、その都度、ご説明いたします。
  3. 夜間は2時間毎に、看護師が巡回観察いたします。
  4. 看護師をお呼びになられたい場合は、ナースコールをご利用ください。

安全対策にご協力を

  1. 間違いなく安心して入院治療を受けていただくため、患者様のお名前などを記したリストバンドを装着させていただきます。
    リストバンドがきつい時や肌にトラブルが起きた時など、異変があればすぐにお知らせください。
  2. 検査・処置・点滴などを行う前に、患者様ご自身でお名前をフルネームで名乗っていただきます。

付き添い

  1. 原則として、付き添いの必要はございません。
  2. 諸事情により、ご家族の付き添いを希望される場含は、ナースステーションまでお申し出ください

外出・外泊の届出

  1. 必ず、主治医の許可を得てください。
  2. 外泊は、1泊2日を基本とします。
  3. ナースステーションに「外出・外泊許可申請書」をご提出下さい。
  4. 個室の患者様の場合は、病室を施錠いたします。お出かけとお帰りの際、ナースステーションにお声をおかけください。

診断書・意見書の作成

  1. 「診断書」「意見書」「生命保険診断書」等の作成は、1階の文書係で承ります。
  2. 各種申請文書は、退院される当日に文書係の窓口に提出してください。
  3. 書類作成に要す期間は、約2週間です。
  4. 文書受付係の場所は、以下の通りです。
月曜日~金曜日 8:45~16:30
土曜日
(第2・第4土曜日以外)
8:45~14:00

お食事

  1. 治療の一環として医師の指示に基づき、管理栄養士が病状にあわせたお食事をご用意いたします。
    外部からの持ち込みはご遠慮願います。
  2. 食べやすさを考慮した刻み食や嚥下練習食、食物アレルギーに配慮した代替食なども提供しております。
  3. 配膳時間  (朝食)午前8時~ (昼食)午後0時~ (夕食)午後6時~

お食事に関する詳細はこちらから

療養環境の設備

パントリー(配膳室)

各病棟のデイルーム横にございます。
流し台、給湯・給茶器、トースター等をご用意しておりますので、ご自由にお使いください。

プリペイドカード販売機・残金精算機

テレビ、冷蔵庫、洗濯機はすべて、プリペイドカード式のご利用となっております。
カード販売機はパントリー内に設置しておりますので、必要に応じてご購入ください。
カードの残金精算機は、1階の時間外受付前に設置しております。

テレビ、冷蔵庫

CCUや重症個室の一部を除く全室に、プリペイドカード式のものを設置しています。
個室以外の病室でテレビをご覧になられる際は、必ずイヤホンをご使用ください。

セーフティーボックス

全室にカード式のものを設置しておりますので、貴重品・金品は必ずこのボックスに保管してください。
常に施錠して、鍵は身に付けるようにしてください。
※必要以上の貴重品や金品はお持ちにならないでください。盗難の責任は負いかねます。
盗難の被害に合われた場合は、患者様ご自身もしくはご家族の判断によって、警察に被害届をご提出いただきます。
※セーフティーボックスの中身を移動させる場合も、患者様ご自身もしくはご家族に行っていただきます。

洗濯機

各病棟に、プリペイドカード式の乾燥機付き洗濯機を設置しております。(物干し場はございません。)

シャワー室

各病棟にシャワー室を設置しております。

寝具・付き添い用ベッド

枕、ふとん、毛布、シーツなどの寝具類は、すべてご用意いたします。
※付き添い用ベッド:初回700円、2回目からは一日350円で貸与いたします。申込みはナースステーションまで。

卓上電話

CCUを除く、すべての個室に完備しています。

その他の設備

コンビニエンスストア・新聞自動販売機など、さまざまな施設をご用意しております。
施設・設備に関する詳しくはこちらから

チーム医療

医師・看護師・薬剤師・検査技師・臨床工学士、管理栄養士、理学療法士など、複数の医療専門職がそれぞれの専門知識を持ち寄り、一人一人の患者様に最善かつ最良の医療を提供しようと協働しています。
サポート体制に関する詳細はこちらから

医療相談室 (1階地域医療サービスセンター内)

ソーシャル・ワーカーや看護師(地域医療コーディネーター)が、さまざまなご相談をお伺いしています。
主治医・病棟看護師にお申し出いただくか、直接、医療相談室までお越しください。
  1. 医療福祉制度や社会保障制度に関すること
  2. 退院後の療養生活に関すること
  3. 地域の医療機関に関すること

医療相談窓口に関する詳細はこちらから

医療安全に関する患者相談窓口 (1階地域医療サービスセンター内)

専任の相談員が、医療安全に関する苦情やご相談をお伺いしています。
患者相談窓口に関する詳細はこちらから

がん相談支援センター (5階プラナホール 南奥)

専任の相談員が、がんに関する不安や悩みなどのご相談をお伺いしています。
  1. 方法  電話相談または個別面談(予約制)
  2. 時間  1時間を目安としています。
  3. 電話  06-6131-2555(直通)

がん相談支援センターに関する詳細はこちらから

がん情報室 (5階プラナホール 南奥)

がんを患っていらっしゃる患者様やそのご家族などに、さまざまながん情報を提供するためのお部屋です。
ご自由にお立ち寄りください。
  1. 身体のしくみやがん治療に関するもの、緩和ケア、闘病記などの図書をご用意しています。
  2. お持ち帰り用リーフレットを各種、ご用意しています。
  3. がん情報を検索・閲覧するためのパソコンを設置しています。

がん情報室に関する詳細はこちらから

ページの先頭へ