文字の大きさ
標準
拡大

男女共同参画委員会の構成

委員会の運営状況

当委員会は、平成26年10月現在、26名のメンバーで運営され、5つの分科会を有しています。職員が出産・子育て・介護などに代表されるライフイベントと仕事との両立をはかれるよう、キャリアプランを実現するための支援を企画立案し、病院長に具申することを目的としています。

メンバー紹介

委員長 栄養部部長兼糖尿病内分泌センター 副部長
本庶祥子
副委員長 リウマチ膠原病内科副部長
籏智さおり
委員 腎泌尿器センター内科
垣田浩子
委員 腎泌尿器センター内科副部長
遠藤知美
委員 血液内科副部長
饗庭明子
委員 小児科副部長
阿部純也
委員 小児科
本倉浩嗣
委員 小児科
木村美輝
委員 脳神経外科副部長
西田南海子
委員 眼科副部長
田邊晶代
委員 麻酔科
柚木圭子
委員 産婦人科
辻なつき
委員 看護師長
橋本久美子
委員 看護師長
北村昭子
委員 看護主任
平野浩平
委員 看護主任
金田赳志
委員 臨床検査部係長
大野千加子
委員 放射線科
太田さとみ
委員 薬剤部
高橋友梨
委員 臨床工学部
片山亜希子
委員 リハビリテーションセンター主任
山田修
委員 栄養部
京面ももこ
委員 医学研究所部長
高平仁史
委員 事務
森本安紀
委員 事務SMC
松下由依
委員 事務次長
猿橋英樹
委員 事務
鏡原裕子

分科会

  • アンケート分科会

    医師職を対象に年に1回、勤務調査を実施、及びその分析

  • 病児保育分科会

    病児保育室の利用実績の報告と今後の運営方針の策定

  • 広報分科会

    主にホームページを活用した情報の公開

  • 有給休暇分科会
  • 短時間正職員分科会
  • くるみん認定取得を目指す分科会

メンバーからのメッセージ

腎臓内科 遠藤知美

二児の母(8歳、3歳)です。現在は「反抗期真っ只中の小3女子」に怒りを我慢、「周囲へ視野が広がってきた3歳児」に待つ忍耐に加え、親の介護も始まりました。そんな中、軸を持って責任ある仕事を継続できていることは、本委員会のおかげと感謝しています。腎臓内科専門医として更なるレベルアップはもちろん、これからの若い先生方が子育ても仕事も私達世代よりもう少し気楽に取り組めるような体制を整えられればと思います。

看護部 橋本久美子

今年度で男女共同参画委員会に参加をさせて頂き2年目となります。
制度を活用しながら働き続ける職員も増えており、男女ともに北野病院でライフサイクルに合わせながらキャリアアップがはかれるよう、委員会・分科会メンバーで取り組んでいきたいと思います。よろしくお願い致します。

看護部 北村昭子

今年度から再度、委員として活動させていただくことになりました。
私自身の子育ては遠い昔に終わり、現在は同じ部署で勤務する後輩たちの勤務調整や子育ての悩み相談を受ける立場となりました。
仕事と子育ての両立は想像以上に厳しいものがあり、まわりのサポートがなければ成り立たないことも実感しました。
職員の皆様が自分自身のキャリアを積みながら私生活も充実したものになるように、当院の制度や利用方法をお伝えしていきたいと思っておりますので宜しくお願い致します。

看護部 金田赳志

今年度より北野病院に入職し、男女共同参画委員会に参加させていただくことになりました。最近は男性が育児休暇を取得するなど育児などに参画し易い社会になってきているのかと思いますが、現実はまだまだ取得が困難な状況だと感じています。私自身も9歳と6歳と2歳の3人の父でありますが、自分自身が率先してそのような制度を利用することがありませんでした。今回の機会を活かして制度の理解や制度の利用を促し、誰でも気兼ねなく、育児・介護休暇を取得できるように活動していきたいと思います。宜しくお願いします。

看護部 平野浩平

昨年度より男女共同参画委員会に参加させて頂いています。男性看護師である私は、ライフイベント(結婚や出産)と働き方について、これまであまり深く考えたことがありませんでした。この委員会に参加し、様々な制度がある事や働く母親・父親の意見や考え方を聞き、たくさんの学びを得る機会となりました。私自身5歳と2歳の子を持つ父親であり、もっと家事や子育てに参画しなければ、という思いになりました。男性でも育児休暇を気兼ねなく取れるような職場環境を作っていけたらと思っています。どうぞよろしくお願い致します。

検査部 大野千加子

病児保育や夜間保育などの利用者も年々増加し、知名度も上がって来ていると思いますが、まだまだ知らない方も多いのが現状です。
知っていて利用しないのと、知らなくて利用できないのとでは随分違うと思いますので、より多くの方に知っていただき、必要に応じて利用していただける環境を整えていきたいと思います。

放射線科 太田さとみ

今年度より男女共同参画委員会に参加をさせて頂きます。
放射線科では今まで女性技師が多くなく、産休など取る方がいませんでした。ここ数年で女性技師も増え、産休を取る方も出始めました。今回この委員会に参加する機会を頂けたので、放射線科ではあまり知られていない委員会の活動を自ら知り、部署内に広めていきたいと思います。男女ともに働きやすい体制づくりに貢献できたらと思います。よろしくお願いします。

薬剤部 高橋友梨

病児保育の増床、24時間保育が開始して4年目をむかえますが病児保育や24時間保育の利用の仕方や全く何も知らない方もまだまだいらっしゃると思います。利用できる制度をしっかりと広報して多くの方に働きやすい職場と思ってもらえるように委員会活動を行っていきたいと思います。

臨床工学部 片山亜希子

昨年より委員会に参加しておりますが、労務に関する制度に関してはまだまだ無知であり発信する立場ではありますが、委員会を通して日々勉強させて頂いてる現状であります。今後は、委員会で得た情報を活かし院内に向けて働きやすい環境整備のサポート役として努めさせて頂きたいと思います。よろしくお願い致します。

リハビリテーションセンター 山田修

男女共同参画委員会に参加させていただいてから早いものでもう3年目になります。
この2年の間に、病児保育や夜間保育、短時間正職員制度、介護休業制度など、私が独身のために今まで知らなかったことをいろいろ教えて頂きました。
さらに昨年からは分科会活動にも参加させて頂いております。昨年度より新設されました「くるみん認定を目指す分科会」です。あまり成果は上げられていないのですが、男女共同参画委員会は女性のメンバーが多いので、男性職員としての視点から、男性の育児休暇制度の普及や啓蒙活動に微力ながら引き続き取り組んでいきたいと思っております。
どなたか育児休業制度を使ってみたいなという男性職員の方はおられませんでしょうか?
あなたの勇気ある行動をお待ちしております。
どうか温かい目で見守っていただければと思っておりますので、よろしくお願い致します。

栄養部 京面ももこ

29年度より委員として参加させていただく事になりました。
核家族化が進む中、子育てや介護等、キャリアなど、ワーク・ライフ・バランスが多様化してきている昨今において課題は多いと思います。
色々と勉強不足ですが、職場と職員がWINWINな関係を築けるように活動していきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

事務部 森本安紀

昨年の7月に育休より復帰し、2歳になる娘の子育て真っ只中です。短時間勤務の制度もありましたが、家族の理解そして職場の皆様の理解と協力のおかげで通常勤務で復職することが出来ました。市内の認可保育園は年度途中では空きが無いため復職時期を悩んでおりましたが、院内保育があったおかげで約1年間育休を取得でき子供と関わる時間を持てました。
29年度より男女共同参画委員会に参加する事となりましたが、様々な院内の制度を私自身も把握出来ていないので、自分が知ること、そして職員の皆様へ広報し活用してもらえるよう努力していきたいと思います。

SMC 松下由依

一昨年に子供を出産し、育児休暇を経て4月に復帰いたしました。復帰後は休職前同様に仕事をしたいと思いながらも、子供の体調不良等でお休みさせて頂くこともあり、仕事と子育ての両立に頭を悩ませながら奮闘している現状です。委員会のメンバーとして生のワーキングマザーの声を活かし、皆が気持ちよく働ける環境作りをお手伝いさせて頂ければと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

事務部 鏡原裕子

昨年7月より委員として活動させていただいております。
普段は人事課職員として、採用業務に携わっていることもあり、職員だけでなく、今後職員になっていただける方(北野病院への就職をお考えの方)に対して、より働きやすい環境作りができるよう、少しでも貢献できればと考えております。引き続き、よろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ