文字の大きさ
標準
拡大

ご挨拶

研究所副所長のご挨拶


研究所副所長、副院長、
呼吸器センター長
福井 基成

大正14年に設立されました田附興風会医学研究所は、これまで臨床研究と基礎研究を両輪として医学の発展に寄与してきました。当研究所の強みは、なんと言っても研究所の附属病院として大阪でもトップクラスの陣容を誇る北野病院を有していることです。北野病院の各診療科や各部署とも密接な関係を持ち、非常に豊富な臨床症例に基づく臨床研究が数多く行われております。基礎研究に関しては、臨床経験などから得られた新たな発想や仮説を検証・発展させるべく、別館研究所を中心に動物実験や遺伝子研究などが日夜行われております。

これをさらに発展させるために、武曾前副所長を中心に別館研究所の整備、研究機器導入、研究補助体制の確立などをより積極的に行ってまいりました。その結果、研究に不可欠なリアルタイムPCR、フローサイトメーター、ウェスタンブロット、ルミノメーター、バイオプレックス、コンフォーカル顕微鏡、バーチャルスライド装置などの整備も進んでおります。

2年前に研究所副所長を引き継ぎましてから、これらの事業を継続するとともに、研究運営体制の強化を図っております。まず、基礎研究の中心となる別館研究所は、渡邊武特任研究指導者、黄政龍別館研究所統括責任者、尾上雅英薬物管理責任者、内田洋一朗動物実験責任者が中心となって運営する体制を整えております。

また、国から出された「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」や「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に対応し、医学研究サポート体制を確固たるものとすべく、平成28年4月に医学研究支援センターを設立しました。これにより研究所の事務・運営企画機能、研究デザインや統計に関する相談、監査・モニタリング機能、データセンター機能などの強化を図っております。

さらに、臨床研究に不可欠な臨床データベースの拡充を図っております。病院内にデータ管理センターを立ち上げ、日々生じる膨大な臨床データを構造化して集積することを推進すると共に、各種データ抽出を支援し、臨床研究や経営などに繋げたいと考えております。また、京都大学などとのデータ連係も模索しております。

北野病院の医師や各部署職員は、患者さんのために日夜診療に勤しんでおります。しかし、その忙しい毎日においても、当研究所の所員として、常に科学者としての目を持つことが大切であると考えております。その結果、常識にとらわれない斬新な発想や考え方が生まれ、それがひいては医学の進歩に寄与するような研究へと繋がることを期待しております。

今後とも当研究所の活動にご理解ご協力を賜りますようよろしくお願いします。

研究所副所長、副院長、呼吸器センター長
福井 基成

ページの先頭へ