教育

文字の大きさ
標準
拡大

ご挨拶

田附興風会 医学研究所 北野病院 副院長 医師研修管理委員会委員長  麻酔科主任部長・中央手術部長  足立 健彦

 2004年の医師の新臨床研修制度の開始に伴い、当院でも初期研修プログラムを開始し、多くの新卒医師の方々が当院のプログラムで研修してこられました。2008年からはプログラムを「内科系総合プログラム」、「外科系総合プログラム」、「小児科・産婦人科総合プログラム」、「自由選択プログラム」の4つに分けて全国公募を行い、筆記試験と面接試験を行ってマッチング順位を決定しております。

 全てのプログラムに共通して、最初の1年間は内科6ヶ月(循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、神経内科各1.5ヶ月)、救急部門4ヶ月(救急部と麻酔科2ヶ月ずつ)をローテートします。

1年目の残り2ヶ月はプログラムごとに異なり、

  • ・内科系総合プログラムでは、産婦人科・精神科各1ヶ月
  • ・外科系総合プログラムでは、消化器外科2ヶ月
  • ・小児科・産婦人科総合プログラムでは、希望に応じて小児科または産婦人科2ヶ月
  • ・自由選択プログラムでは、自由選択2か月 となっています。

2年目は、地域医療1ヶ月のみが全てのプログラムに必須です。

  • ・内科系総合プログラムでは、内科系6ヶ月(糖尿病内分泌内科、腎臓内科、血液内科、リウマチ膠原病内科各1.5ヶ月)
  • ・外科系総合プログラムでは、外科系6ヶ月
  • ・小児科産婦人科総合プログラムでは、小児科および産婦人科合わせて5ヶ月と小児外科1ヶ月
    をそれぞれ必修としています。

全てのプログラムで、残りの期間は病院として必修としている精神科、小児科、産婦人科のうち、まわっていない科を1ヶ月ずつまわる以外は自由に選択できます。このように、研修医の皆さんの志望に応じて大きく分かれてはいますが、その中で自由度を最大限残したプログラムです。

 また、救急部での2ヶ月の研修に加えて、2年間を通じた救急当直での研修(内科系・外科系レジデントとともに救急当直を行い、最初の2ヶ月は見習い当直を経験します)によって、十分なプライマリ・ケアの研修ができます。麻酔科の2ヶ月では、多いときは1日に4例もの症例を経験でき、気道確保や気管挿管について十分に自信を持てるだけの研修ができます。

 その他、週1回行う水曜日昼の「救急症例カンファレンス」、各科のスタッフが月2回土曜日に救急の基本について行う「救急講義」とともに、各科のスタッフや外部講師による基本的な技術・知識の「コアレクチャー」も行っています。コアレクチャーでは、時に院外からの著名な教授・研究者をお招きすることもあります。このように当院での研修では十分なプライマリ・ケアを学ぶと共に各科の専門的な最先端の医学にも触れることができるものと自負しております。

 2年間の初期研修を終えた後は、「シニアレジデント」として3年間の後期研修が可能です。プログラムは各々の科によって異なり、日本専門医機構の専門研修プログラムが公開されるまでは詳細は不明ですが、内科、小児科、麻酔科、脳神経外科、耳鼻咽喉科などでは、当院が基幹研修施設となるプログラムを提供することが確定しています。後期研修終了後の進路は、当院スタッフ、大学院進学、他病院等スタッフ等、各自の希望に応じて可能であり、病院としてサポートします。

 研修環境としては、医局はワンフロアにあり、初期研修医は医局でも一カ所に集まるよう配慮しています。医局で気軽に上級医や他科医師に相談できるのも本院の特徴です。院内の各コンピューター端末からはE-Journal, PubMed, Up to Date等に自由にアクセス可能で、いつでも最新の文献にあたることができます。

 このような当院の充実した教育システムは医師対象のもののみでなく、看護部門では独自のプログラムにより、教育・研修が計画的に行われています(研修プログラム:看護部門参照)。さらに臨床検査技師を始め、他のあらゆる部門においても教育・研修が行われています。その他院内ではNST講演会、リスクマネジメント講習会、緩和ケア講習会など種々のテーマの教育プログラムが実施されています。

 以上のように、今後とも充実した研修が可能なように病院として全力を傾注して参りますので、全国から向学心に燃える方が、北野病院研修プログラムに応募されることを心よりお待ちしております。

田附興風会 医学研究所 北野病院 副院長

医師研修管理委員会委員長
麻酔科部長・中央手術部長
足立 健彦

(2017年5月)

ページの先頭へ