教育

文字の大きさ
標準
拡大

小児科・産婦人科総合プログラム

プログラム責任者 副院長 兼 小児科主任部長 秦大資

北野病院小児科・産婦人科総合プログラムは、小児科又は産婦人科専攻医を目指す研修医に対して小児科・産婦科研修に重点をおいたプログラムである。

1年目に必修科目として内科部門6ヶ月、救急部門4ヶ月(救急部2ヶ月、麻酔科2ヶ月)、小児科又は産婦人科2ヶ月、2年目に必修科目として小児科又は産婦人科5ヶ月(1年目と2年目の小児科、産婦人科研修期間合計7ヶ月中、小児科プログラムでは小児科5ヶ月、産婦人科2ヶ月、産婦人科プログラムでは小児科2ヶ月、産婦人科5ヶ月)、小児外科1ヶ月、地域1ヶ月、精神科1ヶ月、集中治療部1ヶ月と自由選択3ヶ月の研修を設定している。2年間を通じて初期研修の目的である医師としての基本的なプライマリケアの能力を身につけると共に、小児科又は産婦人科領域の基本的知識、手技を重点的に学び、将来の小児科又は産婦人科専攻医に向けての土台づくりを行うことができる。

選択科目

消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、神経内科、腎臓内科、血液内科、リウマチ膠原病内科、糖尿病内分泌内科、腫瘍内科、小児科、産婦人科、精神科、救急診療科、麻酔科、ICU、消化器外科、乳腺外科、小児外科、呼吸器外科、心臓血管外科、整形外科、脳神経外科、形成外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、病理診断科、放射線科、臨床検査部、眼科、皮膚科

研修スケジュール概要

2019年度よりプログラム内容を変更します。

《 1年目 》

  • 内科部門  6ヶ月(呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、神経内科:各科1.5ヶ月)
  • 救急部門  4ヶ月(救急部、麻酔科:各科2ヶ月)
  • 小児科または産婦人科 2ヶ月

(1年目:研修スケジュール例)

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科部門(呼吸器・循環器・消化器・神経内科) 救急部門(救急部・麻酔科) 小児科または産婦人科
6ヶ月(各科1.5ヶ月) 4ヶ月(各科2ヶ月) 2ヶ月

《 2年目 》

  • 小児科または産婦人科 5ヶ月(※1年目に選択していない科)
  • 小児外科 1ヶ月
  • 精神科 1ヶ月
  • 地域医療 1ヶ月
  • 救急部門 1ヶ月(ICU)
  • 自由選択 3ヶ月

(2年目:研修スケジュール例)

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
小児科または産婦人科
(※1年目に選択していない科)
地域医療 精神科 小児外科 救急部門(ICU) 自由選択
5ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 3ヶ月
   … 全プログラムにおける必修
 
   … 選択必修だが、本院では必修としたもの
 
   … そのプログラムにおける必修

募集定員

3名

ページの先頭へ