文字の大きさ
標準
拡大

神経精神科

お知らせ

バックナンバー

  • 現在、最新のお知らせはございません。
    これまでのお知らせはバックナンバーをご覧ください。

休診情報

  • 休診に関するお知らせはありません。
教育はこちら

神経精神科を一言で言えば、「こころ(精神)の病気や障害」を担当する診療科です。少しまぎらわしいのですが、神経や脳そのものが侵される病気については、脳神経外科や神経内科が担当することになっています。神経にかかわるこの3つの診療科は、歴史的には、もともと神経学(ニューロロジー)という一つの分野に属していたものです。
ところで「こころの病」も、脳の病という側面を持っています。「神経症」と呼ばれている典型的に心理的な病気も、今日、ある程度まで薬物(脳に作用する薬)を使って治療することができるようになっています。
逆に、古くは脳の何らかの異常に基づいて起こるとされた「精神病」でも、さまざまな心理的・社会的治療が必要であり、また有効であるということが認識されるようになっています。ですから、脳の病気と心の病気は、それほど明確に分けることができなくなっているとも言えます。 今後、精神医学は、脳科学や神経科学(ニューロサイエンス)の流れに統合されていくことになるでしょうが、同時に、心理学や社会行動論との結びつきもますます深まっていくことになるものと予想されます。
当精神科では精神障害者の権利を擁護し、より多くの人に開かれた精神科を目標としています。精神疾患を生まれつき変わった人だけがかかる特殊な病気ではなく、誰もがなり得る決して珍しくない病の1つとして捉え、1人でも多くの人が自ら安心して適切な治療を受けることが出来る環境を提供してまいります。

リエゾン・コンサルテーション精神医学について

精神疾患はよく「心の病」と言われますが、体の病気を原因として、何らかの精神症状を生じることは決して少なくありません。高齢者や手術後に起こりやすい「せん妄」「末期癌」など重篤な疾患や糖尿病などの内分泌性疾患で、かかりやすいうつ状態などがその例です。当院では、総合病院の精神科という特性を生かして、心身総合治療(リエゾン・コンサルテーション)に積極的に取り組んでいます。

特色 (主な治療・医療機器・先駆的な取組み 等)

  1. 扱う疾患は、各種検査(CT,MRI,脳波など)で異常が認められないにも関わらず、様々な精神、身体症状を有するものです。
    【対象疾患】統合失調症、双極性感情障害(躁鬱病)、うつ病、神経症性うつ状態、不安障害、パニック障害、強迫性障害、解離性障害、身体表現性障害、摂食障害、人格障害等
  2. 特殊な例として、痴呆に伴う精神症状、身体疾患を基礎として生じる精神症状なども扱っています。
    アルコール依存症など一部の精神疾患については、当院では治療対象としていないものもあります。
    予め病名が判明している場合、受診前に電話でお問い合わせ下さい。
  3. 総合病院の精神科として、これまでどおり身体疾患を合併した精神疾患の治療にも取り組んで行くつもりです。
  4. 時間外の診察はお断りしていますので予めご了承下さい。
  5. 「ナルコレプシー」「うつ病」の治療薬として、リタリン(塩酸メチルフェニデート)を使用しておりません。

業務実績(治療実績・学会/著作/研究活動 等)

ページの先頭へ