文字の大きさ
標準
拡大

臨床工学部

お知らせ

一覧はこちら

  • 現在、この項目のお知らせはありません。

2001年9月の新病院開院と共にMEセンターが設立され、医療機器の中央管理をメインに活動しておりましたが、スタッフである臨床工学技士の所属は各診療科に分散しており、組織としてはまだ未完成でした。2005年4月1日より、MEセンターは『臨床工学部』となり各部署に配属されていた臨床工学技士は全員臨床工学部配属となりました。各診療科の業務を相互に補完できるような体制をつくっていくと共に、医療機器管理のさらなる効率化を目指していきます。
現在は人員も増え更にMEセンター室の部屋も広くなり、部長(医師)1名 臨床工学技士15名 電気工事士技術員2名の計18名で構成しています。部長は、泌尿器科部長と兼務し、臨床工学技士は各部署に配属され業務を行っています。

MEセンター部門

MEセンターの業務内容は、医療機器の修理、定期メンテナンス、病棟での不具合対応、各部門への機器の貸出・返却・所在把握、機器購入時の機器選定、院内スタッフに対する医療機器の操作安全講習、マニュアルの作成など、院内の医療機器に関連する業務の多岐にわたっております。また、新生児集中治療室・集中治療室・救急救命室・救急車内などは特に特殊で高度な機器があるため、現場に赴き機器の保守管理を行なっております。

また、他職種で構成されるRST(呼吸療法サポートチーム)にも参加し、医療機器の安全管理に全力をあげております。

機器管理では、病院機器管理専用のデータベースソフトを使い、現在登録されている機器1358品目約3700台の機器を購入から点検・修理・廃棄まで管理しています。
2012年には管理ソフトをリニューアルし、さらに合理的な管理を実現いたします。

代表的な管理医療機器は、輸液ポンプ・シリンジポンプ・ベットサイドモニター・セントラルモニター・人工呼吸器・へパフィルター・肺塞栓予防用空気圧式機器・褥瘡予防用エアーマット・パルスオキシメーター・ヘモクロン・超音波式ネブライザー・吸引機・体動感知式ナースコール・保育器など約20品目約823台があります。

 

コンセント棚

機器の保管時には、バッテリー内臓の機器は常用電源に接続し満充電状態で貸し出せるようにコンセントを棚に設置し常にフル充電を心掛けております。

輸液ポンプテスター

輸液ポンプ・シリンジポンプなどの流量、閉塞圧、などの点検するのに欠かせないテスターを購入し全な機器を維持し、且業者の点検依頼を無くしコストダウンを図っています。

消耗品の棚

視覚的にも分かりやすい在庫管理を目指しています。

MEセンターでは機器の保守管理を通じ、医師・看護師・コメディカルスタッフが治療・看護に専念できる環境作りを目指し、安全な医療を患者様に提供できるよう日々努力しております。
当院で使用する頻度の高いME機器等については、メーカーが行っているメンテナンス講習を定期的に受け、定期点検・修理・部品交換に高いレベルで対応できるよう心がけ、また他病院を見学しよい所を積極的に吸収する様努力しています。

2011年度の業務実績

2011年度の業務実績は、貸出返却回数14977回 【院内での定期点検件数309件 機器の点検修理 260件 病棟に出張修理218件】 業者に修理出50件でした。

貸出・返却業務 平成20年度 6619件
平成21年度 10270件
平成22年度 12305件
平成23年度 14977件
定期点検実施 平成20年度 125件
平成21年度 227件
平成22年度 383件
平成23年度 309件
機器修理 平成20年度 250件
平成21年度 195件
平成22年度 254件
平成23年度 162件
病棟出張修理 平成20年度 154件
平成21年度 172件
平成22年度 210件
平成23年度 208件
業者修理依頼 平成20年度 79件
平成21年度 46件
平成22年度 58件
平成23年度 52件
新規購入台数 平成20年度 310台
平成21年度 295台
平成22年度 354台
平成23年度 321台
  

手術・循環器部門

近年、高度医療において医療機器は欠かせないものとなり、病院ではいたるところで医療機器が使用されています。我々手術・循環器部門の臨床工学技士は心臓カテーテル室や手術室での医療機器の操作及び保守管理を行うことで、日々円滑に診断や治療が行えるよう奮励しています。
当部門では現在7名の臨床工学技士がローテーション制の下、中央手術部と心臓センターの2部門を担当しています。また、夜間や休日においても24時間365日オンコール体制により緊急心臓カテーテル治療や緊急心臓手術に迅速に対応しています。

心臓センター領域

心臓センター領域での業務内容は心臓カテーテル業務を始めとして、植込みデバイスやカテーテルアブレーションなどの不整脈に関連した業務、IABP・PCPSの補助循環業務、心臓血管外科手術時の人工心肺業務など多岐にわたります。

心臓カテーテル室関連業務

心臓カテーテル室では様々な循環器疾患に対する検査や治療が行われています。ここでは生体情報モニターやアンギオ装置、血管内超音波装置などの操作を担当し、冠動脈造影や冠動脈インターベンションを始めとした全ての検査、治療のサポートをしています。
さらに、重症心不全例に対して使用されるIABPやPCPSといった補助循環装置の準備や運転も大切な役割となり、特に、PCPSの作動中は臨床工学技士が24時間体制でこのシステムの管理を行います。

不整脈関連業務

不整脈に関連する業務は、ペースメーカやICD、CRT-Dなどの植込みデバイスに関連した業務と、カテーテルアブレーションに関連した業務に分かれます。
植込みデバイスに関しては植込み手術から外来での定期フォローアップまで携わっています。
23年度からは遠隔ホームモニターの導入を開始しております。
カテーテルアブレーションでは心内電位記録装置や通電装置、3Dマッピングシステムなど使用される全ての機器の操作を担っています。

小児心疾患における診断・治療

心臓センターと小児循環器が連携して新生児や先天性心疾患に対する術前診断や術後評価のカテーテル検査、また不整脈に対するカテーテルアブレーションなど行なっています。

人工心肺業務

人工心肺装置は患者様に与える侵襲が非常に大きい為、少しのトラブルが重大な結果を招きかねません。
我々は手術をより安全かつスムーズに行えるよう業務に立会っております。
臨床工学技士の役割としては、人工心肺装置や心筋保護液供給装置の操作、自己血回収装置やフローメータ、心筋焼灼装置などの周辺機器の操作になります。

手術室領域

手術室では術式に応じて多種多様の医療機器が使用され、それらのトラブルは手術の進行に重大な影響を与えます。
我々は患者様が安心して手術を受けられるよう常に機器の保守管理を実施し、手術中に生じた機器の不具合に対しても迅速に対応しています。特に、最近の傾向として各科において内視鏡を用いた低侵襲手術や顕微鏡を用いた手術症例が多く行われ、それらの装置や関連機器についても安全に使用できるよう努めております。

        

血液浄化センター部門

当院の血液浄化センターにはベッド数30床+個室1床があり、月・水・金は2クール、火・木・土は1クールで稼動しています。
現在、臨床工学技士6名が配属され、約70名の外来通院患者様に加え、検査や手術により入院の必要な患者様が血液浄化療法を行っています。

我々の主な仕事として次のような業務を行っています。

  • 血液浄化療法の準備、開始から終了まで
  • 各病棟への出張血液浄化
  • 透析液の管理
  • 血液浄化装置の定期点検、オーバーホールなど

血液浄化センターでは、血液透析の他に血漿交換療法(単純血漿交換、免疫吸着療法)やLDL吸着療法、血液吸着療法(GCAP,LCAP、エンドトキシン吸着など)、末梢血幹細胞採取などもおこなっています。また難治性腹水に対して、腹水濾過濃縮再静注法もおこなっています。

血液浄化センター以外にも、手術後や心疾患などを合併した重症患者様に対して、ICUやCCU、小児病棟などでも血液透析や血漿交換をおこないます。
また緊急を要する症例には24時間オンコール体制で対応しています。また出張血液浄化時には臨床工学技士が開始から終了までベッドサイドで担当しています。

多人数用透析液供給装置および患者監視装置の保守点検

災害対策

最近地震が頻発していることから災害対策にも力を入れています。

安全に血液浄化療法をおこなえるよう、地域の中核病院として災害時にも対応できるよう対策しています。
患者周辺の安全を考慮して地震の揺れに患者監視装置が倒れないようにキャスターのロックをOFFにし、給排液のホースの長さも適当にとっています。
また患者専用のテレビも安全のためアーム式にしています。

患者様周辺の安全対策

患者監視装置の転倒防止策

2011年に施行した血液浄化療法、のべ件数

項目 詳細
血液透析 外来 9666件
  入院 2649件
  ICU 278件
  CCU 45件
  SCU 6件
  一般病棟 12件
アフェレシス 単純血漿交換療法 56件 (血液透析併用 5件)
  二重濾過血漿交換療法 7件 (血液透析併用 3件)
  免疫吸着療法 49件
  LDL吸着療法 48件(血液透析併用 48件)
  GCAP 121件
  エンドトキシン吸着療法 1件
  末梢血幹細胞採取 15件
  腹水濾過濃縮再静注法 19件

業務実績

ページの先頭へ