文字の大きさ
標準
拡大

救急部

お知らせ

バックナンバー

  • 現在、最新のお知らせはございません。
    これまでのお知らせはバックナンバーをご覧ください。
教育はこちら

ある日突然襲ってくる病気や怪我は、たとえそれが軽症でも重症でも、ご本人にとっては大変大きな苦痛と不安を抱えることになります。そんな患者様が安心して受診できるよう、当救急部では、24時間365日、充実した救急医療体制をとっています。一般的に救急部門は、重症の患者様ばかりを診ている診療科と思われがちですが、実のところ重症の方は救急外来受診数全体の約1割で、残り9割は軽症もしくは中等度です。そして、全体の3/4の方は、歩いて来院されます。
救急部とは、患者様にとって緊急時の備え、「転びかけた時に、まず最初に頼れる杖」のような診療科なのです。症状がかなり悪くなるまで我慢し過ぎて、救急搬送された時には重症化している患者様をお見かけすることがありますので、あまり遠慮や無理な我慢はせずに、早期の受診を心がけてください。

特色(主な治療・医療機器・先駆的な取組み 等)

時間内は、救急部専属の医師(日本救急医学会指導医)が中心となり、救急疾患の初期診断と治療を行っています。
より専門的な技術が必要な場合は、各診療科の専門医師も治療にあたります。
一方、夜間・休日といった時間外では、内科系・外科系の医師、脳神経外科医、循環器内科医、産婦人科医、小児科医、麻酔科医等、計12名の医師が当直しています。全診療科の専門医が病院内に待機しているわけではありませんので、当直医が一般的な救急治療を行うことになりますが、専門的な治療が必要となった場合は、当番の専門医と連絡をとりながら治療を行うようにしています。
近隣の救急本部とも緊密な連絡体制をとっており、地域の救急医療の一翼を担うべく努力しております。

救急医療体制

症状の軽重や搬送できる距離など、さまざまな条件によって治療のできる医療機関が異なります。日本では地域ごとに、患者様の「重症度」「緊急度」に応じて以下の3つに分類され、それぞれの機能を分担しながら救急対応しています。
当院は、主に一次救急、二次救急として受け入れております。
【一次救急医療】 入院治療の必要がなく、外来で対処できる患者様を受け入れる。
【二次救急医療】 入院治療を必要とする重症患者様を受け入れる。

業務実績(治療実績・学会/著作/研究活動 等)

ページの先頭へ