「看護部」の一覧

役職

看護統括部長

資格等

認定看護管理者

専門領域
役職

看護部長

資格等

認定看護管理者

専門領域
役職

副看護部長

専門領域
役職

副看護部長 医療安全管理室専従

資格等

医療安全管理者
日本DMAT(災害派遣医療チーム)登録隊員

専門領域
役職

師長

資格等

地域医療支援担当

専門領域
役職

主任

資格等

地域医療支援担当

専門領域
リソース紹介

退院調整看護師の役割は、患者さま・ご家族が安心して療養生活を送ることが出来るよう、医療面の管理だけでなく、病態のアセスメントや病状予測を踏まえ、患者の生活をイメージしてつなぐこと。退院=出すではなく「つなぐ」シームレスな地域連携を目指し、患者さま・ご家族の生活に必要な人・物・資源のコーディネートを担っています。 近年の社会環境は今後更に変化し、超高齢化社会、独居や老々介護、家族関係の希薄さ、病院に於いては在院日数の短縮化、療養病床の減少など、難渋する退院調整が益々増えると推測されます。それに伴い、患者さま・ご家族の抱える問題や不安も多用化し、限られた入院期間では解決できない問題も出てくるでしょう。 今後は入院早期からの関りだけでなく、通院中から患者さまの問題をつかみ、今後必要になるであろう、医療や介護、地域関係機関との連携など、病気と生活をみる「看護の力」を発揮し、患者さま・ご家族の意向に添える退院調整を支援して参ります。

資格等

糖尿病看護認定看護師

専門領域
役職
化学療法センター師長  化学療法センター副センター長
資格等
がん化学療法看護認定看護師
専門領域
所属学会
日本がん看護学会
専門

がん化学療法看護

リソース紹介

がん化学療法看護は、がん化学療法が治療の選択肢となったその時点から、がん化学療法の治療期、その後の経過観察の時期の看護を専門としています。日頃は、外来化学療法室で個々の副作用症状にあわせた具体策を患者さんや家族の方と一緒に考えサポートし、看護スタッフに対しては、抗がん剤の安全な取り扱いや副作用についての教育などをおこなっています。治療法や薬自体も難解であるために、患者さんや家族の方が理解することが難しい中、インフォームド・コンセントにおいても専門的知識を持った私達、がん化学療法看護認定看護師の果たす役割は大きいと考えています。 また、がん化学療法を受ける患者さんを支えるためには、医師や薬剤師をはじめ、栄養師やソーシャルワーカーなどの多職種が協働して関わり、患者さんだけでなく患者さんを取り巻く家族も含めたケアに取り組む必要があります。そのため、チーム医療としてお互いの役割を理解し、患者さんにとっての最善とは何かを考えていくためにチームの調整役としての活動も、認定看護師としての私の重要な役割となっています。 がん化学療法を受ける患者さんに安心して治療を受けていただけるように、患者さんやご家族の身近なサポート役として貢献していきたいと思っています。

役職

救急部/内視鏡・放射線部 師長

資格等

H22年度 救急看護認定看護師
H23年度 SANE(性暴力被害者支援看護職)
H24年度 国際緊急援助隊 医療班
H23年度 災害支援ナース

専門領域
論文

平成18年09月01日 看護技術 「ただしい医療用テープの使い方」
平成20年06月28日 第53回日本集中治療医学会近畿地方会 看護部門 「 ICUにおける身体拘束実施の意識統一」 共同研究
平成22年01月01日 EMERGENCY CARE 「救急看護認定看護師を目指すナースの研修ライフ リレーREPORT 」
平成22年10月16日 感染防止研究会 「救急外来における看護師の役割〜トリアージから感染対策まで〜」
平成23年10月21日 日本救急看護学会「小児救急患者のトリアージ規定に基づいた教育と看護実践の評価」 共同研究「CPR市民講座受講者の傾向と考察」 共同研究

リソース紹介

救急看護認定看護師をH22年度取得しました。救急看護は、突然に発症した疾病や外傷、災害医療など様々な場面の初期医療にある患者様とその家族に実施されます。ここでの看護の質が、患者の治療、経過に大きく関わってきます。そのため、病態の緊急度・重症度を限りある時間・情報からアセスメントを行い、予測・準備・即応性を持った対応を行い、身体的・精神的・社会的な障害を最小限にとどめるケアを臨機応変に対応することが求められます。医療を受けられる患者様とその家族へ最善の医療・看護を提供できるよう日々スタッフと共に実践しています。 横断的活動として、「呼吸ケアチーム」をH23年度に立上げ、呼吸ケアを必要とする患者様のラウンドを行っています。「小児虐待対策チーム」や「DV対策チーム」としても院内でコンサルテーションがあれば対応しております。 教育活動としては、院内外での医療従事者に対して、「救命技術」「フィジカルアセスメント」「トリアージ」「救急看護」「災害看護」の指導を行い、救急看護の質の向上を図っています。 市民に対して、「応急処置法」「救命技術」について教育指導を行っています。

役職

主任

資格等

皮膚・排泄ケア認定看護師

専門領域
専門

創傷・ストーマ・失禁管理

論文

・ストーマ術前オリエンテーションにWOCNが介入した一事例,第53回関西STOMA研究会,大阪,2011
・褥瘡発生の予後因子の検討‐急性期病院における院内発生の分析から‐,第14回日本褥瘡学会学術集会,横浜,2012

リソース紹介

創傷、ストーマ(人工肛門/人工膀胱)、失禁管理を専門にしています。皮膚や排泄に関わるさまざまな問題を、知識と技術を用いてより健康な生活が過ごせるようにサポートすることが私の役割です。スキンケアは、この領域すべてに共通し基礎となる部分であり、健康を害した皮膚ならびに皮膚障害のリスクの高い脆弱な皮膚に対し、健康を取り戻すことを目的にしています。院内では、褥瘡対策をはじめストーマケア、創傷管理、スキンケア方法について患者様、医療従事者の皆さんへ教育的支援を行なっています。入院中のみに限らず、自宅に帰られてからも同じレベルの予防方法や創傷管理ができるように実践・教育・相談を中心に活動しています。病院内はもちろんのこと、地域の皆さんにも専門領域での知識と技術を伝え、起こっているトラブルを早期に解決できるようになることが目標です。現在は、褥瘡対策委員会メンバー、皮膚・排泄ケアコース受講者など同じ目標をもったスタッフとともに看護の質を向上に取り組んでいます。

役職

主任

資格等

感染管理認定看護師

専門領域
専門

感染管理

リソース紹介

感染管理は、患者さんやご家族、すべての医療従事者、病院に出入りされる様々な方を対象にし、それらの方々を感染から守るために活動を行っています。病院という施設の中において、感染対策をしなくてもいい部署はありません。感染管理を必要とする場面は多岐に渡るため、院内で感染対策を専門に行う感染対策チーム(ICT)があります。感染管理認定看護師は、ICTの一員として、あらゆる部署で発生しうる感染に対する問題や情報を集約し、適切な感染対策が実施されるように支援を行っています。 日々、「正しい知識と技術を理解し適切な対策を行う」という一連の流れを感染管理認定看護師だけでなくチームで活動することの大切さを実感しています。患者さんが安心して治療に専念出来る環境を整え、すべての医療従事者が健康で働くことが出来る職場環境の提供を目指し活動を行っていきたいと思います。そのために、院内における感染対策の標準化および向上を目指し、医療の質向上を目指していきたいと考えています。

役職

主任

資格等

緩和ケア認定看護師

専門領域
専門

緩和ケア

リソース紹介

緩和ケアとは、がん終末期患者へのケアではなく、生命を脅かす疾患を持った患者様とそのご家族に対しての様々なアプローチであり、私たちは多くの疾患を持った患者様が治療や療養生活に対して前向きに生活できるための援助を行っています。また援助対象を患者・家族に絞るのではなく、基礎看護の知識と技術に根ざしたスタッフへの支援、専門的知識・技術に根ざした医師などへの支援を行っており、「困っている人」「苦しんでいる人」という視点で援助を捉えた活動を個人及びチーム医療でのケアを提供しています。
また全体の更なる看護の質の向上を目指し、マンツーマンの教育も行い、毎年6月にはケースレポート発表会を行っています。認定看護師の役割は<実践><指導><相談>ではありますが、臨床に必要な事は積極的に取り組み、ケアの質の向上だけでなく、働く看護師の満足度も高められるような役割が担えないかと日々奮闘しています。

役職
主任
資格等
緩和ケア認定看護師
専門領域
役職
主任
資格等
乳がん看護認定看護師
専門領域
資格等
がん性疼痛認定看護師
専門領域
資格等
新生児集中ケア認定看護師
専門領域
資格等
慢性呼吸器疾患看護認定看護師
専門領域
資格等
脳卒中リハビリテーション認定看護師
専門領域
資格等
皮膚・排泄ケア認定看護師
専門領域
資格等

皮膚・排泄ケア認定看護師

専門領域
資格等
救急看護認定看護師
災害支援ナース
専門領域
資格等

精神科認定看護師

専門領域
役職
副看護部長
資格等
糖尿病看護認定看護師
日本NP協議会認定ナースプラクティショナー(プライマリケア領域)
専門領域
専門

糖尿病看護

論文

*糖尿病小集団教室の長期の教育効果の検討-HbA1cの1年間の推移から-,第54回日本糖尿病学会年次学術集会,札幌市,2011
*The activity of recently developed nurse practitioner in Japan evaluation based on practical training in our institute, International Diabetes Federation, Dubai, 2011 *糖尿病合併症予防のための小集団教育の取り組みの検討, 第53回日本糖尿病学会年次学術集会,岡山,2010
*インスリン自己注射患者の療養支援外来-低血糖・シックデイ・自己注射・SMBG手技に焦点をあてて-,第51回日本糖尿病学会年次学術集会,東京,2008
*Recognition of HbA1C among Japanese patients with diabetes and effect of education using brochure on it, 7th International Diabetes Foundation Western Pacific Congress (IDF WPR),Wellington, Newzealand,2008
*非専門医施設における糖尿病療養支援活動の実際とこれからの課題:第11回日本糖尿 病教育・看護学会,京都市, 2006

リソース紹介

現代のわが国は、国民のライフスタイルは多様化し、医療の高度化に伴い、糖尿病の治療法も多様化してきています。そこで、患者様ご自身が糖尿病の知識と技術を駆使した療養生活が治療の成功の鍵を握ります、ご自身のライフスタイルに合った療養生活を安全に、より効果的に送っていただくためには、自己管理能力を高めるための患者教育が非常に重要です。そこで、質の高い患者教育を院内の患者様はもちろんのこと、地域住民や連携先の医療機関の患者様にも提供するために、院内を横断的に活動し、患者教育システムの構築と人材育成に取り組んでいます。  また一方で、わが国の医療の課題である医師の偏在化への対策や、チーム医療の促進のための開始された厚労省の「看護師特定行為試行事業」にも初年度から参加しています。現在内科外来エリアで「特定看護師外来」を開設し、検査結果の説明や治療方針の提案や薬剤の調整、生活指導などの活動を医師と連携して行っています。これらの新たな活動が患者様やチーム医療の中でどのような効果があるのかの検証を今後行っていく予定です。患者様の一番身近に存在する看護職が更に患者様のために活動ができるよう日々奮闘しています。

ページの先頭へ