文字の大きさ
標準
拡大

心臓センター

お知らせ

バックナンバー

  • 現在、最新のお知らせはございません。
    これまでのお知らせはバックナンバーをご覧ください。

休診情報

  • 休診に関するお知らせはありません。
教育はこちら

一口に心臓病といっても、動脈硬化が原因となる虚血性心疾患、心臓の収縮のリズムが乱れる不整脈、生まれつき心臓に問題のある先天性心疾患、心筋・心臓弁膜・心膜の病気など、さまざまな種類があります。大動脈や足の血管の診療もします。腎臓を除く、首から下の血管と心臓に関わるすべての病気を診ているのが、当センターです。北野病院の心臓センターでは、循環器内科・心臓血管外科・心臓リハビリ・小児循環器が1つになっています。あらゆる循環器疾患に対応し、先進医療を心がけて総合的な治療にあたっています。「すべてをこなせる」つまり、予防、緊急から慢性期まで、内科・外科・リハビリスタッフが連携を取り、全員でケアします。心筋梗塞や心不全というような生命に関わる疾患でも、運動療法を取り入れ、術後や病気後のQOL(生活の質)の改善に努めています。

ページの先頭へ