文字の大きさ
標準
拡大

呼吸器外科
地域の先生方へ

呼吸器外科の対象疾患は肺癌、縦隔腫瘍、膿胸、気胸、胸壁腫瘍、手掌多汗症があります。当科ではガイドラインで提唱されている標準的治療を原則としていますが、医学研究所である北野病院の専門性を活かした最新の外科的治療の提供を心がけています。

中でも肺癌は本邦における主な癌の一つで、当呼吸器センターでの手術症例も年々増加しております。私たち呼吸器外科は、呼吸器内科と放射線科、腫瘍内科との連携で治療方針を決定しています。更に、術後は集中治療部にも協力を頂き、目の前の患者さんに最善の外科的治療を行なっています。早期の肺癌に対しては、低侵襲である胸腔鏡手術を標準術式としています。一方、進行期肺癌に対しては標準的手術だけでなく拡大手術と、化学療法、放射線治療も含めた集学的治療を積極的に行っています。化学療法では遺伝子異常や抗癌剤の対する感受性も考慮した個別化治療(バイオマーカーによる肺がん個別化化学療法)を行っています。

また、肺癌の患者さんのQOLを考えるとき、入院治療と在宅治療のスムーズな移行が非常に大切であり、地域包括医療を確立することがとても重要です。そのため、当科では緩和ケアチームと地域医療機関と協力し、地域の先生方や訪問看護師、ケアマネージャーなどの皆さんとの交流、情報交換を大切にしております。

縦隔腫瘍に対しても胸腔鏡下胸腺摘出術を含めた胸腔鏡手術を行っています。また、重症筋無力症は、神経内科との連携のもと、拡大胸腺摘除術を行っています。

気胸などの救急疾患に対しても、地域医療サービスセンター(直通TEL: 06-6131-2955)にご連絡頂ければ、迅速に対応いたします。

呼吸器センター合同カンファランス

呼吸器内科と呼吸器外科、腫瘍内科、放射線科による治療方針の多角的検討
毎月曜日 / 18:00~19:00
院外医師等の参加を歓迎しております。

ページの先頭へ