文字の大きさ
標準
拡大


“形成外科で主に取り扱う疾患”

褥瘡

褥瘡(じょくそう)

床ずれのことです。寝たきりの方や麻痺をもつ方の皮膚に深いきずが出来ることがあります。多くは骨のあたる臀部、骨盤部、肩、かかとなどにできます。はじめはちいさい傷に見えても深い部分で壊死(えし)が進行して、徐々に悪化することがあります。

治療法

小さいものに対しては軟膏等による保存的治療を、大きく深いものに対しては手術を適応します。患者様のニーズや社会的背景を踏まえて適切な対応をさせていただきます。また介護スタッフの方々と連携を取り再発予防に努めます。

→ 疾患一覧へ戻る

ページの先頭へ