文字の大きさ
標準
拡大

NSTとは?・NSTの役割

NSTとは?

NSTは、Nutrition Support Teamの略語です。NSTとは、入院患者様に最良の栄養療法を提供するために多職種で構成された医療チームのことです。北野病院では、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士のほか、臨床検査技師、理学療法士、言語聴覚士が参画し、栄養療法を提案し治療支援を行っています。

NST組織図をPDFでダウンロード

NSTメンバーと役割

NSTは入院患者様の栄養状態を評価し、適切な栄養療法を提言・選択・実施します。
そして患者様の栄養状態の改善・治療効果の向上・合併症の予防・QOL(生活の質)の向上・在院日数の短縮・医療費の削減などを活動目的としています。

職種 氏名/役職 役割
医師 佐藤 正人
小児外科 部長
(NST委員長/NST専任)
  • 対象患者様の問題点の提示
  • 栄養療法に関するプランニングの最終的な決定・評価
内田 洋一朗
消化器センター 副部長
(NST副委員長/NST専任)
本庶 祥子
糖尿病内分泌センター 副部長 兼 栄養部 部長
(NST専任)
阿部 恵
糖尿病内分泌センター 副部長
(NST専任)
山城 春華
呼吸器内科 指導医
看護師 北出 順子
看護師長(NST専任)
  • 対象患者様の抽出
  • 栄養状態・摂食状況の継続的な把握
  • 静脈・経腸栄養ルートの管理・維持
  • 経口栄養への移行推進
  • 生活状況を踏まえた退院時指導
井下 春美
看護師長(NST専任)
宮森 理英子
看護師長(NST専任)
松本 忍
皮膚・排泄ケア認定看護師、看護師長
管理栄養士 山田 信子
管理栄養士(NST専任)
  • 対象患者様の抽出(栄養管理計画書)
  • 栄養アセスメント
  • 経腸・経口栄養療法の詳細なプランニング
  • 生活状況を踏まえた退院時栄養指導
  • チーム活動に関わる事項の調整・整備
御石 絢子
管理栄養士(NST専任)
薬剤師 岡田 千香子
薬剤師(NST専任)
  • 対象患者様の抽出
  • 栄養薬剤・栄養輸液メニューの提案、指導
  • 栄養輸液・混合輸液の投与法の管理
  • 患者様・家族様への栄養薬剤の説明と服薬指導
宮内 由利子
薬剤師(NST専任)
近谷 仁志
薬剤師(NST専任)
臨床検査技師 山崎 みどり
衛生検査技師
  • 検査値からみた低栄養状態の入院患者様リスト提示(患者様基本・検査・処方・注射・食事・手術等)
  • 検査データの情報処理、解析
  • 追加すべき検査、検査の選択、検査の必要性等
垣内 真子
臨床検査技師
理学療法士 松岡 森
理学療法士
  • リハビリテーションの実施
  • InBodyを用いて、栄養評価を実施
吉田 都
理学療法士
徳元 翔子
理学療法士
野村 知里
理学療法士
言語聴覚士 猪崎 愛
言語聴覚士
  • 嚥下状態の評価、嚥下訓練指導

NST ラウンド(NST回診)

  • 週1回、毎週木曜日(15時~)
消化器病棟NST

消化器病棟NST

  • 回診後にカンファレンスを実施
カンファレンスの様子

NST回診についてPDFでダウンロード

NST介入対象者患者様の抽出

各担当者が下記の方法で抽出

担当 方法 内容
看護師 入院時に患者様の
栄養スクリーニング(SGA)
  • 栄養管理計画書のコメントについて、NST介入が必要か検討し主治医・指導医と相談を行います。
  • 栄養状態を判定し、NSTの介入が必要か検討し主治医と相談を行います。
管理栄養士 栄養評価患者リスト
  • リストを用いて、低栄養又はリスクのある方を抽出します。
臨床検査技師 血液検査結果
  • 全入院患者様を対象に血清アルブミン3.0g/dL未満及びその他のパラメータ異常
  • 過栄養(BMI30以上)のリスト

活動報告・勉強会

栄養療法に関する勉強会を2010年より定期的に開催しています。

開催履歴

開催日 講義内容 講師
2017/6/13 PICC勉強会 PICC挿入/管理のコツとトラブルシューティング 消化器センター外科
医師 大野 龍
PICC挿入の心得 消化器センター外科
副部長/NST副委員長
医師 内田 洋一朗
PICCのHands on(トレーニング) PICC挿入手技・・・エコーガイド下でのデモ機を用いた穿刺とPICCの挿入
PICC管理・・・無縫合固定具の交換の実技
 
2017/7/12 特別講演
(外部講師招聘)
『栄養管理と経腸栄養』 大阪警察病院  ER/救命救急科 医長
大阪大学大学院医学系研究科生体統御医学講座救急医学教室
招聘教員 山田 知輝 先生
2017/9/13 病棟看護師が行う栄養管理 13西病棟『経管栄養と排便コントロール』 看護師 山本 絵里香
11東病棟『消化器センター 病棟NSTの取り組み』 看護師 大倉 あゆみ
10東病棟『慢性呼吸不全患者の栄養管理』 看護師 西野 春香
NST『病棟看護師における栄養評価』 12西病棟師長 井下 春美
2017/11/4 「褥瘡における栄養管理」 褥瘡チームと合同勉強会 褥瘡治療に用いる外用剤の選択とその使用方法について 薬剤部 薬剤師 井戸 雅子
NSTと褥瘡 -栄養管理の必要性について- 栄養部/NST専従
管理栄養士 山田 信子
2018/2/14 特別講演
(外部講師招聘)
『がんと栄養』 大阪国際がんセンター
消化器外科 副部長
宮田 博志 先生
2018/3/13 病棟NSTに携わる看護師・理学療法士の活動 13西病棟『病棟NSTカンファレンスの導入から現在に至るまでの取り組み ~2年目看護師として学んだ事~ 』 看護師 義光 伊緒奈
10東病棟『病棟NSTラウンド開始に向けての取り組み』 看護師 古森 あかね
リハビリ『 消化器外科周術期におけるリハ栄養の取り組み 』 リハビリテーションセンター/NST
理学療法士 松岡 森
総括「今年度のNST活動報告 -病棟NSTの拡充に向けた取り組み-」 消化器センター外科
副部長/NST副委員長
医師 内田 洋一朗

学会による認定

  • 日本病態栄養学会 : NST認定施設
  • 日本栄養療法推進協議会 : NST稼動施設

学会発表

活動の取り組みや症例で得た経験を院外に向けて発表や報告をしています。

日程 学会/勉強会 形式・演題/発表者・共同演者
2018年2月22日-
2018年2月23日
(神奈川)
第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会

ポスター
『当院でのNST活動におけるSTの取り組み』

猪崎 愛(言語聴覚士)、内田 洋一朗、松岡 森、山田 信子、御石 絢子、印藤 真理、阿賀 千香子、池上 由利子、北出 順子、井下 春美、宮森 理英子、垣内 真子、山崎 みどり

シンポジウム
『肝胆膵領域癌患者に対する周術期リハ栄養の取り組み』

松岡 森(理学療法士)、内田 洋一朗、山田 信子、御石 絢子、印藤 真理、阿賀 千香子、池上 由利子、猪崎 愛、北出 順子、井下 春美、宮森 理英子、垣内 真子、山崎 みどり

シンポジウム
『医師・看護師・薬剤師への栄養教育の効果的な普及活動』

内田 洋一朗(医師)、山田 信子、御石 絢子、印藤 真理、阿賀 千香子、池上 由利子、松岡 森、猪崎 愛、井下 春美、北出 順子、宮森 理英子、垣内 真子、山崎 みどり

2017年7月6日- 2017年7月7日
(新潟)
第54回日本外科代謝栄養学会学術集会

メディカルスタッフセッション
『肝胆膵領域癌患者における術後合併症発症予測因子の検討 -身体運動機能に着目して-』

松岡 森(理学療法士)、内田 洋一朗、浦 慎太朗、本田 憲胤、寺嶋 宏明

メディカルスタッフ症例検討
『外傷性直腸穿孔、膣・膀胱損傷術後に誤嚥性肺炎を来した認知症高齢者にNSTが介入した一例』

山田 信子(管理栄養士)、内田 洋一朗、松岡 森、北出 順子、井下 春美、阿賀 千香子、池上 由利子、山崎 みどり、垣内 真子、吉田 都、本庶 祥子、阿部 恵、後藤 徹、寺嶋 宏明、佐藤 正人

要望演題
『NST活動を通しての栄養管理の啓蒙普及を目指した取り組み』

内田 洋一朗(医師)、山田 信子、山本 健人、杉本 優希、宮森 理英子、長谷川 美里、北出 順子、井下 春美、松岡 森、吉田 都、阿賀 千香子、池上 由利子、山崎 みどり、垣内 真子、阿部 恵、本庶 祥子、寺嶋 宏明、佐藤 正人

2016年7月2日
(兵庫)
第8回 日本静脈経腸栄養学会近畿支部学術集会

シンポジウム:リハビリ栄養の論と実践
『肝胆膵領域癌患者の周術期における体組成分析装置による解析』

松森 森(理学療法士)、内田 洋一朗、吉田 都、本田 憲胤、寺嶋 宏明

2016年7月7日
(東京)
第53回 日本外科代謝栄養学会学術集会

『柿胃石による食餌性腸閉塞から心肺停止をきたした一例』

福田 美由紀(管理栄養士)、内田 洋一朗、松岡 森、金田 恵美、山崎 みどり、吉田 都、山内 利香、垣内 真子、阿賀 千香子、池上 由利子、北出 順子、井下 春美、野田 祥子、浅野 奈穂子、本庶 祥子、河崎 祐貴子、岡本 拓也、金澤 旭宣、佐藤 正人

2015年7月2日
(東京)
第52回 日本外科代謝栄養学会学術集会

『NST活動に求められる臨床検査技師の役割』

垣内 真子(臨床検査技師)、内田 洋一朗、山崎 みどり、山田 信子、福田 美由紀、阿賀 千香子、池上 由利子、野田 祥子、松岡 森、長谷川 美里、井下 春美、北出 順子、藤川 潤、佐藤 正人

当院におけるNST活動報告

Facebookにて随時公開しています!

ページの先頭へ