お知らせ

厚生労働省よりDPC特定病院群(高度な治療が受けられる)病院に指定

2018.2.20

北野病院は厚生労働省より引き続きDPC特定病院群(旧Ⅱ群)病院と認定されました。
高密度な診療実績が認められた急性期病院のひとつで、次の4つの評価基準から判断されています。

  1. 診療密度
  2. 医師研修の実施
  3. 高度な医療技術の実施
  4. 重症患者に対する診療の実施

DPCとは、大学附属病院と特定機能病院、その他多くの急性期医療病院が採用している、診断群によって疾病を分類する制度です。
平成30年4月1日よりこのDPCを採用している病院は、その診療実績に応じて、以下の三つのグループに分かれます。

  • 大学病院本院群(旧Ⅰ群) 大学附属病院の本院
  • DPC特定病院群(旧Ⅱ群) 大学附属病院以外の特定機能病院と高密度診療病院
  • DPC標準病院群(旧Ⅲ群) その他の急性期病院

ページの先頭へ