公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

【初診外来受付時間】8:45~11:30(※来院前に必ず診療科別受付状況をご確認ください)
【休診日】第2・第4土曜、日曜、祝日、年末年始 【面会時間】13:00~20:00

泌尿器科

医師

泌尿器科 レジデント研修プログラム

京都大学および関連施設における泌尿器科専門医教育プログラム

はじめに

泌尿器科は、主に尿路と男性生殖器に関連する多様な病態を取り扱う専門診療科である。従って泌尿器科医には、医師としての基本的能力のうえに、専門的職業人としての一定水準の経験、技術、知識と、より高い倫理性が要求される。日本泌尿器科学会の専門医制度規約には、「この制度は泌尿器科学の進歩に即応して、泌尿器科臨床の健全な発展普及を促し、高度の知識と技術を修得した臨床医の養成を図り、国民の健康増進に貢献することを目的とする。」と記載されている。この規約に書かれた基本的な目的は今後も変わることは無いが、泌尿器科専門医に求められる知識と技術の水準は、これからの時代の変化に応じて変わっていかざるをえない。

本プログラムは、2年間の卒後臨床研修を終了し泌尿器科医をめざす医師を対象としたもので、京都大学泌尿器科およびその関連施設における計4年間の専門医教育の具体的内容を定めたものである。本プログラムの最終年度には、日本泌尿器科学会が認定する泌尿器科専門医の資格が得られるようにプログラムを運営するが、本プログラムの終了認定が、国内トップクラスの泌尿器科専門医であるという評価となるよう、充実したプログラムとして発展させたい。

本プログラムの実施組織

京都大学泌尿器科を本プログラムの管理、および実施の拠点(センター病院)とし、それに複数の参加施設を加えた専門医教育機構(以降「機構」と略す)が本プログラムを実施する。

研修方法

【1】 研修方法全般

研修期間は原則として4年間であり、前期(2年)と後期(2年)に分割し、前期終了時には中間評価を行う。また、4年間のうち、少なくとも1年以上は京都大学医学部付属病院(センター病院)での研修を必須とする。

【2】 具体的研修方法
  1. 研修病院において指導医は以下の教育機会を提供する義務を有す。
    • 週1回以上のクリニカルラウンド
    • 週1回以上の症例検討会(画像カンファレンスを含む)
    • 月1回以上の抄読会もしくはセミナー(CPC を含む)
    • 年1回以上の泌尿器科学会提供の教育プログラムへの参加
    • 年2回以上の泌尿器科関連学会(単位認定学術集会)参加
    • 4年間で1編以上の臨床論文作成(症例報告を含む)
  2. 前期2年においては指導医の直接管理下での教育を受けることを原則とする。
  3. 後期2年において指導医は主に間接的な立場で指導にあたる。
【3】 評価方法

評価は前期終了時の中間評価と後期終了時の最終評価の2回を原則とし、評価委員会が評価する。中間評価は後期研修のための参考資料として利用する。本プログラムの終了には、日本泌尿器科学会認定の専門医資格を取得することが必須である。

【4】 研修の指標

(ランクA)
 4年間の研修終了後においても泌尿器科専門医の指導の下に行う診療(行為)。
(ランクB)
 4年間の研修終了後には独力で行うことが望ましい診療(行為)。
(ランクC)
 前期研修終了後にも独力で行うことができることが望ましい診療(行為)。

本プログラム参加までに習得しておくべき事項

このプログラムは、すでに2年間の卒後臨床研修を終了した医師を対象にしている。従って、参加者は国の定める卒後臨床研修における到達目標をすでに達成していると判断されるが、本プログラムでは、泌尿器科の専門医教育を受ける前にすでに医師として修得しておくべき基本的な事項が修得されているかどうか、担当する泌尿器科指導医によって再度の確認作業を行う。

【1】 一般的事項
  1. 患者を全人的に理解し、患者・家族と良好な関係を構築できる。(患者-医師関係)
  2. 医療チームの構成員として、他のメンバーと協調して医療に従事できる。(チーム医療)
  3. 患者の問題点を的確に抽出し、問題解決のために行動できる。(問題対応能力)
  4. 安全管理の基本を理解し、安全な医療を遂行できる。(安全管理)
  5. 患者から正確な情報を収集するとともに、基本的な一般診察ができる。(医療実践)
  6. 社会における医師の役割を理解し、種々の法令や倫理に従った正しい行動をとることができる。(医療の社会性)
【2】 評価項目
  1. 患者-医師関係
    • プライバシーに配慮するとともに、守秘義務を実践できる。
    • 患者、家族に対し適切な言葉遣いや行動ができる。
    • 患者・家族への配慮(心理的、社会的)ができる。
    • インフォームドコンセントの基本が理解できている。
  2. チーム医療
    • 指導医に的確に報告、連絡、相談ができる。
    • 他の医療従事者と適切なコミュニュケーションを取れる。
    • 医療チームにおける医師の役割を理解できる。
    • 患者の紹介、転入、転出にあたり的確に情報を交換できる。
    • カルテ、退院要約などの書類を必要期限内に記載できる。
  3. 問題対応能力
    • 患者の臨床上の問題点を抽出し、順位付けができる。
    • EBMを考慮した解決法を実践できる。
    • 自己評価や第三者評価をふまえた自己改善の努力ができる。
  4. 安全管理
    • 医療における安全確認の基本を理解し、実践できる。
    • 医療事故防止および事故後の対処を理解し、実践できる。
    • 院内感染対策を理解し、実践できる。
    • 医療チームとしての安全管理に貢献できる。
    • 重傷度、緊急度の把握ができ、指導医や専門医に相談できる。
  5. 医療実践
    • 医療面接を適切に行うことができる。(問診等)
    • 全身の基本的身体所見を記載できる。
    • 静脈血採取と基本的血液検査の解釈ができる。
    • 動脈血採取と血液ガス分析結果の解釈ができる。
    • 検尿とその所見の記載ができる。
    • 便検査と便性状の記載と解釈ができる。
    • 点滴確保と基本的輸液スケジュールの立案ができる。
    • 輸血の適応と副作用について理解し、実施できる。
    • 導尿が安全にできる。
    • 胃管の挿入ができる。
    • 気道確保と人工呼吸を実施できる。
    • 挿管の基本的手技を理解できている。
    • 心電図をとりそれを判定できる。
    • 胸部写真、腹部写真の基本的読影ができる。
    • 局所麻酔が実施できる。
    • 基本的縫合と結紮ができる。
    • 術前術後管理の基本(特に高齢者・小児)が理解できている。
  6. 医療の社会性
    • 保険医療法規・制度を理解し、適切に行動できる。
    • 処方箋、指示箋を作成できる。
    • 各種証明書の作成(診断書、死亡診断書など)ができる。
    • 医療保険制度を理解し、適切に診療できる。
    • 医の倫理・生命倫理に関して理解し、適切に行動できる。

【 泌尿器科学基礎 】

I. 解剖学

II. 発生学

III. 腎生理学

IV. 生殖生理

【 泌尿器科診断学 】

I. 理学的検査

II. 症候

III. 尿検査

IV. 血液検査

V. 各種分泌物検査

VI. 精液検査

VII. 内視鏡検査

VIII. 画像診断

IX. 腎機能検査

X. 各種生検

XI. ウロダイナミックス

【 経験すべき疾患とその内容 】

1.泌尿器科腫瘍学

I. 解剖学

II. 悪性腫瘍患者のケア

III. 腎腫瘍

IV. 尿路上皮癌

V. 精巣腫瘍

VI. 前立腺癌

VII. 副腎腫瘍

VIII. 前立腺肥大症

2.先天異常(小児泌尿器科学)

I. 小児患者のケア

II. 腎の発生異常

III. 腎盂、尿管の異常

IV. 膀胱、尿膜管の異常

V. 尿道の異常

VI. 陰茎の疾患

VII. 陰嚢、陰嚢内容の異常

VIII. 小児の尿路性器悪性腫瘍

IX. 尿失禁と夜尿症

3.尿路結石

I. 尿路結石の基礎

II. 尿路結石症患者のケア

III. 腎・尿管結石

IV. 下部尿路結石

4.尿路外傷・損傷

I. 腎外傷

II. 膀胱外傷

III. 尿道外傷

IV. 陰茎外傷

V. 精巣外傷

5.腎不全・腎移植

I. 腎不全、透析療法の基礎知識

II. 腎不全患者のケア

III. 透析

IV. 腎移植

6.性分化異常・男性不妊症・男性性機能異常

I.男性性機能異常

II.性分化異常

III.男性不妊

7.尿路性器感染症

I. 尿路性器感染症の基礎

II. 尿路性器感染症の診断、治療

III. 単純性尿路感染症

IV. 複雑性尿路感染症

V. 性感染症

VI. 尿路性器結核

8.神経因性膀胱

I. 神経因性膀胱に関する基礎知識

II. 神経因性膀胱に関する診察

III. 神経因性膀胱の治療

9.女性泌尿器科(女性尿失禁)

I. 女性泌尿器科に関する基礎知識

II. 女性泌尿器科に関する診察

III. 女性泌尿器科に関する治療

【 経験すべき泌尿器科手術と手術件数 】

1.各種到達方法

I. 腎臓、尿管へのアプローチ

II. 膀胱、下部尿管へのアプローチ

III. 陰嚢内容、精索へのアプローチ

2.経尿道的手術
3.体腔鏡手術(腹腔鏡、後腹膜鏡)
4.経験すべき手術と施行手術件数

( 1群 )
手術法の原理とその術式を理解し、執刀医として実施できる。経験例を重ねることによって、術式のオプションに対し適切に対処できるようになる。
( 2群 )
手術法の原理とその術式を理解し、指導医の下で手術を自ら実施できる。術式のオプションについては、指導医の意図を十分に理解しその介助が可能となる。
( 3群 )
手術法の原理とその術式を理解し、手術の助手をつとめることができる。
( 4群 )
手術法の原理と術式を理解しているが、症例数も限られている術式であり4年間の間の目標経験数は設定しない。(教科書およびビデオ)

I.腎・副腎の手術

II.腎盂・尿管の手術

III.膀胱の手術

IV.前立腺の手術

V.精巣・陰嚢の手術

VI.陰茎の手術

VII.後腹膜・リンパ節の手術

VIII.検査

専門医教育機構

専門医教育機構
京都大学医学部附属病院(センター施設)、京都市立病院、京都医療センター、桂病院、康生会武田病院、医仁会武田総合病院、洛和会音羽病院、北野病院、大阪赤十字病院、高槻赤十字病院、関西電力病院、神戸市立中央市民病院、西神戸医療センター、公立豊岡病院、姫路医療センター、滋賀県立成人病センター、大津市民病院、大津赤十字病院、天理よろず相談所病院、日本赤十字社和歌山医療センター、浜松労災病院、静岡県立総合病院、静岡市立静岡病院、島田市民病院、倉敷中央病院

事務局
京都大学泌尿器科教室