公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院

公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院

【初診外来受付時間】8:45~11:30(※紹介状や予約が必要な診療科をご確認ください)
【休診日】土曜・日曜・祝日・年末年始 【面会時間】14:00〜17:00(面会条件あり)

泌尿器科で手術用ロボット「ダヴィンチ」による前立腺がん手術を開始いたしました

当院では、2013年4月に手術用ロボット「ダヴィンチ・サージカルシステム」を導入し操作研修などを進めてきました。
この度、2013年6月から当院 泌尿器科ではダヴィンチを使用した前立腺がん手術を開始いたしました。
(※2012年4月1日より前立腺がん手術のみ保険が適用されています。)

<ダヴィンチ・サージカルシステムとは>
ダヴィンチ(da Vinci)こと、ダヴィンチ・サージカルシステム(da Vinci Surgical System)とは、米国インテュイティヴ・サージカル社が開発したマスタースレイブ型内視鏡下手術用の医療用ロボットです。 内視鏡下手術用ロボットの代表であり、患者への低侵襲な手術を可能にします。システムは、サージョンコンソール、ペイシェントカート、ビジョンカートなどから構成されます。
1~2cmの小さな創より内視鏡カメラとロボットアームを挿入し、高度な内視鏡手術を可能にします。術者は3Dモニター画面を見ながらあたかも術野に手を入れているようにロボットアームを操作して手術を行います。

 ※米国 インテュイティヴ・サージカル社のホームページより引用

 

<当院での研修風景>

       
   

 

関連記事

グリーンライトレーザーを用いた最新手術装置:AMG GreenLight HPSを導入しました。

前立腺肥大症に対するグリーンレーザー治療:身体への負担の少ない、新しい前立腺肥大症手術です

骨転移のある去勢抵抗性前立腺がんに対する「 ゾーフィゴ®静注」(一般名:塩化ラジウム-223)による治療を開始しました。

骨転移のある去勢抵抗性前立腺がんに対する「 ゾーフィゴ®静注」(一般名:塩化ラジウム-223)による治療を開始しました。  「ゾーフィゴ」は世界で初めてアルファ線(α線)と呼ばれる放射線を用いて、骨に転移したがん細胞に対 […]

体外衝撃波破砕装置導入(泌尿器科)のご案内

当院では、平成18年10月1日より体外衝撃波破砕装置による治療(泌尿器科)を開始いたします。 体外衝撃波結石破砕術 (ESWL)とは、体外の装置から尿路結石に衝撃波を集中させ、結石を粉砕する治療法です。 ドルニエ・デルタ […]