教育

文字の大きさ
標準
拡大

内科部門研修(呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・神経内科)

プログラム責任者 松本禎之 福井基成 猪子森明 八隅秀二郎

目的

初年度にすべての研修医に義務付けられる6ヶ月のプログラムである。内科はあらゆる臨床医学の根幹を成すものであり、将来どの診療科に進むにしても、患者の全体像を把握して正しい診断・最適の治療方針の決定に至る内科的な思考過程を習得することは必須である。

特徴

当院の内科系診療科には、呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・神経内科・腎臓内科・糖尿病内分泌内科・血液内科・リウマチ膠原病内科があるが、その中でも特に疾患頻度の高い呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・神経内科を1.5ヶ月ずつの必修研修としている。

研修医は、レジデントもしくはスタッフ医師とともに主治医チームを構成し、5名前後の患者を受け持ちながら、入院診療にあたる。Problem listの作成方法と、優先順位を考慮したアセスメント法を学びながら、各疾患に対する診断および治療法に関して学んでもらう。さらに、医師としての基本であるカルテの記載方法、入院患者のマネージメント術、コメディカルおよび上級医とのチーム医療、紹介医への情報提供、地域医療連携室と連携して転院調整を行う方法なども、実際の担当患者を通して学んでもらう。

<教育行事について>

  • 症例検討会

    週1回(木曜日18:00〜20:00)内科全部門共通の症例検討会があり、討論者には研修医が指名される。

  • 雑誌抄読会

    前述の症例検討会の前に、研修医を含めた全スタッフ輪番制の抄読会が行われ、最新の知見についての知識を広める。

  • CPC

    月1回、CPC(院内全科対象であるが大部分が内科系患者)が開催され、研修医が討論者として指名される。

  • 部長回診

    各診療科で曜日は異なるが、週1回各部長による病棟回診があり、研修医は直接部長より指導を受ける。

到達目標

厚生労働省の指針により定められた経験目標のうち、内科に関連するA項目の全てを経験するべく、研修医自身と指導医が定期的に研修状況をチェックしながら研修を進める。

1年目はプライマリケアの研修に重点を置き、総合診療的に患者の全体像を捉える訓練をする。また、指導医・同僚医師・看護師などとの連携を密にすると共に、内科以外の合併症があった場合には、時機を失することなく専門医へコンサルトするなど患者中心のチーム医療を身に付ける。さらに、患者を取り巻く家庭環境や社会的状況を把握することにより、患者やその家族と良好な人間関係を結ぶことの重要性を学ぶ。

臨床医としての第一歩を踏み出すにあたり、患者と対等の人間として、患者から学ばせて頂くという謙虚な暖かい心遣いを持った医師を育成したい。

ページの先頭へ