公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

【初診外来受付時間】8:45~11:30(※紹介状や予約が必要な診療科をご確認ください)
【休診日】第2・4土曜、日曜、祝日、年末年始 【面会時間】感染対策のため原則面会禁止

リハビリテーション科研修プログラム

リハビリテーション科研修プログラム

プログラム指導者    大洞 佳代子

1. プログラムの目的と特徴

1) 基本理念

リハビリテーション学は障害に対し多面的アプローチ(臓器レベルでの機能改善、ADLの向上、住環境整備、社会適応援助など)により、健康寿命の延伸に重要な役割を果たす。リハビリテーション科研修では、急性期から生活期まで幅広い視点で患者さんの障害に対し診断・治療をおこなう事ができるよう研修をおこなう。

2) 一般的目標

上記の基本理念を念頭に置き以下の事を目的とする。

2. 指導体制

部長代行1名が指導にあたる。部長代行は日本リハビリテーション医学会専門医・指導医、研修医指導医、日本摂食嚥下リハビリテーション学会嚥下認定医の資格を有する。

3. 具体的な到達目標

1) 基本的診察法

現病歴、家族歴、社会背景、住宅環境
身体所見(筋力、巧緻性、高次脳機能、失語、嚥下機能等)

2) 習得すべき検査法
3) 治療手技の習得と治療法の理解

患者の障害に合わせた訓練内容および環境調整

4) ローテーションの間に習得すべき対象となる病態と疾患名

脳血管疾患、外傷疾患、運動器疾患・骨折、小児疾患、神経筋疾患、切断、内部疾患、がん、廃用症候群

4. 教育課程

1) 研修医が参加する週間予定・教育活動
その他:適宜訪問リハビリテーションの往診
10:30~11:30 回診
12:30~13:00 整形チームカンファレンス
16:00~18:00 HAL外来
12:00~13:00 口腔ケア・嚥下リハチームラウンド
12:30~13:00 中枢チームカンファレンス
16:00~18:00 HAL外来
8:45~9:30 訪問チームカンファレンス
13:30~16:00 NSTラウンド
16:00~18:00 HAL外来
9:00~10:00 嚥下造影検査
16:00~18:00 HAL外来
2) 研修医が参加して有益と思われる活動

日本リハビリテーション医学会等の学会参加・発表

5. 評価方法

部長代行、療法士により、EPOCシステムの評価項目などに従って評価する。

6. 研修の特色

当院リハビリテーション科では、

  1. 急性期病院におけるリハビリテーション
  2. 生活期における訪問リハビリテーション
  3. ロボットスーツHALによる神経難病に対するリハビリテーション
  4. と多岐にわたる患者を対象としている。

    リハビリテーション科専門医として必要な知識・経験を習得することが出来るプログラムとなっている。