公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

【初診外来受付時間】8:45~11:30(※来院前に必ず診療科別受付状況をご確認ください)
【休診日】第2・第4土曜、日曜、祝日、年末年始 【面会時間】13:00~20:00

脳神経外科研修プログラム

脳神経外科研修プログラム

プログラム指導者  岩崎孝一

1. 基本概念

神経外科は、中枢神経系と末梢神経系の両者の疾病を外科的に治療する診療科であり、主な対象疾患は脳血管障害・脳腫瘍・機能的疾患・脊椎疾患・水頭症・頭部外傷など多岐におよぶ。神経系の疾患は診断や対応の遅れが重篤な障害につながる場合があり、迅速かつ正確な診断と対応が要求される。また、脳神経外科の手術には細心の注意と精緻な技術が必要となる。これらを身につけるには、上級医師の指導を受けながら、患者を丁寧に診察し、診断・治療する研修システムが重要肝要である。北野病院・脳神経外科における研修では、脳・神経疾患の外科的診療を実地研修することによって、その病態理解と治療の要点を理解することを目的としている。

2.プログラムの目的

様々な脳・神経疾患症例の診断から治療に至る診療の流れを理解するとともに、必要な知識、技術、態度を身につける。また検査、手術や術後管理を学ぶ。これらをカンファレンスにおいて発表し病態理解を深める。

3.脳神経外科研修の到達目標

<1>一般目標
脳神経外科の診療に必要な知識を修得する。
外科的治療の実際を経験するとともに、術後管理の重要性と方法を修得する。
また基本的外科的手技を修得する。

<2>行動目標
A) 上級医師とともに患者の診察・検査・診断・手術・術後管理などを担当し基本的な診療過程を学ぶ
B) 神経画像検査の方法と検査手技を学ぶとともに、開頭術や穿頭術、脊椎・脊髄手術、神経内視鏡下手術、機能脳外科手術などの助手をつとめ、手術の基本を理解する
C) カンファレンスへの参加によって、病態理解に基づき診断から治療方針決定に至る過程を理解する
D) 緊急症例に対しても、上級医師とともに診療に参加し、緊急診療を経験する

<3>経験目標
A) 経験すべき診察法・検査・手技
1)神経学的検査法の理解と手技
2)病巣部位診断と病態生理の理解
3)基本的な神経眼科・耳科的検査の理解と手技
4)基本的な認知症検査の理解と手技
5)内分泌機能検査所見の理解
6)頭部単純レントゲン写真、CT、MRI、脳血管造影、ミエログラフィー、SPECT、頸動脈エコーなどの検査の解釈
7)脳波ほか神経生理学的検査の理解
8)腰椎穿刺の手技と髄液検査の理解

B)経験すべき症状・病態・疾患
1)頭痛の診断と治療
2)頭蓋内圧亢進の診断と治療
3)痙攣発作の診断と治療
4)髄膜炎の診断と治療
5)意識障害の鑑別と治療
6)脳腫瘍の診断と治療
7)脳血管障害の診断と治療
8)頭部外傷の診断と治療
9)脊椎・脊髄疾患の診断と治療
10)機能的疾患の診断と治療

C)経験すべき手術目標(手術助手として)
1)慢性硬膜下血腫
2)腰椎および脳室穿刺および髄液ドレナージ
3)髄液シャント術
4)開頭、閉頭術 (天幕上・天幕下)
5)頭蓋骨形成術
6)脳腫瘍手術
7)脳動脈瘤手術
8)脊椎・脊髄手術
9)神経内視鏡下手術
10)機能的脳外科手術

4.研修指導体制

指導は日本脳神経外科学会認定専門医の資格を有するスタッフおよび上級レジデントが担当する。研修医は受け持ち患者の症例レポートを作成する。部長は研修医と定期的に面談し、到達度や問題点について話し合う。

5.週間スケジュール

A) 部長回診、患者紹介、フィルムカンファレンス:毎週2回、入院患者手および術予定患者のカンファレンスを行っている。入院患者の紹介と手術計画、術後経過をまとめて行うものであり、短時間に必要な情報を正確に提示する能力を修得するとともに、治療方針決定の過程を理解する。
B) 論文抄読会・手術ビデオ検討会:毎週1回、英文論文の抄読会と手術ビデオカンファレンスを行っている。論文抄読により最新の知識を学ぶと共に手術の要点を学習する。
C) 合同カンファレンス:毎週1回、神経内科と脳卒中に関する合同カンファレンスを行っており、脳卒中治療方針についての総合的な判断を学習する。
D) 院外活動:院外にも定期的に症例検討会があり、これらにも積極的に参加することにより多くの知識を習得する。
E) 手術日:月、水、金
F) 外来:毎日火・水・木曜日は3診、他は2診、土曜日は1診) (休診日を除く)
G) 当直:脳神経外科は単科で毎日当直を行っており、脳卒中をはじめとする救急医療にも対応している。

脳神経外科 研修用週間プログラム


午前 午後
月曜日 手術 手術
火曜日 9:00〜脳血管撮影、外来 脳血管内治療
PM4:00~部長回診
水曜日 AM8:00 脳卒中カンファレンス
手術
手術
木曜日 AM9:00~脳血管撮影 PM4:00 抄読会・手術ビデオ検討会
金曜日 AM7:45症例検討・術前検討
手術
手術
土曜日

6.脳神経外科研修の到達度評価

到達度に関する評価は、研修期間中に指導にあたった指導医の意見を参考に脳神経外科部長により行われる。評価項目として、1)研修医による自己評価、2)受け持ち症例のレポート、担当指導医および部長との面談の中で、脳神経外科学的知識や診療への取り組む姿勢およびパラメデイカルスタッフとの協調性などを含めた総合的な評価を受ける。

7.当診療科における研修の特徴

当科では厳格な手術適応の決定のもとに、年間約500例の手術を行っている。また、血管内治療や定位放射線療法も行っており、幅広い選択枝の中からどの治療が最も適しているかを個々の患者について学習することが可能である。また、脳腫瘍や三叉神経痛や顔面痙攣に対する手術治療例も多く、またパーキンソン病や本態性振戦に対する脳深部刺激療法の症例も多い。脳神経外科の実際を幅広く修得可能である。さらに、単科当直を行っており病棟の患者はもとより脳卒中急性期患者の治療も経験することが可能である。