教育

文字の大きさ
標準
拡大

救急症例検討会

初期研修医が主体となって運営し、救急での対応が難しかった症例、診断に難渋した症例(診断までに長時間を要した)、診断を誤った症例、入院の判断に戸惑った症例、あるいは患者、関係者への対応に悩んだ症例などを取り上げ、最後に各入院科の若手医師や指導医がフィードバックを行います。
また、年4回、京都大学医学部附属病院 初期診療・救急科の柚木知之先生を講師に迎え、京大病院研修医と合同での救急症例検討会も開催しています。

【開催頻度】 原則毎週水曜日12:00~12:40
【形  式】 ランチョン・カンファレンス形式
【対  象】 初期研修医

ページの先頭へ