公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院

【初診外来受付時間】8:45~11:30(※紹介状や予約が必要な診療科をご確認ください)
【休診日】第2・第4土曜、日曜、祝日、年末年始 【面会時間】感染対策のため原則面会禁止

高精度放射線治療システム(リニアック)

高精度放射線治療システム(リニアック)

*2021年春以降導入予定

強度変調放射線治療(IMRT)・画像誘導放射線治療(IGRT)

この度導入するリニアックは、がん病巣に集中して放射線を照射し正常な組織への線量を低減することによって患者さんにやさしい高精度放射線治療の実施が可能です。
本機器は、強度変調放射線治療(Intensity Modulated Radiation Therapy :IMRT)、回転型強度変調放射線治療(Volumetric Modulated Arc Therapy: VMAT )、画像誘導放射線治療(Image-guided radiotherapy : IGRT)、などの高精度放射線治療に対応しています。また、従来の機器より高い線量率での照射が可能で短時間の放射線治療が可能です。

光学式患者ポジショニングシステム

高解像度カメラを使用して患者さんの皮膚表面をスキャンし、三次元的に1mm以下の精度で位置合わせを行うことが可能です。

位置確認のためにX線を使用しないため、被曝なしで患者セットアップができ、本機器と組み合わせることで被曝なしで照射中の患者さんの動きをモニタリングし、患者さんの動きが許容範囲を超えると自動で照射休止、許容範囲内に戻ると照射再開することが可能になります。
皮膚のマークを減らしたり被曝を低減したり患者さんに優しい治療が可能です。

動体追跡システム

動体追跡システムと画像誘導放射線治療(IGRT)を支援するシステムを搭載しています。

動体追跡システム機能としては、病巣近傍にあらかじめ金属マーカーを留置し、そのマーカーをX線透視でリアルタイムに確認することにより病巣の位置を特定、金属マーカーが特定の位置にきたときのみ照射する動態追跡迎撃照射を可能にします。
呼吸性移動のあるがん(肺がんや肝臓がんなど)の治療に使用します。

画像誘導放射線治療(IGRT)機能としては、従来の皮膚マークによる位置合わせから、X線透視やCT画像を用いて患者セットアップを行い、高精度な放射線治療をサポートします。