文字の大きさ
標準
拡大

消化器外科
地域の先生方へ

ガイドラインで提唱されている標準的治療を原則としておりますが、医学研究所である当院の特色を最大限活かした最新の外科的治療の提供も心がけております。外科部門は、上部消化管/下部消化管/肝胆膵の各臓器別に、専門的知識と経験を有する上級医と若手医師の複数で担当する制度をとっておりますが、診断・治療・周術期管理を含め、常に外科内でもディスカッションをおこなっております。高難易度手術から低侵襲の腹腔鏡手術まで対応しております。

当院でおこなっている特徴的な手術は以下の通りです。

  • 肝切除(血管合併切除や肝膵同時切除も含みます)
  • 膵切除(血管合併切除も含みます)
  • 腹腔鏡手術(胃・大腸・肝・膵・ヘルニア、など)
  • 直腸癌の肛門機能温存手術
  • ヘルニア(クーゲル法)

切除困難な肝胆膵領域の悪性腫瘍や胃癌・大腸癌などの消化管悪性腫瘍に対しても、可能な限り外科的切除の可能性を追求しております。新規抗癌剤や分子標的治療薬による近年の化学療法の治療成績向上に伴い、化学療法と外科的手術を組み合わせることが重要となってまいりました。当科では術前化学療法を駆使し、切除不能な悪性腫瘍を切除した症例も数多くあります。腫瘍内科が新しく開設されたことを受け、困難症例に関しては科の枠を超えた集学的観点から患者様ごとに治療方針を検討しております。今後も切除率を上げ、長期生存へ結びつける努力を続けてまいります。

ページの先頭へ