文字の大きさ
標準
拡大

消化器センター

教育はこちら

消化器センターのご案内

担当する領域は、食道・胃・腸・肝臓・膵臓などの幅広い臓器の疾患で、各臓器・各疾患の診断から治療、その後の療養指導に、内科・外科・放射線科が一丸となって質の高い医療を提供すべく努力しています。消化器疾患の診断・治療法の進歩は目覚しく、個々の患者さんに最適な方法を確実に選択することが、以前にもまして重要となっています。治療に限っても、まず手術なのか、薬の治療なのか。手術が妥当としても、内視鏡的な切除か、腹腔鏡下の手術か、開腹手術かといった問題に、適切な判断に基づいた提案が求められています。当センターには、高度な専門性を持った医師が揃っており、これまで以上にセンター内での連携を緊密にすることで、スタッフの技術が最大限発揮できる体制づくりに努めています。

ページの先頭へ