母児同室と母乳育児

当院では赤ちゃんの健康のために、できるだけ長く母乳育児を続けることをお勧めしております。産まれて間もない赤ちゃんにとって、母乳は最適な栄養です。特に初乳といわれる分娩後早期に分泌される母乳を赤ちゃんに与えることは、免疫を獲得していく上で重要と言われています。また、分娩後できるだけ早期に母乳育児を開始することで、長く続けられるというデータがあります。当院では母児の状況に合わせて母乳育児を継続できる支援(混合栄養も含む)を行っております。
また、赤ちゃんはお母さんと一緒に過ごすことで、安心して好きなときに母乳を飲むことができます。退院後の生活を見据えた育児に慣れるためにも、早期からの母児同室をお勧めしています。
退院後も母乳相談室にて母乳育児の相談をお受けしています。

ページの先頭へ