文字の大きさ
標準
拡大

感染症科

予防接種のご案内

感染症マネジメントは、今や医療施設におけるトップリスクマネジメントです。当院感染症科では、感染症一般の診療や診断・治療に難渋する感染症に対して、各診療科と連携を図りながら感染症診療への積極的な支援を行っています。また、感染症診療に精通した各診療科の医師とともに、感染症や感染制御に関するさまざまな資格を有する看護師、薬剤師、臨床検査技師による感染制御チーム(ICT)で定期的にラウンドを行い、抗菌薬の適正使用、院内感染対策への助言・指導とともに、地域の医療施設における感染症診療・感染症対策にも協力支援を行っています。さらに、患者様から得られた医学情報を活かし、いかに感染症を診断、治療し、予防するかについて血液・血清学、微生物学、疫学の分野で研究を推進しています。

特色(主な治療・医療機器・先駆的な取組み 等)

院内発症の感染症の制御

当院には様々な原因疾患に対する治療目的で外来を受診されたり、入院されている患者様がおられます。中には、手術、化学療法、放射線治療を行っていく中で、患者様の免疫状態により、普段かからないような日和見感染症や治療の一環で挿入される体内デバイスに起因した感染症を発症することがあります。感染症科では、外来・入院患者が安全に診療を受けられるよう、院内の感染防止策を講じています。

対象とする感染症

感染症は特定臓器の疾患に限らないため、診療科横断的な診療を心がけています。脳膿瘍・髄膜炎などの中枢神経系感染症、中心静脈カテーテル関連血流感染症や感染性心内膜炎などを含む菌血症、肺炎・膿胸などの呼吸器感染症、腸管感染症、肝膿瘍・胆管炎などの肝・胆道系感染症、尿路感染症、皮膚・軟部組織・骨関節感染症、ウイルス感染症全般、不明熱など、院内における様々な感染症の診断・治療・予防に関する総合的なマネジメント業務を行っています。

感染症コンサルテーション

院内の様々な感染症に対して院内コンサルテーションを実施しています。抗菌薬の選択や感染対策に関する電話相談に加え、入院・外来を問わず患者様の状態や検査データなどから、感染症の診断・治療、予防策に関する助言を行っています。

業務実績(治療実績・学会/著作/研究活動 等)

ページの先頭へ