文字の大きさ
標準
拡大

放射線科

お知らせ

バックナンバー

  • 現在、最新のお知らせはございません。
    これまでのお知らせはバックナンバーをご覧ください。

休診情報

  • 休診に関するお知らせはありません。
教育はこちら

放射線科に、どのようなイメージをお持ちでしょうか。直接、患者様に接する機会があまりないため、何をしている診療科か、よくわからない方もいらっしゃるかもしれません。放射線科では、「放射線診断」と「放射線治療」という2つの重要な柱があり、放射線専門医・放射線検査技師・看護師の連携のもと、さまざまな機器を用いて、最適な放射線診断と放射線治療を行っています。

放射線診断部門

身体の中の状態を調べることができる画像診断は、現在、不可欠となり、放射線診断部門が担っています。各診療科の医師から依頼を受けて、必要とされる部位の画像を撮影し、放射線診断の専門家の眼で解析・診断(読影)した結果を、依頼した医師にレポートとして届けています。そのレポートは、各診療科の医師の所見とともに診療に活かされています。
放射線科は、「画像における病院全体のコンサルタント」という役割を担っており、ほぼ毎日、他の診療科医師と合同で症例検討会を開催して、さまざまなコンサルテーションを行っています。
北野病院で行っている画像診断は、以下の通りです。

  • 一般撮影検査
  • X線CT撮影検査
  • MRI撮影検査
  • シンチグラフィー検査
  • 放射線同位塩素検査
  • 透視検査
  • マンモグラフィ撮影検査
  • 血管造影(心臓と頭部以外)検査

放射線治療部門

現在のがん治療は、外科治療(手術による腫瘍の摘出)・化学療法(抗がん剤を点滴する治療)・放射線治療を組み合わせることが標準となっています。放射線治療とは、臓器を守りながら「がん細胞」に放射線を照射し、縮小させる治療法のことで、乳がん、子宮がん、頭頸部がん、咽頭がん、食道がん、脳腫瘍 等に用いられています。
早期の肺がんや肝がんへの定位照射(ピンポイント照射)、進行がんへの抗がん剤併用療法、転移を緩和させる療法等、さまざまな治療方法がありますが、各診療科医師と協同してその時に最適な放射線治療を行うようにしております。

特色(主な治療・医療機器・先駆的な取組み 等)

放射線科関連の検査機器の進歩は年々目覚しく、当院では、可能なかぎり最新機器を揃えるようにしています。 撮影画像はすべてデジタル化され、コンピューターでの管理・診断・データ配布が可能となっています。
その結果、ごく一部を除いてフィルムレス運用が実現し、各診療科の医師も速やかにデータ閲覧ができるようになりました。

業務実績(治療実績・学会/著作/研究活動 等)

ページの先頭へ