文字の大きさ
標準
拡大

病理診断科

教育はこちら

病理診断とは何か

患者さんが病院に来院されると、適切な治療のために適切な診断が必要となります。
「病理診断」は最終診断として大きな役割を果たします。
患者さんの体より採取された病変の組織や細胞から顕微鏡用のガラス標本がつくられます。この標本を顕微鏡で観察して診断するのが病理診断です。そして、この病理診断を行う医師が病理医です。

病理診断には以下のようなものがあります。

  • 細胞診断
  • 生検組織診断
  • 手術で摘出された臓器・組織の診断
  • 手術中の迅速診断
  • 病理解剖

病理診断は主治医に報告され、治療に生かされます。病院に病理医がいることは、より質の高い医療の提供につながります。

細胞診断

細胞診は、ガラスに擦り付けた細胞をある特殊な染色によって色づけし、それを顕微鏡でみてがん細胞の有無を診断する検査です。細胞診の検査の対象となる材料は様々です。

肺がんや膀胱がんでは、痰や尿のなかにがん細胞が混じることがあります。痰や尿の標本を顕微鏡で調べてがん細胞が出ているかどうかを判断します。子宮がん検診では、子宮頸部から細胞をこすりとって調べます。
頚部や乳房などにしこりがあると、細い針を刺して吸引し、とれた細胞の中にがん細胞が出ているかどうかを調べます。

生検組織診断

治療方針を決めるために、胃・大腸や肺の内視鏡検査を行った際に病変の一部を摘み取ったり、皮膚などにできものができたときにその一部をメスなどで切りとり、病変の一部の組織を標本にします。
この検査を「生検」といい、その診断を生検診断とよびます。

手術で摘出された臓器・組織の診断

摘出された臓器・組織は、病理医が肉眼で病変の部位、大きさ、性状、広がりを確認し、診断に必要な部分を切り出し(標本作成過程-1①②)、その臓器・組織の顕微鏡標本をつくります。(標本作成過程-1・2)
病理医が標本を顕微鏡で観察し、どのような病変がどのくらい進行しているか、手術でとりきれたのか、追加治療が必要かどうか、がんの場合、タチの悪さや転移の有無など治療方針の決定に役立つ情報を主治医に提供します。

標本作成過程-1:パラフィンブロックの作成

1.写真をとります。
パラフィンブロックの作成
プッシュプル局所排気装置付臓器撮影台
2.病変を入れ物の大きさに切ります。
パラフィンブロックの作成
局所排気装置付切り出し台
パラフィンブロックの作成
局所排気装置付切り出し台

3.機械にセットし一晩かけて、薄く切りやすい状態にします。
パラフィンブロックの作成 パラフィンブロックの作成
4.まわりをパラフィン(ロウ)で埋めます。
パラフィンブロックの作成
5.パラフィンブロックの完成です。
パラフィンブロックの作成

標本作成過程-2:薄切と染色による標本作成

1. 3〜5/1000mmの薄さに切ります。
ミクロトーム(薄切器)
ミクロトーム(薄切器)
2.自動染色機を使って染色します。
自動染色装置
自動染色装置
3.薄いガラスをかけて出来上がりです。
自動封入装置
自動封入装置
パラフィンブロック → 薄切・染色標本
パラフィンブロック → 薄切・染色標本

標本作成過程-3:特殊染色標本の追加

自動免疫染色装置
自動免疫染色装置

必要な場合は、特殊染色により、種々の病原体・構造物・物質などを証明します。また、特異性の高い抗体を用いた免疫染色で、ホルモン・細胞機能・ウイルスなどの証明を行っています。

作業効率アップと診断速度の向上を目指し、2002年末より自動免疫染色装置を導入しております。

手術中の迅速診断

胃や大腸など内視鏡で到達できる部位、皮膚や乳房など針を刺したり切開を加えることで病変に到達できる部位では手術前に生検を行って病理診断をします。
しかし、病変が体の深い部分にあるために生検が難しく、手術前に病理診断がついていない場合、「術中迅速診断」を行います。
術中迅速診断では、手術中に採取された病変から標本を作成し10〜15分程度で病理診断が行われます。診断結果は執刀医に連絡され、手術方針が決定されます。
病変が取りきれたかどうかの確認のため、手術によって取り出された臓器・組織の断端を調べたり、がんの転移が疑われる部分を調べて手術で切除する範囲を決めたりする場合にも、術中迅速診断は役立っています。

クリオスタット(凍結薄切装置) クリオスタット(凍結薄切装置)
クリオスタット(凍結薄切装置)

手術中に取り出された検体

-40℃に瞬時に凍結し薄くきる

ガラスに貼り付け、染色を施す

薄いガラスをのせて標本完成

病理解剖

ご遺族の承諾をもとに、病死された患者様のご遺体を解剖させていただくのが「病理解剖」で、剖検ともよばれています。
生前の診断が正しかったのか、どのくらい病気が進行していたのか、適切な治療がなされていたのか、治療の効果はどのくらいあったのか、死因は何か、といったことを検討します。

病理解剖では、外からわかりにくいように切開し、診断に必要な臓器をとりだします。
ご遺体は解剖後に清拭されてご遺族のもとにもどされます。病理解剖の肉眼所見は、解剖を行った病理医から主治医へと報告され、ご遺族に説明されます。
なお、顕微鏡所見を含めた最終診断にはもう少し時間が必要です。

検体保存の意義とプライバシ-の保護

医療従事者は、質の高い医療の提供を第一の目的として、努力を重ねています。 病理診断を行ったあと残った組織や細胞は病院の規定に従って一定期間保存され、その後、礼をもって荼毘に付されます。
これらの検体が医学研究・教育・診断の精度管理に用いられる場合もあります。

この場合、個人の特定ができないよう、プライバシ-の保護には細心の注意を払って行います。

過去5年間の業務実績(2010〜2014年)

  細胞診断 組織診断 術中迅速診断 病理解剖
2010年 13579 9635 666 18
2011年 13904 9928 505 11
2012年 14366 10169 486 19
2013年 14496 9987 428 10
2014年 14589 10136 447 19

業務実績(治療実績・学会/著作/研究活動 等)

  • 平成28年度年報
  • (※)2012年9月より、科名が「臨床病理部」から「病理診断科」に変更となりました。

ページの先頭へ