文字の大きさ
標準
拡大

男女共同参画委員会のあゆみ

2006年

  • 女性医師支援委員会として設立
    (構成員:医師、看護部長、人事課担当者)
  • 「働きやすい病院(ホスピレート)」評価認定取得

2007年

  • 男女共同参画委員会へ改称
  • 院内における病児・病後児保育の開始
  • 女性医師復帰プログラムの策定
  • 医師の働きやすさ評価アンケート実施(以後、毎年1回実施)

2008年

  • キャリア相談窓口の設置

2009年

  • ベビーシッター育児支援事業割引券利用可能に

2010年

  • 短時間正職員制度導入に向けた要望書の提出
  • 医師のワークライフバランスとキャリアプラン
    「働きやすい病院」をめざす新春のつどい 開催

2011年

  • 短時間正職員制度の開始

2012年

  • 働きやすさ評価アンケート(職員調査)を医師職のみから全職員を対象に広げました。
    (CoMedix「委員会・WG」→「男女共同参画委員会」→「勤務調査報告」参照)
    医師職、看護職、コメディカル職、事務職の4部門に分けて行われます。(以後、毎年一回実施)

2014年

  • 病児保育の拡張・・2名から6名へ増員、全職種の児童へ対象が広がりました
  • 夜間保育の開始(毎週水曜日)

ページの先頭へ