採用

文字の大きさ
標準
拡大

医師

2017年度 消化器外科専攻医(後期研修医)二次募集

本年8月1日付で日本外科学会より、「※外科専門医制度に関する重要なお知らせ」が公表されました。
これにより、来年度については従来制度が継続されることが正式に決まりました。
当院では、下記の募集要項にて、北野病院消化器外科の専攻医(後期研修医)の募集を開始致します。

つきましては、当院の消化器外科での後期研修を希望される方は、募集期間中に必ず一度、各科の施設見学にお越し下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

※1) http://www.jssoc.or.jp/procedure/specialist-new/info20160801.html

平成28年8月5日
公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院
消化器センター長 兼外科主任部長 寺嶋 宏明

2017年度(平成29年度) 消化器外科専攻医の養成方針

  1. 3年間で外科専門医が取得できるように、様々な症例を経験してもらいます。他科や他院での研修も可能です。
  2. 全ての入院患者さんは、必ず上級医との複数担当医制で受け持ってもらいます。
  3. 消化器外科手術については、経験年数と手技深達度に応じたステップアップ方式で、執刀経験を積んで頂きます(”完全主治医執刀制”というわけではありません)。
  4. 外来枠を週1回担当して頂きます。
  5. 学会/研究会発表の機会は年間最大10回程度あり、英文/和文とも論文執筆のテーマを多数提案します。
  6. 各種セミナー参加や他院での手術見学など、学術的な取り組みも積極的に勧めています。
  7. 当院は医学研究所であり、臨床研究や基礎研究に携わることも可能です。
  8. 当院は京都大学外科教室関連病院の基幹施設の一つであり、大学のみならず他の関連施設との学術的交流も盛んに行っています。

プログラム概要 ~北野病院 消化器センター外科プログラム~

消化器外科臨床医の養成を目的として、初期臨床研修終了後から3年間で外科全般にわたる幅広い臨床経験を獲得する臨床研修プログラムです。

日本外科学会が認定する「外科専門医」を取得するための修練カリキュラムに準じた形式を取っているため消化器外科以外の外科領域、すなわち乳腺外科/小児外科/内分泌外科/心臓血管外科/呼吸器外科/救急医療・外傷外科での修練も可能です。

プログラムの特徴 ~研修内容~

1年次、2年次、3年次と年次ごとに修練内容に段階を設け、motivation維持とskill アップが可能なように工夫しています。

  1. 1年次:原則的に消化器外科(消化器癌が主体)を中心とした研修となる。指導医によるマン・ツー・マン体制の下、周術期管理を中心とした主治医としての病棟業務を担当します。いろいろな手術の助手を経験して消化器外科の基本的手技を習得するとともに、ヘルニア/虫垂炎/肛門疾患/人工肛門造設/胆嚢摘出術(開腹・腹腔鏡下)などの手術の執刀も行います。臨床研究としては、近畿外科学会などの地方会での症例報告を1~2回経験します。
  2. 2年次:日本外科学会専門医試験受験資格取得のため、消化器外科以外の外科領域での短期の修練期間を設ける(他施設での研修も可能)。消化器外科領域では胃切除/小腸・大腸切除/胆嚢摘出術(開腹・腹腔鏡下)などの術者を経験します。
    また、症例報告を中心とした論文作成ならびに主要邦文雑誌への投稿や全国学会での発表も行います。
  3. 3年次:食道癌、高度進行胃癌/大腸癌、肝胆膵悪性疾患などの主治医となり周術期管理を学びます。この期間に、消化器外科領域における一定レベルの手術に対して適切に対応できる能力を身につけ、基本的手術を指導医の指導の下で執刀します。
    また、胃全摘/ラパコロン/肝切除(外側区域切除や部分切除)/膵体尾部切除/脾摘などの中難度レベルの手術の執刀を目標とします。臨床研究としては、日本外科学会/日本消化器外科学会/日本肝胆膵外科学会/日本臨床外科学会などの主要全国学会において、北野病院外科データベースを基にした臨床統計的内容の発表を行います。
    また、国際学会での発表の機会を与えることもあります。
    なお、後期研修終了後の進路(外科スタッフとしての残留、他の京大関係病院への異動、国立がんセンターなど癌治療専門施設への国内留学、など)につき、希望に応えられるよう配慮します。

当プログラム責任者からのコメント 消化器センター外科主任部長 寺嶋 宏明

医学研究所が設立母体である当院は、科学的根拠に基づいた、患者様に最適かつ最良の治療方法を見つけ出し、治療にあたることを理念とし医療を行っています。各種学会/研究会が提唱する診療ガイドラインに準じた標準治療を原則としていますが、各臓器ごとに専門性を持たせ、specialistの指導の下に高難易度肝胆膵手術や腹腔鏡手術も積極的に取り入れ、幅広い治療選択枝を有しています。平成18年に発足した消化器センターは現在外科・内科・炎症性疾患センターの3部門が有機的に連携する形態を取っており、すべての疾患について外科-内科-放射線科の綿密なdiscussionを経て、診断及び治療方針を決定しています。学会発表や論文執筆などの臨床研究の機会も豊富であり、質・量ともに満足のいく後期外科研修を経験できるものと、自信を持ってお薦めします。是非一緒に働きましょう、待っています!

週間スケジュール

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
外科カンファ(抄読会、術後カンファ)
午前 外来・手術 外来 外来・手術 外来 外来・手術 外来・検査
午後 手術 外来、術前カンファレンス 手術 外来
部長回診
手術
夕方 消化器センターカンファレンス

業務実績(治療実績・学会/著作/研究活動 等)

平成27年度年報PDF

募集要項

採用条件・方法 職  種 医師(消化器外科専攻医) 2017年3月初期臨床研修修了見込者もしくは修了者
人  数 1~2名
選考方法 面接 (※募集期間中に、必ず一度、施設見学にお越し下さい)
但し、応募者多数の場合は、筆記試験を実施する場合があります。
募集期間

平成28年9月12日(月)〜平成28年11月30日(水) ※11月30日(水)消印有効

【施設見学申し込み】

下記担当者まで「氏名」「所属」「卒年」「見学希望日程」をご連絡下さい。

●庶務課 医師卒後教育センター 五十嵐宛 yigarashi@kitano-hp.or.jp

選考日程

※応募いただき次第、個別に日程調整を行います。

●庶務課 医師卒後教育センター 五十嵐宛 yigarashi@kitano-hp.or.jp

選考会場 当院5Fきたのホール
結果通知 ※随時、書面にて通知致します。
採用日 平成29年4月1日付
応募方法 応募書類
  1. 顔写真(縦4cm×横3cm)1枚(※裏面に氏名記載)
  2. 医師免許証の写し
  3. 臨床研修修了見込証明書もしくは臨床研修修了修了証写し
  4. 保険医登録票の写し
応募方法
  1. 上記提出書類を下記提出先宛まで郵送下さい。
  2. 下記URLからもエントリー下さい。
  3. ご登録いただいたメールアドレスにID/PW/URLが届きますので、ログイン下さい。
  4. 採用専用サイトにログイン後、学歴情報・職歴情報・自己PR(500字以内)を必ず入力下さい。
  5. 採用専用サイトにて選考試験の予約も合わせてお願いします。
提出先 〒530-8480 大阪市北区扇町2丁目4番20号

公益財団法人 田附興風会 医学研究所 北野病院
庶務課 医師卒後教育センター 五十嵐宛
yigarashi@kitano-hp.or.jp

エントリー こちらからエントリー下さい
URL: https://job.axol.jp/17/c/kitano-hp/entry/jobsimple/one/124
雇用条件 当院給与 卒後3年次(月例給与: 356,200円)
卒後4年次(月例給与: 377,500円)
卒後5年次(月例給与: 398,700円)
※当直手当、超過勤務手当、通勤手当は、本院規定により別途支給します。
賞与 卒後3年次:500,000円 卒後4年次:600,000円 卒後5年次:700,000円
出張費補助 80,000円/年
雇用契約 1年更新
勤務時間 (平日)8:45~16:53 (土曜)8:45~14:45
日当直勤務 あり
休日 日曜・祝日・月2回土曜日・年末年始(6日)・開院記念日(1日)
休暇 連続休暇(6日)・有給休暇(初年度10日・次年度以降 年20日)
保険 健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険
その他 財産形成貯蓄制度・生命保険団体取扱・院内保育所完備・診療費補助制度
宿舎施設 なし(但し、当院提携の不動産会社を通じて、ご希望に沿った物件を斡旋致します)

ページの先頭へ